Flower Cage|カリーナの宝塚依存症ブログ

カリーナによる宝塚偏愛ブログ。個人的な感想や考察を綴っていきます。ちょっと辛口気味。

タグ:95期

真鳳つぐみ

こんにちは、カリーナです。

あまりブログでは名前を出したことがないんですが、真鳳つぐみさんも好きなんです♡
柚香光さん&水美舞斗さんと同期の娘役さんです。

美人だし、スタイルもいいので、「これからもっと活躍してほしい!」と思っています。

でも、真鳳つぐみさんには課題があります。
演技力と歌唱力がもう少しあれば、個人的に大満足なんですけど…!




舞台映え最高!美人でスタイル抜群な真鳳つぐみ

真鳳つぐみさんは、花組でただ1人の95期の娘役さんです。

鳳月杏さんのDSでの話を聞く限りでは、性格もいいみたいです。
(謎のこだわり?があるのも可愛い)


顔立ちがハッキリしていて、舞台化粧がとてもよく映えます。
また、ウエストの位置が高めで脚が長く、スレンダーなので、スタイルも抜群!
『EXCITER!!2018』でのミニスカ姿がすごいことになってます。

スカステの番組『わんにゃんパラダイス』では、聖乃あすかさんと一緒に登場していたのですが、素化粧でもとっても美人さん♡
ペットのトイプードルではなく、真鳳つぐみさんの顔にばかり目が行ってました(ごめんねトイプーちゃん…)

娘役が大量に抜けた現在の花組では、大変貴重な“お姉さん系の役も出来る娘役”さんです。
これまでは役付きが悪かったように思いますが、これからはもう少し出番が増えるのではないかと期待しています。




真鳳つぐみの最大の課題は「演技力」

そんな真鳳つぐみさんですが、私が一番の課題だと思っているのが、「演技力」です。
演技は好き嫌いが分かれるので、「真鳳つぐみさんの演技が好き」という人もいると思います。

でも私は、真鳳つぐみさんの演技の棒読み感がとても気になっています。

『メランコリック・ジゴロ』では、目立つ役をやっていたので、実力の粗がとても目立っていました。


・歌唱力がそこまでない
・台詞が棒読み or 過剰演技


真鳳つぐみさんの今までの役付きがイマイチだったのは、これらが理由だったのでしょうか?
それは分かりませんが、「せっかく美人なのにもったいない!」という感想しかありませんでした。。。

真鳳つぐみの今後の活躍に期待

とは言いましても、『A Fairy Tale -青い薔薇の精-』の義理の母親役の時は、棒演技がそこまで気にならなくなっていました。
役によって、得意・不得意があるのでしょうか?

『マスカレード・ホテル』は観ていないのですが、ビジュアル的にはとても綺麗に決まっていそうなので、演技がどんな感じだったか気になります。
Twitterでは、真鳳つぐみさんの演技についての感想を見つけられなかったので、どうにかして1回は観てみたいなとは思っているのですが……!

もし『マスカレード・ホテル』をご覧になった方がいたら、この記事でもTwitterのほうでもいいので、感想を聞かせてもらえると嬉しいです



↓宝塚の人気ブログランキングに飛びます。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

tora20001




瀬央ゆりあ

こんにちは、カリーナです。

最近すっかり瀬央ゆりあさんがお気に入りになってしまい、ちょっと遅いですが25ans(ヴァンサンカン)2019年1月号を買ってまいりました。

ズッコケ系エピソードが多めの瀬央ゆりあさん。そして、笑顔が似合う瀬央ゆりあさん。
しかしヴァンサンカンの瀬央ゆりあは……セクシー&クールにキメた、最高にカッコイイ男役でした。

また、95期の仲の良さがうかがえるインタビューも、とても興味深く、貴重な内容でしたよ!




25ans(ヴァンサンカン)の瀬央ゆりあはセクシー&クール♡

ヴァンサンカンに登場した瀬央ゆりあさんは、普段の屈託のない笑顔を封印し、セクシー&クールモード。
少し挑発的な笑みさえ浮かべていて、「これが瀬央ゆりあ…?」と思ってしまうほどのキメっぷりです。

写真の背景は濃いグレーで、衣装はモノトーン。
派手さは一切ない写真なのですが、本人の顔立ちがド派手なので、とても印象的な写真に仕上がっています。

ファーストフォトブックの表紙も「なんてセクシーなの♡」と思ったんですが、ヴァンサンカンの写真は“静かな色気”という感じで、見ていてウットリします。

「赤鬼赤太郎」を演じた人と同一人物だなんて、信じられない!(笑)


インタビューで95期について語る

瀬央ゆりあさんのインタビューも載っているのですが、そこで95期に関するエピソードが出ていました。
おそらく、他のジェンヌさんが今までに語ったことはないであろうエピソードです。

だって瀬央さん本人が、95期のエピソードについて語ったあと、こう言っていますもの。

「(中略)初めて聞きましたか? たぶん、みんな言わないと思います。(中略)でも95期がすごいと言っていただけるとしたら、これがその秘密かもしれません」
引用元:25ans(ヴァンサンカン)2019年1月号 p328

95期のエピソードというのがどんな内容だったのかは、ここには書けません!
詳しくは、ヴァンサンカン1月号をお読みください。

瀬央ゆりあファンは見なきゃ損!

当然ながら写真はここに掲載できないんですが、瀬央ゆりあファンの方には絶対に見てほしいほど綺麗な写真ばかりです。
これ、引き伸ばしてポスターにして飾りたい~!


25ans (ヴァンサンカン) 2020年 01月号 [雑誌]

価格:799円
(2019/12/17 01:45時点)


↑こちらで買えます。楽天ブックスは送料無料です、ありがたや~


同期の礼真琴さんがトップになったことについても語っていらしたので、それについては後日また感想を書こうと思います。



↓関連記事↓




※コメント欄は承認制です。


↓宝塚の人気ブログランキングに飛びます。当ブログも参加中です。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村




このページのトップヘ