Flower Cage|カリーナの宝塚依存症ブログ

カリーナによる宝塚偏愛ブログ。個人的な感想や考察を綴っていきます。ちょっと辛口気味。

タグ:FNS歌謡祭

真彩希帆


こんばんは、カリーナです。

FNS歌謡祭がとうとう明日に迫ってきましたが、雪組の皆さんがCMやら朝番組やらに出まくっているので、お茶の間でもドキドキが止まりません!

そしてどうやら、真彩希帆さんが着ているのが、『ポーの一族』の衣装だった様子!
「あれ? こんな衣装あったっけ」と一瞬思いましたが、そうだ…あのシーンでちゃんと着ていたドレスじゃないかー!!







ポーの一族のどの衣装?


真彩希帆さんが着ていたのは、白~クリーム色の華やかなドレス。実はこれ、花組公演『ポーの一族』で、シーラ夫人を演じた元トップ娘役・仙名彩世さんが着た衣装なんです!

本編でも色々なドレスを着ていた、お洒落なシーラ夫人。でもこのドレスは物語の中に出てきたものではなく、『ポーの一族』のフィナーレで着ていたものです。

フィナーレの時って、とびきり派手なデザインの衣装のものが多いので、このドレスももちろん素晴らしく華やか(n*´ω`*n)
せっかく宝塚の人たちがテレビで歌って踊るんですもの、「どうせならメチャクチャ美しいドレスで!」ということで、このドレスが選ばれたのかもしれませんね。派手だけどお上品な感じでいいですよね♡

花組ファンもFNS歌謡祭をチェック!

私は望海風斗さんも真彩希帆さんも好きなので当然観ますけど、『ポーの一族』のあの衣装がまた見られるという意味では、花組ファンの方にも是非見てほしいです!
真彩希帆さんが着ても、とても似合ってますので(*'ω'*)

明日24日は朝から楽しみです~♪









↓参加中です。「いいね!」と思ったらポチっとな。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村




ce0d058f1d5b277c3e4d663dc99172e3_s


こんばんは、カリーナです。

7月24日のFNS歌謡祭に、雪組の皆さんが登場するとのことで、今からドキドキとワクワクが止まりません!

そして今日テレビで、望海風斗さんと山下育三郎さんが出ているCMが流れたんですけど。
え…もしかして、だいもんがトートやるの!?






ルキーニからトート閣下へ

前にもこのブログに書いたと思うんですが、柚香光さんにハマる前は、望海風斗さんがとても好きで、花組時代の『エリザベート』のDVDは擦り切れるほど観ました。愛を詰め込み過ぎたお手紙に、感想を書いて送ったりしていました。

望海風斗さん演じるルキーニは、本当に素晴らしかった。歌ウマさんがやるべき役でした。望海風斗さんの歌う「キッチュ」は特に大好きです。朝の4時まで延々リピートしてたこともあります(寝ろ)

それくらいだいもんのお歌に惚れていたわけなので、今回のFNS歌謡祭は本当に楽しみなんですけど……。

あのCMを見る限りでは、望海風斗さんがトートのパートを歌うんですよね???

私を○す気なのか……だいもんトート……!!

闇が広がる……萌えが広がる……!!
※闇広が好きすぎてDVDでリピートしまくっていた(もう寝ろ)

他のメンバーにも注目

だいもんがトートだろうがルドルフだろうが、どっちみち観るし録画もします。銀髪ウィッグがなくても、きっと素敵なトートになることでしょう。

そして、他の組子さんも超気になる!!
実はまだ雪組の組子さんたちを全員覚えきれてないので(※基本は花組贔屓です)、今度の全ツまでにはできるだけ覚えておきたいんですよ。

雪組って、歌ウマのイケメンまみれじゃないですか。特に気になっているのは朝美絢さん。キャトルレーヴでポストカード衝動買いしちゃったよ(;´∀`)

私の楽園は花組だけでなく、雪組にもあったようです…。
イケメンパラダイス宝塚\(^o^)/!

皆様のツッコミ「あなたの贔屓は歌ヘタだよね」

歌ウマのだいもん、大好きなんですよ。今は他の贔屓ができてしまったので(というか今の花組が特に好きなので)、あんまり話題に出さないのですが。歌が上手いって正義ですよね。

でも、今の私の贔屓は柚香光さん。
そう……歌ウマの真逆に位置するお方でございます。

……何だろうね……。カレーちゃんの歌はね、上手いとかそういうのを通り越した魔性の歌声なので


FNS歌謡祭に、花組を出さなかった劇団は大正解です。カレーちゃんを出しちゃだめだぞ、絶対に出すなよ(ダチョウ倶楽部)

歌ウマ雪組の皆さんが楽しみ!

というわけで(?)録画の予約はしておいたし、準備万端!
FNS歌謡祭、みんなでテレビの前で盛り上がりましょう~(*^▽^*)





↓参加中です。「いいね!」と思ったらポチっとな。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村



このページのトップヘ