Flower Cage|カリーナの宝塚依存症ブログ

カリーナによる宝塚偏愛ブログ。個人的な感想や考察を、独断と偏見で綴っていきます。ちょっと辛口気味。

カテゴリ: 宝塚全般

6ba11f0d88570de09063e49cef5f886a_s


こんにちは、カリーナです。

とある宝塚ブロガーの記事を、数年ぶりに読む機会がありまして。

どうやらそのブロガーは、
私のブログやSNSをちらほら見ているらしく、

明らかに私カリーナへの批判(をまじえたブログ記事)を投稿していました。

その人の言い分は

「正義感ふりかざして劇団を批判しているけど、結局舞台も配信も見るんでしょ?(笑) 批判してる人は上品じゃないね」でした。


これについて私は「上品ぶってるだけの人がバカなこと書いてる」って思ったんですが、
言われっぱなしは嫌なので、ここで反論しておきます。


私のスタンスについてハッキリさせておきます。





まず言いたい。
花組生のコーナーなのに『礼真琴さんのファンでぇす』は、さすがに文句言われるだろ。

その該当のーナーを見ていない、おまけに花組ファンでもない人から見れば、なんてことはない出来事かもしれない。
でも私は、めちゃくちゃ不愉快だった。


ここから本題。

「宙組のパワハラいじめ疑惑」のことに、私を含めた一部のファンが批判していることについて。

私はなにも声を上げずに『誹謗中傷やめて!』と言い、品の良いつもりでいらっしゃるお花畑脳みそさんが嫌いです。
(このブロガーに限らず)

インテリぶってる人ほど、本物のインテリとは違う“上から目線”を発動させるのって、何なのかしら。
偽インテリさんのイメージするインテリって、そういう態度をとるのかしらね。

で、「お上品じゃないよね」と、批判しているファンをバカにするのだ。

そういう人って、ご遺族の心中をまったく考えていないのかな。

私は心底、ご遺族のことを気の毒だと思っていて、このまま風化を待とうとしている劇団に対して腹がたっている。

だから、下品でも何でもいいから、劇団の隠ぺい会見にはどんどん反論したい。

このインテリ風ブロガーの言う通り、批判は自由にさせていただく。
私は上品ぶる性格ではないし、自分の正義を貫きたい。

他人の正義をバカにする権利は、お前にはないんだよ!


「批判は下品ザマス。遺族のことはどうでもいいザマス」ともとれる言動をとる人もいるが、そういう人の正義がそれなら、私もバカにしちゃいけないのかな?
うん、そういうことになるな。

でも、軽蔑はするわ。
だからアナタ達も、私を軽蔑していいです。
どうせ意見は、一生合わないから。

でさー、「批判しても観劇するよね?笑」についてなんだけど。

宙組に文句言いつつ、花組の贔屓のためにとったチケットで観に行く。

これ、何かおかしいか???

贔屓を人質にされていて、チケット買ったから見るしかないし。

※私は宙組には金を落とさないからいいだろ

私は宙組が真っ黒だと思ってるから、宙組関連には金は落としません。

花組生は今回の事件にまったく関係ないし、贔屓もいるからチケット買います。
シンプルな理屈です。

その金は劇団に最終的に行くが、仕方のないことだ、どうしようもない。
「どうしようもない」のだ、これは。

できることなら花組の贔屓だけの利益にしたいが、そうはいかないのだから。

「贔屓を人質に取られている。嫌だけど見に行く」というファンは、Xにも結構いる。

(そして宙組ファンで、「贔屓がいるけどもう見に行かない」という人もいる。それだけ今回のことにモヤモヤしているんだろう)

「批判しても観劇するよね?笑」と、なぜか煽ってきているのだが、

劇団と宙組に文句を言いながら、花組は応援する。
この2つは両立できることだ。


だからライブ配信は見るし、チケットも買う。
私が見たくないものは見ない。少なくとも宙組は!

「批判するなら見るな」という意見をXでよく見るが、そうさせていただく。宙組は見ない。

でも、宙組の罪なきジェンヌが贔屓だというひとは、お気の毒。
見たくないジェンヌも見ないとだし、宙組にお金を落とすことになるからね。



そして、私が求める、今後の展開。

私は、加害者の泣きながらの謝罪など求めていない。

ただ、劇団と、ヘアアイロンの件で一回も謝罪していないという非常識なジェンヌについて、「ご遺族に誠意を見せてほしい」と思っている。

私の思う誠意とは、「ご遺族が求めているものに対し、きちんと対応すること」。

少なくとも、やけどさせたことについては、「故意ではなくても謝罪をする」のが、人として当たり前の行動だ。

私、何か間違ったこと言ってます?
これも誹謗中傷ですか?

ご遺族の代理人の弁護士曰く、謝ってないんでしょ???
ご遺族と、亡くなった有愛きいさんが、すごく可哀想です。だから、下品と言われようが、非難しているんです。

あとは、「身内の弁護士軍団ではなく、第三者にヘアアイロン事件やドーナツ(いきすぎたパワハラ的指導)のことをヒアリングさせること」。これも行うべきですね。

劇団は、身内の弁護士事務所に調査させただけで「ヘアアイロンの件はただの事故です」で押し通した。謝罪をしなかった。
もちろんこれは、各メディアにギタギタに叩かれた、愚かな行為だった。

ご遺族も「故意ではなかったとしても謝罪がほしい」と訴えていた。

あまりにもお粗末だった、劇団の会見。
ものすごくズサンで叩かれまくったため、とうとう再調査することになった。

今後、第三者を入れて再調査をするらしいが、驚くべきことに

「ヘアアイロンの件は、再調査しませぇん!ヨロシク!」

…だそうなので、これも批判されるのは必至だ。

これらの苛烈な批判の数々は、私の勝手な正義感からくるものだが、私の行動は他人に非難されることではないし、馬鹿にされるのは意味がわからん。


「正義ぶった一般人が、うるさく批判を続けていてウザイ」

…たぶん私はまわりから見るとこう思われているんだろうけど、私から見れば、

『文春だけが悪い』
『パワハラはなかった、遺族の言い分は間違っている』
『Aちゃんをこれからも応援❤』
『この件はどうでもいいから公演再開して』


とか言ってるお花畑さんのほうがウザイです。

人の心とかないんか?

ご遺族をさらに叩きのめすような、ゲロ甘思考のほうが、害悪です。


まとめ
・花組は観ます、応援します
・劇団と宙組は応援しません
・風化させないように、おかしな部分へは批判します
・ご遺族に誠意をもって対応しろ!
・ご遺族の訴えをもみ消すような痛すぎファンの言動のほうがやばい



私からは以上です。



※現在、コメント受付を停止中です。







5e5260d3035bd94044953bf3bb2e40c1_s


こんにちは、カリーナです。

宝塚歌劇団の内部で、きびしい指導が行われていることは、
ファンは当然知っていました。

けれども、その実態は、
ファンが知っていた内容よりも
もっと酷いものでした。


ですから私は、

『宙組以外のジェンヌも、
ここまで酷いパワハラ指導をしているのだろうか?
私の好きなジェンヌさんも???』


と思い、気持ちが悪くなってしまいました…。

「組によってかなり雰囲気が違う。指導方法も違う」という情報もあり、すこしだけ心が軽くなったけど、

その後、ネットで、
宝塚OGの証言が載っている記事を読みまして。

「やっぱり、どの組もパワハラはあるのかな?」となって、
絶望しました←今ココ





●花組、月組、雪組、星組にパワハラいじめはある?

私は花組が好きです。
できれば今後も応援していきたいです。

しかし残念なことに、

宝塚音楽学校や、宙組の酷いパワハラ・いじめ(厳しい指導内容)について、新たな情報がどんどん出てきています。

ですから私は、「花組にもパワハラいじめはあるの?」と、不安になっているのです。

まぁ、小さないじめなんかは、どの職場にもあります。
いじめはよくないけど、なくすことはできません。

問題なのは、宝塚では当たり前だという、ほぼパワハラの厳しい指導。

現役ジェンヌの話や、X(旧Twitter)などで仕入れた情報によれば

・組によって雰囲気やルールがまったく違う
・指導が厳しくない組もある


とのことだったので、少しは安心しておりました。

確かに、同じ会社でも、
部署や上司の性格によって、パワハラの酷さが違いますもんね。

(私が以前いた会社は、お隣の部署だけパワハラ地獄でした。昔はそうでもなかったけど、パワハラ上司が来てからだったなぁ)

それなら、宙組と花組は、
パワハラの程度が
まったく違う可能性もあるのです。



でも先ほど、宝塚OGの新たな証言を読んでしまい、またちょっと不安になってきました…。


●宝塚の元タカラジェンヌが語るパワハラ「私も加害者」


問題の記事はこちら。

数年前に退団した元タカラジェンヌが、メディアの取材に応じました。




特に気になったところを引用します。

元タカラジェンヌ:
かつらが上級生の方と“かぶって”しまっていて「それっておかしいよね」って。“ドーナツ”とかって言われているけど、私が真ん中に入れられて、周りからすごい「何考えてるねん!」みたいな。真っ暗闇の中でずっと言われ続けて、ひたすら私はぐるぐる回りながら、「すみませんでした。すみませんでした」って。そういうことが日常茶飯事というか、それが誰も悪気を持ってやってないということが問題ですね。

さらに、年次が上がるにつれて、パワハラまがいの行為を“される側”から“する側”へと変わっていったことを悔やんでいるといいます。

元タカラジェンヌ:
7年生のときは、私は「やってしまった側」なんですよね。だから、私は宝塚時代の自分というのはすごく許せない。嫌いなんです。思い出したくないんですよね。

かつら被りがご法度なのは知っていましたが、
ここまで必死に謝罪させられるんだ…!!!






宝塚歌劇団のあの中にいると、一般人から見ると異常なパワハラであっても、本人たちは気づいていないようですね。

悪気が一切ないパワハラ。
もしくは、悪意があっても「愛ある指導」ということにして、堂々とパワハラ。
どちらもタチが悪い、、、

「悪気がないパワハラ」、けっこう多いのでしょうね。

なぜならタカラジェンヌは、中学校を卒業してすぐに音楽学校に入る子も多い。
そんな子供の頃から、あの世界になじむための“洗脳”をされて、入団する。

(あえて「洗脳」と表現します。若いうちから、ああいうのに慣れさせるの)

そして入団7年目にもなれば、洗脳完了。

伝統的で美しい【厳しい指導】が、当たり前のことになるのです。


ポイントは、
やっているジェンヌ本人は、
パワハラだとは一切思っていないという所。


あの世界では、
これが「当たり前の常識的な行動」なのです。


●髪型の指導とヘアアイロンやけどは日常!

あとは、髪型の指導についても証言がありました。

元タカラジェンヌ:
「ベルサイユのばら」みたいな縦ロールというのは自分でやるんですね。なので上級生の方が下級生の前髪をちょっとこう、やり方を教えてあげたりとかっていうので、それは日常的に行われていることで。その時につい当たってしまって、首筋とか鼻とかおでこにジュッてなっちゃうのは正直私もありました。


髪型の指導については、日常的にあるんですね。

ヘアアイロンは、一瞬当たっただけでも、軽いやけど状態になりますね。

でも、
「皮膚がめくれるほどの酷い火傷をしている下級生」って、
私は見たことがありません。



天彩峰里さん&有愛きいさんのケースでは、
その「よくある指導のはずで、有愛きいさんも指導されるのは慣れているのに、パワハラだと感じていた。おまけに天彩峰里さんは謝りもしなかった」という感じなんですよね。


文春記事に医師の意見が書いてありましたけど、皮膚がめくれる火傷というのは、高温でジュ―ッと数秒押し付けないとできないそうです。

ですから、日常的にあるこういう事故とは、別物だと考えたほうがいいでしょうね。

・上級生からの髪型の指導は普通にある
・たまにヘアアイロンが当たってしまうことはあった

これだけは分かりました。


●それでも宝塚歌劇団を愛せますか?

私や、ほかの宝塚ファンが悩んでいるのは、

「今後も宝塚を愛せるだろうか?応援してもいいのだろうか?」

という所だと思います。

元タカラジェンヌの方も、以下のように言っています。

元タカラジェンヌ:
私は宝塚の舞台は素晴らしいと思っています。舞台は素晴らしい。総合芸術というのは世界に一つだなと思っていて、それは素晴らしいんですけど。それを守る組織が崩壊している。それで、それを踏まえて、世間の皆さまはどう思うのかなというところですよね。やっぱり人一人亡くなってしまったっていうのが現状としてあって、それは大げさなことではなくて、中にいた人間としては「ついに出てしまったか」っていうのは正直な意見だったので、舞台は素晴らしいけれども、その組織がどうなっているのかっていうのは、今回の件で分かったと思うので、それでも応援してくださるのかというところですよね。


結局、宝塚歌劇団というのは、パワハラが横行しているのです。

入団7年目にもなれば、加害者側にまわることになる。

「そういう文化があって、今もそれは変わっていない。それでもあなたは、この腐ったパワハラいじめ集団を、これからも愛せますか?」


この問いに、私は今すぐ答えることができません。

私の大好きな花組でも、“ドーナツ”は行われているでしょうし。
本人たちには、これが異常だという自覚がない。


それでもタカラジェンヌを愛せるか?

私は、パワハラとかいじめは大嫌いなので、
難しい問いですね。

答えを出すのは、もう少し先になりそうです。



※現在、コメント受付を停止中です。



大好きな彼と復縁・結婚できる!古代中国の【縁結び術】








b930922c08535e97cba899ac9c7fe6be_s

こんにちは、カリーナです。

先ほど宝塚歌劇団の公式から、
残念なアナウンスがありました…。

・宙組大劇場公演
全日程中止

・雪組公演
11月23日まで中止

・タカスペ中止


XなどのSNSでは

「なぜ宙組以外も中止なの?」

「95期のトップたちが集まる最後のタカスペが中止なんて…」

と、落胆というよりは“泣いて激怒”系のファンも散見されます。。。





昨日、劇団から「SNSで中傷したやつ訴えるからな」というお達しが出たのは、ファンからの不満が噴出するのが目に見えていたからですね。

※昨日の件はこちら↓




私はコロナ禍でいろいろ学んだので、
「もう宝塚には何も期待しない」を貫いています。
先日の花組中止も「そうか…」程度ですみました。

ただ、
宝塚歌劇団はエンタメを提供しているわけですから、
本来はそれでは駄目なんです。

お客さんにワクワクしてもらって、
当日楽しんでもらう!

そのためにチケットを売っているのよね?

それなのにコロナ禍になったら、
病気は仕方ないけれど、公演中止ばっかり。

そりゃ、私みたいに
「もう期待しない」となる人、出てきますよ。
期待したら、あとから悲しくなるから。


で、今年のタカスペは、
95期のトップスターが勢ぞろいする最後の場だったんですよ。

私は「ライブ配信があれば見ようかな(プチ期待)」程度でしたが、
私の周囲やSNSでは、
泣いている人、怒っている人…大勢います。

特に今年は、
問題の宙組が、
そもそも出ない年だったので…

「どうして、無関係な組の公演までなくなるの?」

と、納得できないファンが多いようです。。。
明確な理由が、よくわからないし。
出演できる人だけで開催はできないのかな?

宙組の影響が、とうとう全組にまで及んでしまった


雪組さんも、お稽古が止まっているという噂がありましたが、
本当だったのかも…。
チケットがとんだ方、かわいそうですね。



宙組ムラ公演は、千秋楽もやらないんですね。
震災時にはこういうことが過去にもあったようですが、
今回のことは天災ではないですから、前代未聞!


でも、今しれっと再開している場合ではないので、
宙組公演に関してだけは、英断だと言えるでしょう。


今朝の新聞の広告、見ましたか?
文春と新潮のどちらの広告にも、今回の騒動についての見出しがデカデカと!!

「芹香斗亜」
「天彩峰里」
名前と顔写真も。。。


こんな状況下で、「再開しまーす」とは言えませんよね…。

私の予想では、『いじめはありませんでした、指導しただけです。再開します』というお知らせが出ると思っていましたが、少なくとも今回は違いました。

それとは全く逆で、
あれも中止、これも中止、という
とても残念な結果に…。


この調子で、花組全ツや柚香さんのプレ退団公演まで影響が出たら、

この恨みや悲しみを、
どこにぶつければいいのでしょう?


一つ、声を大にして言いたいのは、

亡くなった有愛きいさんは
何も悪くない

ってことです。

亡くなった子にヘイトがいくのは、明らかにおかしいです。

それだけは言っておきたいですね。




私はもう、宝塚にお金を落とすのは最低限にしようと決意しまして。
今日は悲しみを引きずらずに仕事を普通にするし、
そのお金は別の趣味に使います。

SNSにも、「スカステ解約しました」という人がいました。

今後、宝塚離れが
どんどん進んでいきそうですね。

『何を今さら。過去にも色々あったけど結局続いてるんだよ』
という意見も見かけましたが、今回もソレで乗り切れるかな?


宝塚ファンは、前日に釘を刺されたので、
「誹謗中傷!」と言われないように
お口にチャックして(させられて)いますけど、

ネット以外のところでは、結局ボロクソ言われますからね…



人の心が離れていくのは、
残念ながら止められないのです。



※現在、コメント受付を停止中です。



大好きな彼と復縁・結婚できる!古代中国の【縁結び術】







宝塚原田


こんにちは、カリーナです。

もう今年も終わりそうだというのに、
めちゃくちゃ胸糞悪いニュースが。。。


宝塚歌劇団の演出家・原田諒氏が、
セクハラとパワハラ問題を起こしました。


・タカラジェンヌに過度なパワハラ
・演出助手の女性(男性?)にセクハラ
・いきなり登場する真矢ミキ


タカラジェンヌと、被害者の女性が
気の毒でなりません。


原田先生は演出家をやめさせられ、
劇場を出禁になったそうです。

※追記
宝塚歌劇団が出した公式の文書によれば、
現在は関連のグループ会社などにも
在籍していないとのことです。



原田先生、パワハラ&セクハラで演出家をやめさせられる

いや~酷いニュースですね。


詳しいことは、ネット記事を読んで下さい。

※とても気持ち悪いし、気分が悪くなるパワハラ内容なので、
読まない方が幸せかもしれない…








途中でいきなり登場する真矢ミキさん。
そして、劇団。

あなたたち、セクハラのもみ消しをしようとしたの?

絶句。



雪組トップコンビ・彩風咲奈&朝月希和にパワハラ

少なくとも、今明らかになっているのは


雪組トップスター・彩風咲奈さんと、
退団したばかりの朝月希和さんに

ひどい言葉を浴びせるという
パワハラをしていた、ということです。



ひらめちゃん、そこまで顔大きくないのに。。。
何にでも悪口を言う人だったのかな~…



「その髪型は顔が大きく見えるから直して」とかなら、ただの指導だと思いますが、
「顔でかいねん!」は、ただの悪口だよね。




退団を控えたトップ娘役に、
これでもかというほどの
罵詈雑言を繰り返した原田先生…。


千秋楽の映像をみたあとに、このニュース記事をみたので、
マジで気の毒で
どうしようもない。。。



雪組だけでなく、
ほかの組のタカラジェンヌたちにも、
同じ被害があったとしか思えませんね…。


↑こんな当然の推測も、今の時代だと「中傷だ」「事実ではない」とか言われるのかな?
めんどくさっ。



セクハラ指導があったとしたら最悪

演出助手の女性(男性説もアリ)に対し、
ココには書けないようなセクハラ発言を繰り返した
原田諒氏。


これで思い出したのが、
『NICE WORK IF YOU CAN GET IT』(ナイスワーク)の、
ちょっとアレな演技のあるシーン。


ナイスワークの演出も、原田先生です。

まさか、
変なセクハラ指導してないよね?


というか、アレを女性に演じさせること自体が
セクハラだよな~
当時から思っていたんですけど。。。


柚香さんが被害にあってないか…
とっても心配なのです。

(柚香さんのバウホール初主演『ノクターン』も、原田先生でした…)

被害にあってないならいいですよ。
確かめる術がありませんが。


いや、むしろ知りたくない。
当時のお稽古の音声とか…聞きたくないです。

劇団、「水美舞斗が専科へ」のニュースでごまかす

で、こんな衝撃的なニュースが流れたその日に

「水美舞斗さんが
花組から専科へ異動!」

とかいう、
爆弾ニュースを落としてきましてね。


え?
火消しですか???


前からなんとなく察してた人事なので、
超ビックリというほどではありませんが、

それでも
大事件レベルの人事ニュースです。


火消し代わりみたいな出し方しないでくれ。

心が忙しかったヅカオタの1日

私、今日はね、
がんばって仕事しないとなのに


宝塚に少なからず縁のある
マリウス葉さんの芸能界引退ニュースとか

原田先生のセクハラ&パワハラ問題の記事が出て、

さいごに
水美舞斗さんの異動のニュース。


落ち着いて仕事する気持ちに
なれなかったよね。。。


なんか…こう…

ほっこりするニュースがほしいわ!


****

91a291b722a6452a87807b0bec4878dd_s


最近、花組関連のニュースは
嫌なものが多いです。

新しいニュースが出るたびに
ムカつきます。


スカステのクリスマス特番を見てても
「なんで花組だけゲームが地味なん???」って
すごく不満だった。


鴛鴦歌合戦?とかいうナゾの演目…
原作映画を見たけど、つまらなかった。

原田先生の異動のせいで、
いろいろ予定が狂った可能性もあるけど、

もっとステキな演目をチョイスしてほしいですね。


「このまま柚香さん、演目に恵まれないまま
退団かな…」とか思うと、
またムカムカしてきます。



水美舞斗さんがいなくなったら、
バチバチにバトっている
ひとこちゃんとのコンビ売りすんのかな。

チケット売れるのかな、それで。



※現在一時的に、コメント受付を停止中です。






沸騰ワード宝塚


こんにちは、カリーナです。

先日放送された「沸騰ワード10」の録画を、やっと見ました!

きょうかさん、宝塚合格おめでとうございます

きょうかさんは、110期の音高生となります!
※芸名は入学時にはまだ決めないので、判明するのは2年後ですよ。2024年頃かな。

まなかさん&けいかさんは残念ながら不合格でしたが、全員頑張っていたので、見ていて感動しました




今回は一次試験~三次試験(最終試験)までの様子を、密着取材!

全員、一次試験は合格したんですよ。

最終的な合格・不合格の結果(合否)は、以下の通りでした。


高校3年生・まなかさん
→二次試験で不合格

高校3年生・きょうかさん
無事合格

高校2年生・けいかさん
→三次試験で不合格


けいかさんは三次試験まで残っていたので、まさか落ちるとは思わなくて💦
宝塚って、技術さえあればイイってわけじゃないから、運が悪かったのかもしれません。
どんなにスゴイ子でも、落ちる時は落ちます。

(たとえば、「今年は高身長さんをメインで合格させよう」的な年も、あるらしいですヨ)




けいかさんは、来年がラストチャンスです!
たぶん「沸騰ワード10」が来年も取材してくれると思うので、来年に期待…!


とにかく全員、がんばりました!
きょうかさんは、今後どんなジェンヌになるのか、どんな活躍をするのか、今から楽しみです



※現在一時的に、コメント受付を停止中です。






このページのトップヘ