Flower Cage|カリーナの宝塚依存症ブログ

カリーナによる宝塚偏愛ブログ。個人的な感想や考察を、独断と偏見で綴っていきます。ちょっと辛口気味。

カテゴリ: 花組

柚香光食虫花

こんにちは、カリーナです。

今日のタカニュで、柚香光さんが『元禄バロックロック』『The Fascination(ザ ファシネイション)!』について語ってくれました!


お芝居&ショーについて、面白そうな話が沢山聞けましたが…

Twitterでも話題になっていたのはやはり、
「食虫花(しょくちゅうか)を踊る」
という新情報

真矢みきさんが、「サザンクロス・レビュー」で踊った名場面で、とってもセクシーな場面なんですよ…
すみれコードぶっちぎり!!

めちゃくちゃ楽しみになってきた!!




まず初めに言っておきますと、私、『The Fascination(ザ ファシネイション)!』、そこまで期待してなかったんです…。

いつも無難なショーを作られる先生の作品なので、
「変わった見せ場はなさそうかな…。クールビーストみたいなシーンは期待しちゃ駄目だ」
と思っていました。

ところがどっこい。

「食虫花(しょくちゅうか)を踊る」

柚香光さんの口から、ハッキリその情報が出たんですよ…!!
おまけに、ちょっと踊りながら(※イスに座ったまま踊ってた)


食虫花というのは、そのまんま、いわゆる食虫植物のイメージのシーン。
なんでだろう…。柚香光さんのイメージにぴったりハマる…。
毒々しい魅力が持ち味だからかな~?



「サザンクロス・レビューを観たことがない!」という人に、分かりやすくお伝えするなら…
いつもの柚香光。


もっと具体的に言うなら、
女ベスティア様。
好き放題に誘惑して、片っぱしから食べていく(?)感じの…。


エエエ~本当に、食虫花を踊るの…?
でっかい見せ場が来ましたね…!!

Twitterでは、
・本当にあの、真矢みきさんが踊った食虫花のこと?
・振り付けは同じ?
…というような意見がチラホラ。


確かに…。
柚香光さんが今日踊っていた振り付けと、真矢みきさんが踊っていた振り付け、けっこう違う気がします。

「曲は同じだけど、振り付けは全部変更」という可能性もありますね。
だって、オリジナルの振り付け、すみれコードギリギリですもん…!


もし、オリジナルの振り付けのままなら…
・蹴飛ばされる人
・押し倒される人
この2つは…誰がやるのだろうか…???


まだまだ情報が少なすぎる…!!
もっと情報を!くれ!!!(命令形)







霊感開発


哀しみのコルドバ円盤

こんにちは、カリーナです。

花組全ツ『哀しみのコルドバ』『Cool Beast!!』のブルーレイが、予約開始してます!

発売日は11月25日。Amazonだと安い(私の予約時)
今から楽しみでなりません!!


あと、先日更新されたVISAメッセージ、お読みになりました?
私の大好きな、あのシーンの裏話がありましたよっ




VISAメッセージが更新されました!
…少なくとも、10月11日以降に。
仕事で忙しくしてると、だいたい更新日当日に読めないんだ…。(最近ホントに忙しいので…)

今月は、私の大好きな、
花組全ツ『Cool Beast!!』の、女ベスティア様とのエピソードがあります




女ベスティア様とエストームのデュエダン、早く映像でエンドレスリピートしたい


そもそも私、男役&男役の絡みが大好きなんですが、このシーンは特にお気に入り!
大劇場版よりもヤンチャ感&自由感の増した柚香光ベスティア(♀)…
そんな女ベスティア様に完全屈服の下級生・永久輝せあエストーム…

相手役が下級生になったからか、全然雰囲気が違って、とても良き



もう当然、舞台写真はGET済。
キャトルの画質最悪なサンプル画像ではよく分かりませんでしたが、ここのシーン、2人ともメッチャ良い表情してるの…!

フォトフレームに入れて部屋に飾りながら、
「何故あともう1枚注文しなかったんだ…保存用がいるじゃん…」と後悔しました。
もし次に遠征した時、無事にキャトルに入れたら、あともう1枚買うんだ…。(死亡フラグ)



花組全ツ『哀しみのコルドバ』『Cool Beast!!』の円盤は、もう予約開始しています。

私は、何故かいつも値段が安いので、Amazonで予約しがち。
Amazonって、予約段階 or 少し古めの円盤だと、定価以下で買えますよね。

※現在は値段わかりません。たぶん時期によって値段が違う。


花組全国ツアー公演『哀しみのコルドバ』『Cool Beast! ! 』 [Blu-ray]
宝塚歌劇団
宝塚クリエイティブアーツ
2021-11-25



あとまだ1ヶ月以上待たないといけないけど…
逆に言えば、もう少し待てば観れるんですよね?

おまけに、最高のれいまど演目(※現時点)である『哀しみのコルドバ』も観れるんですからね…!
お芝居とショー、両方とも見まくるしかないね。


まだ予約していない方は、どうぞお早めに~。








元禄バロックロック

こんにちは、カリーナです。

花組『元禄バロックロック』の、人物相関図が公開されました!

そして今日のタカニュ(スカステ)では、トップコンビ&水美舞斗&永久輝せあの4人でのトークが放送されましたね。

どうやら、
柚香光&水美舞斗→絡み少なめ
柚香光&永久輝せあ→絡み多め
という感じのようです。


あと今日は、キャストボイスにムービーに…!
いろいろ忙しいな!



『元禄バロックロック』相関図はこちらから。



『賭場・ラッキーこいこい』

谷先生のネーミングセンス、センスがセンスしてるな!
私は最初“恋恋”と脳内変換してしまったんですが、多分そうじゃなくて“来い来い”よね。


トップコンビは普通に目立ちそうですが、その次に目立ちそうなのがクラノスケ(永久輝せあ)?
今日のタカニュでも、コウズケノスケ側は、サイドストーリー的な感じだと語っていたような…。
役の比重が気になります。



あと、キャストボイスムービーも更新されましたね。

ムービーは、以前タカニュで流れたやつと同じかな?




『元禄バロックロック』『The Fascination(ザ ファシネイション)!』制作発表の様子。

まだ観てない人は、ぜひ見てくださいね!
私はもう録画したやつリピートしまくりました


期待と不安がゴチャゴチャになっていますが、まぁ、とりあえず「衣装は凄そう」って思ってます。
それだけでも観る価値ある。ビジュアルって大事。







教材バナー02


冬霞の巴里

こんにちは、カリーナです。

永久輝せあさんの初東上が決定しました!
おめでとうございます


演目は『冬霞(ふゆがすみ)の巴里』

あの話題作『龍の宮物語』の作・演出を手掛けた、指田珠子先生の新作です。
この時点で、期待度&注目度めっちゃ高い!

おまけに、ひとこのイメージにピッタリな“復讐劇”ですって

これは観たい要素てんこ盛りだな~~~!!!

ていうか、
今すぐ観たい!!!!
ひとこ×復讐劇、今すぐ観たい!!!!


※当記事は、カリーナの感情が大爆発しているので、耳を塞ぎながらお読みください。




ぶっちゃけ、贔屓が主演の別箱より、こっちのほうが俄然興味ある。(ゴメン贔屓)
やっぱり演目って大事…。



【梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ公演/東京建物 Brillia HALL公演

ブリリア…!!ブリリアが来た!
あの、「主役が見えない」「良いところが1つもないと言われる悪名高き劇場、ブリリアが!!


でもファンならどうせ観に行くでしょうし、今の時期は配信の人も多いから、どんな劇場でもいいのかもしれませんね。


『冬霞(ふゆがすみ)の巴里』、あらすじはこんな感じ。
Fantasmagorie
『冬霞(ふゆがすみ)の巴里』
作・演出/指田 珠子

時は19世紀末パリ、ベル・エポックと呼ばれる都市文化の華やかさとは裏腹に、汚職と貧困が蔓延り、一部の民衆の間には無政府主義の思想が浸透していた。
そんなパリの街へ、青年オクターヴが姉のアンブルと共に帰って来る。二人の目的は、幼い頃、資産家の父を殺害した母と叔父達への復讐であった。父の死後、母は叔父と再婚。姉弟は田舎の寄宿学校を卒業した後、オクターヴは新聞記者に、アンブルは歌手となって暮らしていたが、祖父の葬儀を機にパリへ戻った。怪しげな下宿に移り住む二人に、素性の分からない男ヴァランタンが近づいて来る。やがて姉弟の企みは、異父弟ミッシェル、その許嫁エルミーヌをも巻き込んでゆく…。
古代ギリシアの作家アイスキュロスの悲劇作品三部作「オレステイア」をモチーフに、亡霊たち、忘れ去られた記憶、過去と現在、姉と弟の想いが交錯する。復讐の女神達(エリューニス)が見下ろすガラス屋根の下、復讐劇の幕が上がる…!  


Fantasmagorie(ファンタスマゴリー)!!!!!
私が世の中で、15番目位に好きな言葉~~~~!!!
(※7位くらいに「グランギニョル」が来る)
ファンタスマゴリー(フランス語:Fantasmagorie, 英語:Phantasmagoria, Fantasmagoria)は、18世紀末にフランスで発明された、幻灯機を用いた幽霊ショーである。ベルギーのリエージュ出身の物理学者のエティエンヌ=ガスパール・ロベール(フランス語版)、通称エティエンヌ・ロベールソン(1763年 - 1837年)がパリで行った興行によって有名となり、ヨーロッパ、とくにイギリスで、19世紀を通して流行した。


そう!幽霊ショーなのよ!!
サブカル系オタクが好きそうなやつ!!


龍の宮がヒットしていた当時、「さっしーは絶対オタク」みたいなことをSNSで言われていましたが、確信に変わりました。
指田先生は間違いなくオタクだし、私の好みに合う。


「宝塚でグランギニョルやらないかな。残酷すぎて、さすがに無理か。」
と思っていたら、
まさかのファンタスマゴリーのほうが来た!!!
たぶん幽霊劇そのままということはないだろうけど、そういうイメージの演出がありそう


で、忘れてはいけません。
あらすじに『復讐劇の幕が上がる…! 』と書いてあります!


以前、当ブログのどこかの記事で、「永久輝せあさんは復讐劇とか似合いそう」的なことを書いた記憶があるんですよ。
だって、とても似合いそうだと思うじゃない?
復讐しまくる永久輝せあ、見たくない???


と思ったら、さっしー先生のオリジナル最新作で、ひとこの復讐劇!?!?

は?
観るしかないじゃん…!!??


“古代ギリシアの作家アイスキュロスの悲劇作品三部作「オレステイア」”
すみません、その作品は存じ上げません。
でもきっと、浦島太郎を龍の宮に仕上げてくれた指田先生なら、めちゃくちゃステキに仕上げてくれるって信じてる…!!!



東京の劇場でもやるなら観に行きたいけど、今はコロナが酷いし…
そして何より、現時点で、チケット取れる気がしない。

チケット争奪戦、参加だけしてみようかな?
でも、ブリリアだしなぁ…←ここが一番の難点



とりあえず、ライブ配信をやるなら、見るのは確定です。


あとは、2番手とヒロインが気になる!
続報を待ちます



大好きな彼と結婚したい!古代中国の【縁結び術】とは?




霊感開発


TOP HAT花組

こんにちは、カリーナです。

花組別箱の演目が、『TOP HAT』に決定したそうです。
主演は柚香光さん&星風まどかさん。

花組に、珍しくサイトー先生が来る!

しかし私、個人的に、『TOP HAT』があまり好みではない
今回は配信だけでいいかな…。梅芸、遠いし。




私の好みを詰め込んだ花組全ツの後は、

私の好みから外れた『TOP HAT』でした。



ミュージカル
『TOP HAT』
Music & Lyrics by Irving Berlin
Based on RKO’s Motion Picture
Book by Matthew White & Howard Jacques
Based on the Screenplay by Dwight Taylor & Allan Scott
Presented by Arrangement with RKO Pictures LLC, Warner Bros. Theatre Ventures Inc. and the Irving Berlin Music Company
Originally Produced on the West End Stage by Kenneth H. Wax
脚本・演出/齋藤 吉正

フレッド・アステアとジンジャー・ロジャースによるハリウッド黄金期のミュージカル映画を舞台化した「TOP HAT」は、2011年のイギリス国内ツアーでの初演以降、ロンドン・ウエストエンドでも600回以上上演され、ローレンス・オリヴィエ賞を3部門受賞するなど、世界中の観客を魅了してきたミュージカル作品です。2015年の宙組による日本初演も好評を得た本作を、柚香光を中心とした花組にて再演致します。心躍るダンスと音楽で綴る、小粋でロマンティックなラブストーリーをお楽しみください。
ブロードウェイで活躍するスターダンサーのジェリーは、公演の為訪れたロンドンのホテルでモデルのデイルと出会い一目惚れしてしまう。デイルの心を射止めようと必死になるジェリーに、彼女も好意を抱き始める。しかし、ふとした行き違いからデイルはジェリーのことを友人の夫であると勘違い。誤解が誤解を生み、二人の恋は周囲を巻きこんだ大騒動へと発展していき…。   


贔屓が出ているから、配信は観ます(多分)。れいまどだし。
でも、ショーもついてないし。。。

ていうか、配信…ある?
当たり前のように、やってくれるような気でいましたけど。


ウーン。。。


まぁ、「絶対に生で観たい演目なのに、コロナで観に行けない」とかよりは、いいかな。
前向きに考えよう。

もしライブ配信があったら、見れたら見ます。




個人的には、永久輝せあさんの初東上の演目のほうが気になってます!
『冬霞(ふゆがすみ)の巴里』。
ひとこ×復讐劇=最高じゃん…!?

オタクの感情が爆発した記事はこちら↓








教材バナー02


このページのトップヘ