Flower Cage|カリーナの宝塚依存症ブログ

カリーナによる宝塚偏愛ブログ。個人的な感想や考察を、独断と偏見で綴っていきます。ちょっと辛口気味。

カテゴリ:演目別感想 > アウグストゥス-尊厳ある者-

アウグストゥス感想

こんにちは、カリーナです。

ようやく念願の遠征が叶いました。
東京公演『アウグストゥス-尊厳ある者-』『Cool Beast!!』観てきたよ

久しぶりにお客さんが入っているからか(ほぼ満員!)、組子たちのエネルギーが凄かった


『アウグストゥス-尊厳ある者-』は、SNSだとあんまり感想を見かけません。
私がライブ配信を観た時も、課題の多い凡作かなーと感じました。

しかしナマで観劇したところ、評価が一気にランクアップ。
「これは追いチケせねば」と思いました。


今回はとりあえず、感じたことをつらつらと書いていきます。

※ネタバレ有




『アウグストゥス』は全体で見るべし。照明が綺麗で音楽もイイ!

『アウグストゥス-尊厳ある者-』は、最初はライブ配信で観ました。

その時の感想は「課題はあるが、ネット上の評判よりは面白かった」でした。
 

上の記事にゴチャゴチャ不満も書きましたが、実際に生で観劇した感想はこんな感じ。

・照明が綺麗。2階席で観たら最高に美しいと思う
・意外と音楽が良かった。配信だとイマイチ感じなかったけど…
・演者を生で見ると、ストーリーが分かりやすかった

アウグストゥス、思っていたよりも好みでした。
「めちゃくちゃ面白い」というタイプの作品ではないし、主人公の描かれ方は微妙でしたが、これは普通に通える。
ていうか通いたい。


ポンペイアが自殺した理由がハッキリ伝わってきた

ライブ配信で観た時は、「なぜポンペイアが自殺したのか」、理由がイマイチよく分かりませんでした。
でも華優希さんのナマの演技を見ていたら、ポンペイアの心情が良く伝わってきました。
ライブ配信でも同じシーンを見たはずなのに、こんなに感じ方が違うんですね…。

本当にポンペイアのせいであんなこと(悲劇が続く)になったのかは、分かりません。
ここはちょっと腑に落ちない。ポンペイアが切りつけに来ても来なくても、ああなっていたはずだから。

でもポンペイアは、「私のせいで…」と自分を責めて、自殺したんですね。




冴月瑠那&永久輝せあがオペラ泥棒

この公演で退団となってしまう冴月瑠那さん。
もう生で見れるのは最後かもしれないと思ったら、ずっとるなさんをオペラで追ってしまいました。
最後が女役というのは微妙なんだけど、あれはあれでるなさんの魅力が出ていた…かな?
とても可愛く&美しかったので、もう1度見に行きたくなりました。(フラグ)

あとは永久輝せあさん演じるブルートゥスが、思った以上にハマり役でした!
苦悩する感じの表情が、永久輝せあさんの持ち味にピッタリなのかもしれません。
もう一度観たくなりました。(再びのフラグ)


もちろん贔屓の柚香光さんも見なきゃいけませんので、本当に目が足りなかった!!!

オタク的視点~ああ、マジでミュージカルだわ

クレオパトラが椅子から降りてきて歌うシーン、どうしても某ミュージカルRPGのゲームの場面しか思い浮かばなかった。
マジでこんな感じだった。
分かる人だけ分かって。

 




このゲームと宝塚には、実はちょっとした関連性があります。
詳しくはこの記事を読んでね↓



簡単に言うと、作曲者の方が宝塚をイメージして作曲してたり、実際にショーに楽曲提供してたりするんだな。


気になった下級生~あなたは誰?

『アウグストゥス-尊厳ある者-』を見ていて、気になった下級生をメモっておきます。

高峰潤:舞台化粧が私好みで、つい目を奪われてしまいました。
目立つ役は付いていませんでしたが…。

???:オペラで目の合った下級生。
マジで誰か分からない。わざわざコッチ見てくれたのにごめんね…。


その他にも、可愛い下級生が色々いて、「未来の新たな贔屓は誰かしら?」とワクワクしながら観劇しました♪



この感想は①となっております。
②は…また後日更新!!!




旧約ヨブ:占いブログ




Muramori_b1



アウグストゥスつまらない

こんにちは、カリーナです。

花組『アウグストゥス-尊厳ある者-』を、ライブ配信で観た感想を書きます!

SNSでは「つまらない」という感想が目立ちましたが…。
私の感想をまとめると、こんな感じ。

・思ったよりも、内容は悪くなかった!
・かっこいい柚香光が見れないのは残念…
・ポンペイアが死んだのは何故?
・アントニウスが主人公・クレオパトラがヒロインでよかったのでは…
・演者のビジュアル、衣装はとても綺麗♡

良い部分もあったのですが、不満なところや、意味不明な部分もありました。

※ネタバレ有




百聞は一見にしかず!前評判よりは面白いと感じた

『アウグストゥス-尊厳ある者-』は、SNSに、「あまり面白くない…」という感想がよく書かれていました。
ですので私は、「すごーくつまらない内容なのだろうか?」と思っていました。


前回の『NICE WORK IF YOU CAN GET IT』の時は、アウグストゥスとは真逆で、「ナイスワーク超面白い!最高傑作!」という感想が目立ちました。
私は当然、期待値MAXでライブ配信を観たのですが、その感想は「つまらない…」でした


他人の意見なんか、まったくアテになりませんね。
やはり、自分の目で見てみないと!


こういう経緯があったので、今回の『アウグストゥス-尊厳ある者-』は、期待値0で配信を観ました。

まったく期待せず、まっさらな状態で観たからか?
SNSで見かける感想よりは、マシだと思いました。
「思ったよりは面白かった」という感じ。

1本物だと辛かったかもしれませんが、お話の展開が早めだったので、そこまで退屈ではありませんでした。
どんどん人が死ぬ。超スピーディー!




オクタヴィウスはただの臆病者!かっこよくない主人公にガッカリ

このお芝居の一番の欠点は、主人公オクタヴィウス(柚香光)が、まったくカッコよくないというところです。
ビジュアルは最高に美しいけど、内面にかっこよさ&トキメキが無い…。


オクタヴィウス(のちのアウグストゥス)は、史実ではとても体が弱く、戦闘をほとんどしなかったそうです。

でもこれってお芝居でしょ?フィクションでしょ!?
先生がうまいこと脚色してくれて、ポスターみたいなカッコイイ柚香光さんが見れるものと思っておりました。

ところが!!

主人公は、“ただの臆病者の青年”として描かれており、内面のカッコよさは皆無。。。
剣を使った立ち回りもありますが、へっぴり腰で転ぶような演技(そういうシーン)ばかりで、唖然としてしまいました。

私が見たい柚香光は、ソレジャナイ。

オクタヴィウスが弱かったのは知っているけど、臆病者ではなく、「ちゃんと戦うけど体が弱い」とかに脚色してくれたら、かっこいい立ち回りが沢山見れたかもしれないなぁ…。
クールに剣を抜いた後で、急に病気で倒れるとか…。それなら、かっこいいシーンも増やせるじゃない?

衣装はとても綺麗でしたよ。
でも、バサッとかっこよくマントを翻すシーンも少なくて、柚香光&マントの無駄遣い。




ポンペイアが自殺した理由がわからない…

なぜポンペイアは、死んでしまったのでしょうか?

事前に、ルサンクに載っていた脚本を読みました。
その時点で、「ポンペイアが何故自殺したのか、ハッキリしないな。わかりにくいな」と感じていました。

カエサルが殺された夜に、なぜポンペイアは自殺したのか!?

実際にライブ配信で確認してみたのですが、やっぱりよく分からなかった…
「憎しみを捨てるために自殺した」ともとれる台詞がありますが、ウーン???

何度も劇場で観た方が「台詞をよく聞いてればストーリーがわかる」と言っていたんですが、台詞だけでなく、もっと状況で分かりやすくしてほしい!
文章の意味だけで伝えようとするなら、「小説でいいじゃん」ってなるし。
これは舞台だもの…。

正直言って、説明不足感は否めませんでした
“キャラクターに感情移入できない”って、こういうことを言うのだろうか…?

結局、なぜポンペイアがわざわざ死んだのか理由が分からなかったので、盛り上がりにも欠けるという印象でした。
誰か、ポンペイアの心情がわかる人がいたら、コメント欄かTwitterで教えて!

アントニウス&クレオパトラのほうが主役っぽい

これは当然かもしれませんが、アントニウス&クレオパトラのほうが主役っぽいです!

これまで、創作物の主役になることの多かったアントニウス&クレオパトラ。
この2人のストーリーはとてもドラマティックです。
『アウグストゥス-尊厳ある者-』でも、この2人はとても目立っていました。

それと比べると、やはり、オクタヴィウスは存在感が薄い!!

血筋だけでスッと良い地位に上げられて、気づいたら皇帝になってる人です。
今までの作家たちが、オクタヴィウスを主役にしなかった理由がわかる気がします。

おまけにオクタヴィウスは「剣を抜いたら本当は強いしカッコイイの!切れ者なの!」的な描かれ方もしていないので、男役らしい魅力がゼロなんですよね。
それならまだ、悲劇でもいいから、アントニウスのほうを主役にした方がよかったのでは…。

瀬戸かずやさんの退団公演でもあるので、アントニウスが目立つこと自体はいいんですけど、役の比重のバランスがおかしいと感じました。



唐突なキャラソン!?主人公サイドの描かれ方が雑

アントニウス&クレオパトラのお話が目立つのと比較すると、主人公サイドのお話は、描かれ方が雑だと感じました。

オクタヴィウスの描かれ方、ポンペイアの意味不明な心情…。

それに加えて、「アグリッパの唐突な友情ソング」がね。
あれはちょっと酷い。

水美舞斗さんのラジオでの発言によれば、アグリッパの台詞が結構削られたらしいのですが…。
そのせいでしょうか?
銀橋での「友よ」ソングが、とても唐突で、浮いていたんです。

この歌だけすごく明るい曲調(アニメのキャラソンっぽい)なのもあって、「急に何だ!?」と言う感じ。

アグリッパとオクタヴィウスの友情は、お芝居の中では特別に強調されていたわけでもないので、すごく違和感がありました。
この2人が仲良しだったという史実は知っているけど、それをお芝居の中でもっとしっかり描いてほしかったよー。

残念なところも多かったアウグストゥス

『アウグストゥス-尊厳ある者-』は、キャッチーな曲が少ないのも残念でした。
曲数は結構あったと思うんですが、凪七瑠海さんが3曲くらい歌ってなかった?
このあたりのバランスも。。。ううん。。。

まぁでも、死ぬほどつまらないお芝居だと思って見始めたので、感想としては「思ったよりは面白かった」でした。
できれば「面白かった!感動した!」レベルのお芝居が見たかったけど、新作まみれの宝塚ですから、全部が面白作品とも限らないのよね。

とにかくビジュアルはいいです。
ビジュアルだけでも見る価値はあります。

客席で眠りこけることはなさそうなので(多分)、無事に東京に遠征できたらいいなーと思います。










バナー素材 - 縮小

D2435292-D379-4695-96E9-D94E93272661



このページのトップヘ