Flower Cage|カリーナの宝塚依存症ブログ

カリーナによる宝塚偏愛ブログ。個人的な感想や考察を、独断と偏見で綴っていきます。ちょっと辛口気味。

タグ:冴月瑠那

スカステ生放送

こんにちは、カリーナです。

とっても嬉しいニュース!
5月10日の花組公演(千秋楽)のフィナーレ・サヨナラショー・退団者挨拶を、スカステで生放送します!!

トップ娘役の華優希さん、2番手の瀬戸かずやさん達が退団するというのに、公演はコロナのせいで中止に…。
なんとか無観客でのライブ配信は決定しましたが、それだけだと物足りない感じでした。

スカステで生放送となれば、もっと大勢のファンの皆さんに見てもらえますよね!

スカステなら、録画もできるよ





詳しくは宝塚公式のお知らせ&スカステ公式Twitterを!





ライブ配信はもちろん見ますけど、スカステも見る!

スカステのほうは、合法で録画もできますから、嬉しい~
(※楽天TVとかの配信は、勝手に撮ったらダメよ。規約違反だよ)



まだスカステに入っていない人は、この機会にぜひスカステに入ってね!
…という、劇団の声が聞こえた気がした


5月10日が待ち遠しいです



大好きな彼と結婚したい!古代中国の【縁結び術】とは?




zense_v2



クールビースト

こんにちは、カリーナです。

3月16日のタカニュで、花組のラテンショー『Cool Beast!!』の内容が少しだけ判明しました。

柚香光さんと高翔みず希さんによれば…

・れい華で念願の裸足デュエダン!
・柚香光が女役?で瀬戸かずやにリフトされる!
・お肉を取り合う「オオカミ」たち!
・95期2人でダンスバトル!
・尻尾をつけてフリフリ!?

何だこれは…!柚香光祭りじゃん
めちゃくちゃ観たいんですけど!!




見所①柚香光ワクワク!れい華で裸足デュエダン

柚香光さんといえば、「裸足で踊りたい」願望が強すぎることで有名です。

『DANCE OLYMPIA』で、ついにその願いが叶いましたが…。
なんと『Cool Beast!!』でも、裸足で踊るシーンがあるそうです!

しかも今回はデュエダン♡
柚香光さん&華優希さんが裸足で踊ります

このことを語っている時の柚香さん、テンション上がりすぎててちょっと挙動不審だった
可愛い

見所②柚香光が女装?瀬戸かずやにリフトされる!

柚香さんいわく「レオタード」。
たぶん、“女装で踊るので、練習着がレオタード”という意味だと思うのですが。

で、レオタードでね、瀬戸かずやさんにリフトしてもらうんですって!
女装でリフトされるだなんて…期待するしかない!!

コーナー内で「リフトで乗るのも好き」って言ってましたけど、そういえば柚香さんって、女装の男役をリフトすることはあっても、自分が女装でリフトされたことって無かったような???
あったっけ?

※タカスペで朝美絢さん(女装)をぐるぐるリフトしてた。
男装の男役をそのままリフトしたこともあったはず。(明日海りおさん)




見所③お肉を取り合う!ポルノグラフィティの「狼」

なんと、オオカミたちが「お肉を取り合う」シーンもあるそうです!

なんだこれ、めっちゃ柚香光~!!

白米もいります?(笑)

ここで使われる曲は、ポルノグラフィティの『狼』という曲。
知らない曲だったのでちょっと聴いてきましたが、めっちゃテンション上がるわ!

狼
Sony Music Labels Inc.
2014-04-01


ポルノグラフィティの曲といえば「アゲハ蝶」がとても有名ですが、そのシングルCDに収録されているラテンナンバーだそうです!


見所④柚香光&水美舞斗でダンスバトル!

で、お肉を取り合う流れで?
柚香光さん&水美舞斗さんのダンスバトルに!!

私個人は、そこまでダンスバトルは好きではないのですが
でも、ここもテンション上がるんだろうなぁ~。

見所⑤まるでワンコ♡尻尾もつけるよ

あんまり話題になってませんでしたが、個人的には「尻尾をつけてフリフリする」というところが気になりました!

ショーのテーマが分かった時、「ビーストだから、尻尾つけたりして」と勝手に思っていたんですが、本当に付けちゃうんだ!!

そして柚香光さんは、ファンからよく「大型犬の子犬っぽい」と言われています。
(本人がフォトブでも言ってました!)
ご機嫌なときに、尻尾を振りまくるワンコ

本当に尻尾を振りまくるワンコが、ショーで拝めるのね
野獣ワンコなトップスター、いいじゃない!

(多分、娘役さんの話だったので、男役に尻尾なかったらゴメンね…)


*****

90期の瀬戸かずやさん&冴月瑠那さんも、2人でバリバリ踊るそうです!
同期だし、2人とも退団なので、とても大きな見せ場になっていそうですね。


よーしコロナ、このまま減り続けてくれ。
そうすれば私は無事に遠征できる(多分)。

今度こそ、絶対に見に行くからっ!
あー楽しみ


同じコーナーでアウグストゥスの話もしていたけど、そっちは見せ場がよく分からなかった…





ra-men02


華優希

こんにちは、カリーナです。

華優希さんのミュージックサロン&瀬戸かずやさんのディナーショーの、出演者が決定しました!

どうしよう、配信あったら観ようかな♪



華優希ミュージックサロン出演者

華優希さんのミュージックサロン『華詩集』の出演者情報。



<出演者>
(花組)華 優希
峰果 とわ、帆純 まひろ、一之瀬 航季  


帆純まひろさんは、華優希さんと仲良いんでしたっけ?
「歌劇」とかで、そんな印象があったので。

同期からは一之瀬航季さんが出演します!


瀬戸かずやディナーショー出演者

瀬戸かずやさんのディナーショー『Gracias!!』の出演者情報。




<出演者>
(花組)瀬戸 かずや
冴月 瑠那、和海 しょう、優波 慧、飛龍 つかさ  

同期のるなさん!
るなさん!るなさん!!(※カリーナは、るなさんが好き)

和海しょうさん、飛龍つかささんは、花組の中でも特別な歌ウマですね。
声の圧が凄そう。

配信見たいなぁ

両方の出演者がハッキリわかって、「配信見たい!」と思いました!
あるよね?配信。

しばらくの間、あまりにも多忙なもので、観れない時間帯かもしれないけど
観れたら観ると思います。







himawari_1


冴月瑠那

こんにちは、カリーナです。

花組の退団者が発表になりました。
退団発表済みの華優希さんを除くと、追加で5名です。2021年7月4日付で退団予定。

瀬戸かずやさんは、予想の範囲内。
あまりショックはありません。

大ショックなのが、花組副組長・冴月瑠那さんの退団!
るなさん、柚香光さんの次に好きなジェンヌさんだったのに~!!!
(突然の大告白)

退団者のメンバーが意外で、全く心の準備ができていませんでした。
あ゛ーショック…しばらく立ち直れない。




花組の退団者についての詳細は、公式のお知らせをどうぞ。



瀬戸かずやさん&冴月瑠那さんは2人とも90期です。
もしかしてこれで、90期男役は全員いなくなってしまう…?


瀬戸かずやさんは、2番手切りみたいになっちゃってますが、誰も今から「あきらがトップになる」とは思ってなかったと思うんです。
様々な理由があって、一時的に2番手だったのでしょう。
次の2番手が誰になるのかが不明ですが。

※瀬戸かずやさん、DSやります。





花組副組長・冴月瑠那さんも退団!
「絶対に退団しないだろう」と何故か信じ切ってましたが、まさかのアウグストゥスで退団なの

これは遠征民でも、ホテルとって数回観ないとダメなやつでは…???
(※1つ前の配役記事にも書いたけど、カリーナは冴月瑠那さん大好きなのです)

ウワーン、どうして花組の副組長、いつもすぐ辞めてしまうん…?
おまけに、女役で退団だし。
田淵先生…何故ですか…?






美花梨乃さんは、花組の綺麗なお姉さん枠で、今後も活躍して欲しかった。
大好きな娘役さんだったけど、もう良い意味での辞め時だったのかなぁ。

更紗那知さん、澄月菜音さんも…最近、少しずつ存在感が増してきていたのに



ああ、どんどん花組から魅力的なジェンヌさんがいなくなってしまう
悲しい…悲しすぎる…



アウグストゥスは、贔屓そっちのけで冴月瑠那さんばっかり見ちゃいそう。すいません。
でもゴメン、やっぱりバリバリかっこいい柚香光さんも観たいです。どっちも本心~!!
コロナ禍だけど、ぜひとも数回観たい!!!



新しい花組副組長は、宙組から組替えとなる美風舞良さんです。


さすがにまだ早かったのか?鞠花ゆめさんではなかった。


るなさんのいない花組…。るなさんの出ないスカステ…。
贔屓組が変わってしまいそうなほどショックです。
だって私、いつもブログ以外(オフライン)だと、るなさんの話ばっかりしてるもん(意外な事実?)。
柚香光さんの話題と半々くらいだから、相当ですよ。


★冴月瑠那さん関連記事





↓水美舞斗さんについて語る、冴月瑠那さんの記事が載ってる。

シアターガイド 2018年 06 月号 [雑誌]
モーニング・デスク
2018-05-02



個人的には意外すぎた、花組退団者の皆さん。

ちょっと…これは…
どう消化すればわからない悲しみと寂しさですね…。
体調悪くなってきた。吐きそう。吐く。







PRINCE OF ROSES-王冠に導かれし男-

こんにちは、カリーナです。

花組公演 『PRINCE OF ROSES-王冠に導かれし男-』の配役が発表になりましたね。

貴族だらけだし、名前が似てるのばっかりだし、配役を見ても「???」という人も多いのではないでしょうか?

おまけに、歴史上のアレコレの事情で、ヒロイン不在です。
その理由は後述します。

この記事では、簡単に「この役はこんな人!」という解説をしたいと思います。
…とは言っても、私は歴史の専門家ではないので、あくまで参考程度にお願いします




花組『PRINCE OF ROSES-王冠に導かれし男-』配役決定

聖乃あすか主演『PRINCE OF ROSES-王冠に導かれし男-』のキャストは、こちらから確認できます。




まさかのヒロイン不在!?

確かに登場人物を見ると、聖乃あすかさん演じるヘンリー・テューダーの、奥さんの名前がありません。
この奥さんとは、ラブロマンス的な経緯が特になく、政略結婚だったようです。
そのため、ヒロイン不在で、本格的な歴史モノになるのかも!

2番手は、グロスター公(優波慧)でしょうか?

ただでさえよく分からない配役一覧なのに、さらによく分からなくなってきたぞ。


薔薇戦争について超ザックリ解説してみる

『PRINCE OF ROSES-王冠に導かれし男-』は、15世紀イングランドで起こった、王冠の取り合い戦争である“薔薇戦争”を描いた作品になるようです。

ランカスター家が赤薔薇、ヨーク家が白薔薇を紋章にしていたので、薔薇戦争と呼ばれています。
王座の取り合いなので、王様がコロコロ変わります!!

ランカスター家とヨーク家の争いですが、それ以外の貴族たちも大勢登場。

同姓同名が多いし、名字がバラバラで分かりにくいけど、予習していけば多分慣れる…!




登場人物についてザックリ解説!メインから脇役まで

配役一覧を見て、「何だこれ!?」となってしまった人向けの、超ザックリとした解説です。
登場人物について、簡単に説明をつけてみました。

※この時代は、父子で同姓同名だったりするので、もし間違ってたらゴメンね!


◆ヘンリー・テューダー(聖乃あすか)
リッチモンド伯ヘンリー・テューダー。
創作物とかでは若干マイナーだけど、今作の主役。
ランカスター家の血を引き、薔薇戦争で最終的に勝利し、テューダー朝を開いた人。
のちのヘンリー7世。


◆グロスター公(優波慧)
いわゆる“リチャード3世”、グロスター公リチャード。
おそらく薔薇戦争の創作物などでは、一番くらいに有名。
史実では「せむし」というハンデがあったが、宝塚では設定変更されそう。
一度は王になるが、リッチモンド伯ヘンリー・テューダー(聖乃)との闘いで戦死する。


◆ヘンリー・スタッフォード(希波らいと)
バッキンガム公。
ヘンリーさんが多いので、「バッキンガムさん」と覚えたほうがいい人。
グロスター公の腹心。
グロスター公を王にするために暗躍しまくった。


◆ケイツビー(峰果とわ)
グロスター公の腹心。
ヘイスティングス卿の部下っぽい立ち位置の時もあったらしい。


◆エドワード4世(羽立光来)
グロスター公の兄。
当時の王であるヘンリー6世を捕らえ、自分が王になったが、若くして急死する。
とにかく女好きで、王妃エリザベス・ウッドヴィルとの結婚前に、別の女性とも勝手に婚約していた。
その言動が災いして、彼の死後に大きな動きがあり、グロスター公が王となった(詳しくは後述)。


◆ヘイスティングス卿(冴月瑠那)
グロスター公の兄、エドワード4世(羽立光来)の腹心っぽい人。
邪魔者のウッドウィル家の排除に成功したものの、グロスター公に見限られて処刑されてしまった。
おそらくイケオジ系。


◆マーガレット・オブ・アンジュー(万里柚美)
ヘンリー6世の王妃。
難病持ちのヘンリー6世の代わりに、政治の実権を握っていた。
ヘンリー6世がロンドン塔に幽閉された後、祖国フランスに送還されて死去した。


◆アン・ネヴィル(美羽愛)
ヘンリー6世の息子(ランカスター家)と結婚したが未亡人となり、その後グロスター公(ヨーク家)と結婚することになった、かなり大変な人。
グロスター公とは、幼いころから親交があった。
最終的に王妃になったが、結核で亡くなった。


◆クラレンス公(愛乃一真)
クラレンス公ジョージ・プランタジネット。
エドワード4世の弟で、グロスター公の兄。
色々あって死ぬ。


◆イザベル(星空美咲)
アン・ネヴィルの姉(妹説も)であり、クラレンス公の妻、イザベル・ネヴィルのことか?
もしかしたら、この作品オリジナルのイザベルさんかもしれない。
「ネヴィル」という名字がついてないのが謎。


◆マーガレット・ボーフォート(春妃うらら)
ヘンリー・テューダー(聖乃)の母親。
13歳の時にヘンリー・テューダーを産んだ。
4回結婚しており、初婚はなんと7歳の時!
4人目の夫はトマス・スタンリー。


◆トマス・スタンリー(一之瀬航季)
◆ウィリアム・スタンリー(芹尚英)
ヘンリー・テューダー(聖乃)の親族。
日和見主義で、ランカスター派とヨーク派の両方と繋がりを持っていた。
この2人は兄弟で、トマスが兄、ウィリアムが弟。

トマス・スタンリーは、ヘンリー・テューダーの母親が再婚したため、ヘンリーの継父にあたる。



◆セシリー・ネヴィル(真鳳つぐみ)
エドワード4世と、クラレンス公、グロスター公(リチャード3世)の母親。
この3人は兄弟なのだ!





キーパーソン!?スゴツヨ王妃エリザベス・ウッドウィルとその周囲


エリザベス・ウッドウィルは、エドワード4世の王妃です。
この人の周囲が、色々と凄いので、見出しを分けちゃいました!


◆エリザベス・ウッドヴィル(華雅りりか)
超したたかな、エドワード4世の王妃。スゴツヨ。

はじめはランカスター派のジョン・グレイと結婚し、2人の子供をもうけた。
しかしジョン・グレイの戦死後、色々あってエドワード4世に近づいたところ、なんと気に入られてしまい、未亡人からヨーク家の王妃に!そいつ、旦那を殺した家の男やで

結婚後に子供を10人産むだけでなく、自分の親族をどんどん王宮に呼び寄せ、権力を持つ。

しかしエドワード4世が、前述のとおり他の女とも婚約していたため、重婚扱い(=結婚は無効)となり、王妃ではなくなってしまう。
(そのため、王子たちは庶子扱いになり、グロスター公が王となった)

波乱万丈すぎて全部は書ききれないけど、ピンチに陥ると、寺院や僧院に引きこもりがち。

また、エドワード4世との間に生まれた娘エリザベス・オブ・ヨークは、ヘンリー・テューダー(聖乃)の妻になる。
これは、マーガレット・ボーフォート(春妃うらら)との契約で決まっていた結婚だった!

そのためラブロマンス要素は皆無→ヒロイン不在ということ…みたい。


◆トマス・グレイ(海叶あさひ)
◆リチャード・グレイ(翼杏寿)

エリザベス・ウッドウィルと、最初の夫ジョン・グレイとの間に生まれた子供。
色々あって、たぶんグロスター公に殺される。

貴族だらけで結構面白そう

ザックリ解説とはいえ、頭がこんがらがってしまいそうですよね!

でも、「主役から見て、彼と彼はこんな関係」「グロスター公から見て、彼はこんな人」というように覚えれば、結構覚えられると思います。
歴史が苦手な私でも、ある程度は覚えられたので大丈夫!

なんだか華やかな、素敵な舞台になりそうです!
貴族たちの衣裳が豪華そうですね♡

配信観れたら観たいと思います!


****



聖乃あすかさんのバウのあらすじ・登場人物のことが、漫画で学べます♡
くわしくはコチラの記事をご覧ください↓




★Play.House~好きな音楽を一つにまとめて~




このページのトップヘ