Flower Cage|カリーナの宝塚依存症ブログ

カリーナによる宝塚偏愛ブログ。個人的な感想や考察を、独断と偏見で綴っていきます。ちょっと辛口気味。

タグ:夢白あや

リッツホテル


こんにちは、カリーナです。

瑠風輝さんバウ初主演・宙組『リッツ・ホテルくらいに大きなダイヤモンド』。
やっとスカステで録画できたので、感想を書きたいと思います。

脚本・演出が木村信司先生だったので、面白いトンチキなのかな~と期待していましたが…。
つまらないお話の、微妙な舞台でした。。。

原作は、F・スコット・フィッツジェラルド著「The Diamond as Big as the Ritz」で、そもそもこの小説からして駄作っぽい

ヒロインの夢白あやさん、2番手の鷹翔千空さんについても感想を書いていきます!
私が特に注目してしまったのは、夢白あやさん

ストーリーは面白くない感じでしたが、実力派のジェンヌさんが多いな~と思いました


【以下、ネタバレあります】



『リッツ・ホテルくらいに大きなダイヤモンド』は奇抜すぎてつまらない

『リッツ・ホテルくらいに大きなダイヤモンド』は、キムシンなので、とっても期待していたんです!
でも期待値が高すぎたのか、奇抜すぎるからなのか、「つまらない」と感じてしまいました…。

幕が開いてすぐ、「アメリカは凄い」的なアメリカ称賛ソング。
このあたりは「あっ、期待通りのキムシンだわ」という感じ。

しかし肝心の中身が、思ったよりも面白くなかったのです。

あらすじとしては…
【ジョン(瑠風輝)が、友人のパーシー(鷹翔千空)の邸宅に招かれ、妹のキスミン(夢白あや)に出会う。しかしその邸宅は巨大なダイヤモンドの中に建っており、おまけに重大な秘密が隠されていて――】というもの。
原作の設定からしてぶっ飛んでるので、ついていけない人はついていけない…。


そもそも、何故毎年、夏に客人を招いてから殺すのか?
理由がよく分かりませんでした。
パーシーの場合は、ジョンに憧れていたから、ひと夏だけでも独占したいと思って招いたようですが…。

家に向かう時の、奇抜なデザインの車は、わりとトンチキで面白いと思いました。
折り紙みたい。


瑠風輝は歌ウマで実力あり!鷹翔千空は芝居に難アリ

「もえこは歌ウマかつ実力派」という評判通り、瑠風輝さん、歌はとてもお上手でした。
身長が高いので、遠目から見た時にいかにもカッコイイ感じ。

しかし、こってぃもそうなんですが、2人とも若干演技が棒っぽい…。

まだ若手だし、緊張しているのもあったかもしれませんが、少しぎこちない感じがしました。
頑張ってセリフを読んでいる感じ、とでも言えばいいのでしょうか?

逆に言えば、棒読みさえ改善してしまえば、お芝居がもっと上手に見えると思います!




夢白あやは可愛いヒロインを熱演♡

夢白あやさんは、白いドレスがとてもよく似合っていて、いかにもヒロインという感じでした!

キスミンは、性格的には、可憐な乙女という感じではなく、初対面の時は少しツンとした感じ。
諸事情あって、ジョンのことを避けています。

金髪のカツラだったのですが、これがとってもお似合いで
かなりヒロイン力がありますね!

歌唱力は低め…という話を聞いていましたが、思ったよりも酷いとは思いませんでした。
(『オーシャンズ11』の新人公演の時は、あまり調子良さそうじゃなかったけど)

フィナーレのデュエダンの夢白あやに釘付け♡

お芝居の中身は、あまり面白いと思えなかったのですが、いつでも観客の期待を裏切らないのがフィナーレです。

群舞もよかったのですが、特に気に入ったのは、瑠風輝さんと夢白あやさんのデュエダン!

夢白あやさんは、噂通りのダンサーっぷりを発揮。
ふわっと軽く持ち上がって、くるくるリフト。
持ち上げる側の技術も必要ですが、持ち上げてもらう側も上手にやらないと、こうはいきませんよね!

夢白あやさんのダンスは、自由に踊っている感じ(悪く言えば雑)と言われることが多いようです。
でも私は、自由な踊り方の人は結構好きですね~。
贔屓の柚香光さんも、感情表現最優先タイプのダンサーだし。


夢白あやさんはもう雪組に組替えになったので、今後花組に組替えになる可能性は低いですが、来てくれたら嬉しい逸材です。
トップスターの相手役ではなくとも、“ダンスの花組”の娘役ダンサーとして活躍してくれそう!
(でも何となく、いずれどこかの組でトップ娘役になるんだろうな)

『リッツ・ホテルくらいに大きなダイヤモンド』は人を選ぶ演目

実際に観劇された方のレポを読んでいると、『リッツ・ホテルくらいに大きなダイヤモンド』を絶賛している人も大勢います。

犠牲の上に成り立っている幸福、楽園の崩壊など…、何度かじっくり見れば、深いテーマが見えてくるのかもしれません。

しかし私は、どうしてもそのあたりが舞台映像を観ていても伝わってこず、「伝わる人にしか伝わらないのかな」と思いました。
あと本当にね、見てて寝そうになるのよ


この作品は、少なくとも私にとってはハズレだったということで。

好きなジェンヌさんが出ているのであれば、一度くらい見てみてもいいかもしれません。





★Play.House~好きな音楽を一つにまとめて~




masa_1


朝月希和

こんにちは、カリーナです。

雪組の次期トップ娘役が、朝月希和さんに決定しました!
ええ~、超意外だし、ビックリ!

雪組次期トップスターは、予想通り、彩風咲奈さん。
でもまさか、相手役がひらめちゃんになるとは少しも予想していませんでした。


ひらめちゃんは、花組に組替えしたばかりなのに、また雪組に戻るんですね。
栄転だからいいけど、わざわざまた雪組に戻すなんて、ちょっとよく分からない。。。


とりあえず、彩風咲奈さん&朝月希和さん、おめでとうございます!




詳しくは宝塚公式のお知らせをどうぞ。








宙組の夢白あやさんも同時に組替えです。
でも、夢白あやさんがトップ娘役なわけではないのね。


96期はもう3人もトップ娘役を出しているから、もう絶対誰も出ないと思っていたのに。
96期って、もう研11でしたっけ。
それでも選ばれるんですね。
あの仙名彩世さんだって研9での就任で遅咲きだったのに、研11は凄すぎ!


ひらめちゃんを花組に一度戻したのは、何だったんでしょうか。
もう花組に完全に戻す予定だったけど、潤花さんが急きょ異動になったから、あわてて雪組に呼び戻した!?
(それとも、永久輝せあさんが花組に慣れるまでの、一時的な話し相手的な???)

うーん、謎は深まるばかり。




ひらめちゃんは歌も踊りも全部平均点以上で、スタイルもいいから、彩風咲奈さんとの並びはとても似合うと思います。
ひらめちゃん、トップ娘役おめでとう







このページのトップヘ