Flower Cage|カリーナの宝塚依存症ブログ

カリーナによる宝塚偏愛ブログ。個人的な感想や考察を、独断と偏見で綴っていきます。ちょっと辛口気味。

タグ:帆純まひろ

銀ちゃんの恋感想

こんにちは、カリーナです。

水美舞斗さん主演、花組公演『銀ちゃんの恋』ライブ配信を観ました!

“令和の銀ちゃん”は、台詞などが一部変わっていましたが、変更箇所があっても面白かったです

銀ちゃんはもちろんですが、小夏とヤス、まわりの人々も、本当に見てて飽きない舞台でした!


ざっくり感想を書いていきます♪




水美舞斗:どこか憎めない銀ちゃんを熱演!

『銀ちゃんの恋』を最初から最後まで通して観たのは、たぶん今回が初めて…!
部分的になら、スカステで何度も見ています。

まず思ったのが、「銀ちゃん、ダメ野郎だな」ってこと。
小夏との間に赤ちゃんができたのに、小夏をヤスに押し付ける!
“~銀ちゃん、本日も反省の色なし~”という副題が思い出されて、「ホントに反省しろよ」と何度も思いました

しかしずーーーっと見てますとね、ただのクズ野郎ではないってことが段々分かってくるんですよ。
よく言われてるけど、「どこか憎めない」ってこういうこと。
何だかんだでヤスとは色々繋がってる…的な!!

ファンならたぶん、「やっぱり真ん中が似合うね!!」と感じるような銀ちゃんに、なっていたのではないでしょうか!?


そもそも台詞とかが変更になっているので、歴代の銀ちゃんと比べる必要はありません。
むしろ私は歴代の銀ちゃんのイメージが特にない(先入観がない)ので、銀ちゃんは普通に好きだな~と思いました。

普段よりも声が少しハスキーな気がしましたが、連日の熱演のせいでしょう。



星空美咲:研3とは思えぬ貫禄で演じきった!

ヒロインの小夏は、まだ研3の星空美咲さん。
驚きの貫禄です。緊張しないのかな!?

星空美咲さんは、最初見たときに「愛希れいかさんに似た顔だな~」と思っていましたが、ナウオンを見て「舞空瞳さんっぽさもあるな…」と感じて…。
今日の配信を観た感想は、「ちゃぴ似で、なこちゃん風味だな」でした。
どっちにも似てる!!

得意分野は、歌…だよね!?
歌唱力はかなり高めで、歌が上手な娘役さんだな~と。

演技力は、まだまだ発展途上という感じ。
でも、下手ではありません。
初台詞が、聖乃あすかさんのバウホール公演だったそうですから、経験値が足りないだけです。

今後に期待






飛龍つかさ:誰もが期待した通りのヤスだった!

飛龍つかささんのヤス!

演目が発表された時、誰もが「ヤスはつかさだよね?」と言っていました。

配役が発表されると、本当にヤス役はつかさで、私なんぞは「もう、つかさのヤスは見たような気がする」とまで思ってしまっていました。
(似たような人、SNSにも多数いましたね)


飛龍つかささんは、音高時代から、演技に自信があったらしいです。
同期と宝塚GRAPHかなにかで対談したとき、「演技の授業でつかさはスゴかった、全力だった」的なエピソードを読みました。

ファンの多くが「ヤスはつかさしかいない」と感じていて、その声はたぶん本人にも届いていたはず!
その影響もあってか、全力投球のヤスでした!!

最後の階段落ちはスゴかったけど…あれは本当に落ちてるのかな!?
歴代のヤスとは、落ち方が明らかに違う気がしました。


帆純まひろ:橘の左目ウィンクいただきました♡

橘を演じるのは、花組の美形軍団のうちの1人(と私が勝手に認定した)、帆純まひろさん!

つい先日、タカニュで「左目でウィンクはあまりしない」と言っていましたが、今日はばっちり左目ウィンクでしたよ!?!?

坂本龍馬の衣装がめっちゃ似合ってました!

あと、すごい悪役とまではいかないですが、イヤ~な感じの台詞があって。
でも、ああいうのが似合うんですよね


変更点など、その他こまごまとしたこと

その他、気になったことなど。

・妊婦の小夏を蹴るシーンは、カット。
・もやしは、食べられない小道具。(昔は実際に食べていたはず)

・カテコで、カメラの前に高身長の女性がいて、画面の一部が映らないというアクシデント
美風舞良さんが冗談で土下座?したところ、映ってませんでした!
観客の女性に罪はありません…運が悪かっただけです…


カテコでは、金色のテープがパーンって
そのテープの束をね、水美舞斗さんが、ヤス&小夏の首にそれぞれかけてあげて、2人お揃いにしてくれたのです


千秋楽、とっても盛り上がりました!
完走おめでとうございます



さて…12日は全ツの配信です…!











銀ちゃんの恋配役2021

こんにちは、カリーナです。

花組『銀ちゃんの恋』その他配役が、ようやく出ました♪

なんとなく思っていた通りだった!




配役は公式をご覧ください。




橘:帆純まひろ
マコト:翼杏寿
ジミー:侑輝大弥
朋子:都姫ここ
芸者:愛蘭みこ

気になったのはこのあたりかな~。
(※翼杏寿さんはマイティ、愛蘭みこさんは柚香光さんのお手伝いの子だよ!)



配信観たくなってくるな…(フラグ)




大好きな彼と結婚したい!古代中国の【縁結び術】とは?





tasukusama_1


華優希

こんにちは、カリーナです。

華優希さんのミュージックサロン&瀬戸かずやさんのディナーショーの、出演者が決定しました!

どうしよう、配信あったら観ようかな♪



華優希ミュージックサロン出演者

華優希さんのミュージックサロン『華詩集』の出演者情報。



<出演者>
(花組)華 優希
峰果 とわ、帆純 まひろ、一之瀬 航季  


帆純まひろさんは、華優希さんと仲良いんでしたっけ?
「歌劇」とかで、そんな印象があったので。

同期からは一之瀬航季さんが出演します!


瀬戸かずやディナーショー出演者

瀬戸かずやさんのディナーショー『Gracias!!』の出演者情報。




<出演者>
(花組)瀬戸 かずや
冴月 瑠那、和海 しょう、優波 慧、飛龍 つかさ  

同期のるなさん!
るなさん!るなさん!!(※カリーナは、るなさんが好き)

和海しょうさん、飛龍つかささんは、花組の中でも特別な歌ウマですね。
声の圧が凄そう。

配信見たいなぁ

両方の出演者がハッキリわかって、「配信見たい!」と思いました!
あるよね?配信。

しばらくの間、あまりにも多忙なもので、観れない時間帯かもしれないけど
観れたら観ると思います。







himawari_1


宝塚トンチキ

こんにちは、カリーナです。

宝塚といえば、たまに出てくるトンチキ作品を語らないわけにはいかない!

「これは駄作…?」と思えるようなトンデモ演出やストーリーの演目だと、トンチキ認定されるようです。(迷作、珍作とも言う)

ぶっ飛んでいて笑えるトンチキ作品は、宝塚らしいとは言いがたいかもしれませんが、一部の人のツボにはグサッと刺さります。

と言うことで、個人的にとても気に入っている演目や、あまりにも有名な宝塚のトンチキ作品を、それぞれご紹介します




宝塚のトンチキ作品①『蘭陵王—美しすぎる武将—』

凪七瑠海さん主演『蘭陵王—美しすぎる武将—』 は、私が一番好きなトンチキ作品です。

トンチキと言えば、木村信司先生!
『蘭陵王』はキムシン渾身の、面白トンチキの傑作だと思います。

印象的なキャッチコピーである『美しかったが、悪いか』が、そのまま劇中の台詞になってるのもトンチキ。

もはや第二のヒロインといってもいいのが、絵にかいたようなオカマちゃん皇太子・高緯(瀬戸かずや)。
とにかく見てくれ、存在そのものがトンチキの一言だ!(語彙力)
キムシン特有の面白い歌詞、無駄に覚えやすいメロディの迷曲ぞろいでクセになります。
ざっぱーん、ぶくぶくぶく~。


どういう反応をすればいいのか未だにわからないのが、セルフロデオ(※馬は動かないので人の方が動く)。
「蘭陵王!蘭陵王!」という謎称賛コールも、凄いタイミングでぶっこんできます。

あとは、超シリアスなシーンで突然オネエ言葉になるあの人とか…。
ツッコミ不在でそのまま死ぬのもスゴイ。

「光るヌンチャク」は伝説。


衣装がほぼ新調で豪華絢爛。
個性的でインパクトある登場人物も素晴らしい作品です!!!




あまりにも好きすぎて、真面目な考察記事まで書いてしまった。
コメント欄も必見。↓




宝塚のトンチキ作品②『CAPTAIN NEMO』(キャプテン ネモ)

彩風咲奈さん主演『CAPTAIN NEMO』(キャプテン ネモ)は、宝塚を代表するトンチキ作品といっても過言ではありません。
トンチキ系の話題になると、必ず名前が上がるほどのトンチキ作品。

この演目を見ると、「マトカ」と言う単語が頭から離れなくなります。
※マトカ…島の名前。登場人物たちがここに流れ着く。

各シーンごとに「これはどういうことだ…」「えっ!?!?」ってなります。

ネモ船長や周囲の人々が、一体何をどうしたいのか、全く理解できません。
宇宙から変な電波を受信してるような気持ちになります…。

ポスターの彩風咲奈さんはとても綺麗で、ポスカ買っちゃうくらいだったんですが。
内容は見事なトンチキです。



宝塚のトンチキを愛せよ

トンチキ作品って、正統派の名作とかではないので、「駄作だ!」「珍作すぎてついていけない」と言われることもしばしば。

しかし、
駄作=トンチキ、ではないのです。

人によって感じ方は違うと思いますが、一見すると駄作臭がするのに、見ていると思わずフフッと笑ってしまうのが、トンチキ作品だと思います。
(おそらく正確な定義はない)

宝塚のトンチキは、今後も生まれ続けるでしょう。
面白いトンチキ作品が、今後も生まれることを、ちょっぴり期待しております。

(できれば、分かりやすい名作の方がいいですけどね!)








柚香光

こんにちは、カリーナです。

花組公演『はいからさんが通る』、東京の観劇レポ&感想の番外編!
レポ&感想⑤の更新よりも先に、番外編のほうを先にアップしちゃいます。
(というか、観劇してからかなり時間たっちゃった

今回は、日比谷シャンテで展示されていた衣裳&小道具の写真です!
とっても素敵でした~




日比谷シャンテに、柚香光さん&華優希さんの衣裳が展示されていました

こちらは去年のタカスペの衣裳。
12月にスカステで放送されますね~。

IMG_2162

キラキラまぶしかった!
超カッコいいですね


IMG_2163

いつも思うんですが、娘役さんの衣裳の時、もうちょいカワイイ感じのマネキンにできないのかな。
マネキンが男性にしか見えなくて



こちらは『DANCE OLYMPIA』の衣裳。

IMG_2170


すっごく細かい…!!

ダンオリ上演中に、この衣裳が明日海りおさんの衣裳の使い回し説があったんですが、細部がまったく違うので別物だと思います。多分…。



IMG_2169


娘役さんの衣装って、どれも細すぎません???
展示用に、本当のサイズよりも細くしているのか…?
ウエストが異常な細さだと思います…。



IMG_2173


こちらはちょっと離れたところに展示してあった、『シャルム!』の時のシャンシャン。
私は確認できなかったんですが、帆純まひろさんの名前が書いてあるそうです!
どの角度から見ればよかったんだろ…。




あまり長居しなかったので、写真の枚数少ないです。
とりあえず「こんな感じでしたよ」ということで。

次回はレポ&感想⑤です!







mupan

005b


このページのトップヘ