Flower Cage|カリーナの宝塚依存症ブログ

カリーナによる宝塚偏愛ブログ。個人的な感想や考察を、独断と偏見で綴っていきます。ちょっと辛口気味。

タグ:星組

柚香光

こんにちは、カリーナです。

最近Twitter等で、「インスタで、宝塚の○○さんを知って、ヅカにハマりました!」というご新規さんをよく見かけます。

テレビに雑誌にSNS…。
世の中には様々なメディアがありますが、今の時代に強力な力を持ち始めたのは、やはりSNSですね。

ぶっちゃけ、メディアは何でもいいんですけど、
“映像映え”や“写真映え”するジェンヌがいると、ご新規さんホイホイになるのは間違いないと思います!


私の体感では、柚香光さんや朝美絢さんは、入り口となる美形ジェンヌの筆頭です



ビジュアルって大事!「入口」がないと新規ファンは増えない!

今まで宝塚とは無縁だったあなたが、宝塚にハマったキッカケは、何でしたか?

人により理由は様々だと思いますが、

『SNSで○○さんの写真を見かけたから』
『テレビで○○さんを見かけて一目惚れ』

最近は、こういうご新規さんも多いですよね。

最近増えてきたこういう新規ファンの特徴は、“容姿にビビッと来た”というハマり方をしている、というところです。
まぁ、写真メインのSNSだと、歌やダンスより、まずはビジュアルですよね。

宝塚をまだ知らない人に、SNSに山ほど並ぶ写真・広告の中から、宝塚のジェンヌを気にしてもらう…。
こういう状況を作るには、ビビッと来るほどのインパクトを持った、美形ジェンヌが必要なのです!


歌やダンスの話は、無事ハマって頂いた後に議論なさればよろしい。今はそんな話はしてない。


SNS映えする美形ジェンヌ①朝美絢

朝美絢さんといえば、2019年のFNS歌謡祭で「黒髪の人」として、Twitterでトレンド入り!
宝塚歌劇団の公式HPにアクセスが集中し、サーバーダウンするというアクシデントも

一般ウケもいいタイプの、テレビ映え抜群の美形なので、多くの新規ファン獲得のきっかけとなりました。

テレビがきっかけでバズッた後は、様々なSNSにも、写真が沢山アップされるようになりました。
(当時はコロナ禍前で、入り出があったので、入り出写真もとても人気がありました)

つまり、
テレビ→SNSの順番で、両方で映えたわけですね。





SNS映えする美形ジェンヌ②柚香光

花組トップスターの柚香光さんは、どちらかというと写真映え特化だと思います。
というか、動画よりも、写真の方が圧倒的に沢山出回っている…。


以下は、私が実際にTwitterで見かけた「柚香光さんにハマったきっかけ」です。

・インスタグラムによく出てくるJOSEPHの広告(これがかなり割合多そう)
・電車内や駅にも貼り出されたチャコット・コスメティクスの広告(見かける人が多かった?)
・本屋でたまたま見かけた『宝塚GRAPH』の表紙(目立つものね…!)


柚香光さんは、モデルが本業に見えてもおかしくないほど、写真写りがいいんですよね!
ポージングのセンスも神!!

でっかい広告が駅に貼りだされたら、当然目を惹く(美しいのは当たり前)。
宝塚GRAPHの表紙だけでも目立つんですから、とにかくインパクトは絶大なのだと思う。

※個性的な顔立ちなので、好き嫌いは分かれると思うよ。でも、影響力があるのは間違いない。


今後もビジュアル最強ジェンヌは必要!

「宝塚の新規ファンをゲットするには、どうすればいいのか?」

そのやり方は色々ありますが、まずはとにかくビジュアル大事…!
だって新規ファンって、SNSやテレビなどに、美形ジェンヌが出たときにドカッと増える印象なんだもの。

顔重視でなくてもいいです。
映像なら、長い手足などの超絶スタイルが、とても映えるでしょう。

とにかく最初は、興味を持たせるのが大切です。
「キラキラしたスタイリッシュな美形が、宝塚にはいっぱいいるよ」って。

で、ハマった後に、さらに自分の好みに合ったジェンヌを見つけて、贔屓にしてもらえばいいんです。
贔屓にするのは、入口となったジェンヌさんでなくてもいいのよ。


*****


ちなみに私は、花組ファンになったきっかけは明日海りおさんなんだけど、

明日海りおさんの円盤やエッセイ等を読んでいるうちに、「望海風斗さんも素敵!」「…柚香光さん…?何だろ…私の苦手要素が詰まってるけど…なんか気になる…」ってなって、今に至ります。
※実は柚香さん、当時はワンコ系で、すごく苦手意識があったの


明日海りおさんも、フェアリーな美形で、“映える”系だもんね。
円盤のジャケット写真も、エッセイの表紙も美しかったわね。


いつの時代も、“映像映え”や“写真映え”する美形ジェンヌは、入り口になりやすいのです。
今後はより一層、SNS映えの重要性は高まっていくでしょう。



※現在一時的に、コメント受付を停止中です。




霊感開発


礼真琴

こんにちは、カリーナです。

先日書いた記事が、閲覧者数3万を突破しました。スゴイ!

拍手(賛同)の数も、1700を超えました。
皆さんも同じことを思っていたんですね!
だって、全部完璧なジェンヌなんていないのですから。


しかし、図星を突かれたからか?
ひどい中傷コメントも沢山つきました。

中でもあり得ないと思ったのは、
「柚香光が不人気だから、華優希&瀬戸かずやの退団公演のチケがあまり売れなかった」というコメントです。

あの頃は、劇場を閉めなければならないほどの酷い状況で、コロナ禍のせいでチケットが売れなかったのは明白です。

花組は、ムラ千秋楽すらも無観客となり、みんなが悲しい思いをしたのに…。
その公演のことすら、見境なしに「柚香光が不人気なせい」と叩く。
当時の退団者のことも、不人気って言いたいのか?


星組ファンって、私が思っていた通り、やっぱり常識ないんですね!
下品すぎてビックリです!!





一部の方は、ゴミ溜めの5ちゃんねるから来たようです。
とても酷い柚香光叩きコメントも多く、「そのうち逮捕されそうだなー」と思って読んでいました。


コメント欄が荒れたのは、こちらの記事。


ここにコピペしきれないほど、ひどいコメントが数十もついています。
うわー、宝塚って、民度が低い~~!!



柚香光さんを不人気扱いしたいがために、ウソの情報を書いている人もいます。

そこまでして、柚香さんの評判を落としたいのは何故?
柚香さんの美しさや人気に、嫉妬してるから?



そして「礼真琴の弁護士に言いつけてやる」などという脅しコメントも書かれていましたが、
私が書いた内容って、『衣装の着こなしが微妙』というような、役者に対しての批評であって、
『不人気で衣装も着こなせない人はさっさとトップやめろ』みたいな、悪質な悪口とは違うんですよ。
両者の違いは、普通の人にはわかるはずです。


ちなみに、弁護士の方にお伺いしてみたところ、
私が今回書いた記事に関していえば、“批評の範疇に収まっている”ということであり、
明らかな誹謗中傷ではないと思われる、とのことでした。


まぁ、そうですよね~。


柚香光さんのアンチだけが、「歌下手」「不人気」「トップやめろ」と言い続けるのは許されて、
私の“批評”だけが許されないなんて…
そんな不公平は、許されませんよね???





私の記事は、誹謗中傷ではありません。
しかし、コメント欄は違います。
誰が見てもわかるレベルで、柚香光さんへの悪質なバッシングを繰り返しています。


これらのコメントとIPアドレスを元にすれば、柚香さんが彼らを訴えるのは簡単でしょう。


なぜか、私を責める声が多いのだけれど、
ハッキリ言って、
違法に近いのは、このコメント欄や知恵袋や、5ちゃんねるにいる人たちのほうだからね!!


「5ちゃんねるから来ました!」という自己紹介付きのコメントも多いんですよ。
内容が酷すぎて、コメント非公開にしてますが…。
掲示板でも、柚香さんはずーーーっと叩かれているのかな?


↑こういう、無知丸出しのコメントも多いです。。。
VISAガール=花組っていうことすら知らないニワカさんかぁ…。憐れ。


ただの柚香光ファンにすぎない私への攻撃もひどいのだから、柚香光さん本人のところには、どんな酷い手紙が届いているのだろう…。
今時、カミソリレターとか!?
そういう人こそ、さっさと訴えられたらいいと思う。





あ、「星組ファン全員がこんなアンチばかりじゃありません」的なご意見は結構です。
私から見れば、星組ファンの大半は敵です。今さらイメージを変えることはできません。
星組ファンも、オタナリも、全員等しく嫌いです。

綺麗ごとだらけの反論もいりません。



*****



礼真琴さんは、文春にビキニ写真が載った後も、熱心なファンがついてますね。
スキャンダルがあっても、ついてくるファンが大勢いるんだから、礼真琴さんのファンは自信をもって、ご自身の贔屓だけをただただ愛でていてください。


こっちは自分の贔屓しか眼中にないのに、勝手にハエみたいにブンブンまとわりついてきて、視界に入ってきて、超迷惑です。
ネット上の粘着な柚香光アンチ、全員訴えられたらいいのに。


勝手に柚香さんをライバル視して、ネチネチと叩き続けるなんて…礼真琴さんのファンは、そんなに余裕がないんでしょうか!?
柚香さんの人気?あなたの贔屓に無い才能?何かは分からないけど、気になるところがあるから、そうやって気にして、叩くんでしょう。

ご自分の贔屓の欠点ごと愛して、ほかのジェンヌsageをしないで、星組内だけで勝手に礼真琴アゲアゲ崇拝してればいいのに。



持ち味から何から全部違うステキな柚香さんに、いちいち当たらないでください。







※現在一時的に、コメントを受付停止中です。
柚香光さんや、私への誹謗中傷コメントばかりだからです。本当に下品でマナーがなっていませんね。星組ってそういう組なんですね。





礼真琴すごい

こんにちは、カリーナです。

柚香光さんのアンチって、馬鹿の一つ覚えみたいに「礼真琴の方が実力完璧ですごい。柚香光より何でもできる」って言うんですよ。

でも実際は、そんなことないんですよね。ただの過大評価です。

礼真琴さんにも、能力が欠けているところがあります。
男役らしいカッコよさが無いから、男役としては超・致命的です。
ファンは実力派を気取っているけど、他人のことをバカにできるレベルではないよ!


歌や素早いダンスだけが、実力の全てだと思ってるなら、その人は宝塚ファンに向いていない!
タカラジェンヌ、しかも男役なら、男役芸・男役らしい容姿・衣装の着こなし等まで含めて才能&実力です。


柚香光さんは、「男役」としてなら、すごい実力派ですよ~!
いかにも男役らしい恵まれたビジュアル、男役らしいカッコイイ仕草
実際、宝塚ファンから人気もとてもあるし、天才よ。



「ダンスと歌だけが全て」という人は間違っている!

前から思っていたけど、「ダンスと歌ができる人だけが実力者」としか言わない人って、間違っていますよ。
視野が狭すぎて、呆れるわ!

宝塚の男役・娘役は、それぞれ、ダンスや歌以外のところにも才能がないといけないんです。


・男役&娘役らしい仕草や動きができること
・衣装の着こなしが上手にできること
・魅力的な男役&娘役に見えるようにすること
などなど…


わかりやすく言えば、身長がとても高くてシュッとしたタイプの男役は、それだけでいかにも男役っぽい。生まれ持った才能が活かされているタイプ。
もちろん、着こなしなどの努力は必要。才能を持ってるだけじゃダメ。

そして、格好いい男役の仕草ができる人は、ファンをときめかせることができる
観客に、夢を見せてくれる
これも努力&すごい才能です!





礼真琴は完璧ではない!“男役としての格好良さ”が皆無

よく柚香光さんは「歌が下手」と言われまくっているから、あえて私もハッキリ申し上げます。

礼真琴さんは、男役としての格好良さを出すのが、すごく苦手なんだと思います。
スーツや軍服がまったく似合いません。
男役ならではのカッコイイ衣装が、いまだに着こなせていません。

娘役ならともかく、男役には不向きなビジュアル…。

これ、宝塚の男役としては、かなり致命的です。
盲目なファンは気づいていないのか!?
他人の歌声を、とやかく言える立場か!?!?


礼真琴さんは確かに歌えるし、シャカシャカ踊れますけど、ロマンチックな雰囲気のデュエダンも苦手だなと感じます。
やっぱり、男っぽさがないのが原因ですかね…。
女の子同士のバトル・デュエダンに見えてしまう。宝塚なのに、夢見れません。


身長が低め&全身のシルエットが丸いのもその原因のひとつかと思いますが、それは生まれ持った才能が足りなかったということで…。
生まれつきの才能も大切な世界なので、それが容姿であれ何であれ、指摘されても仕方ないよ。(そもそも、最初に欠点を指摘して叩いてきたのは、礼真琴ファンのほうだよ


ファンが「私は歌とダンスが好きだからそれでいいの!」というなら別にいいんですが、

だからといって、「歌ウマの礼真琴のほうが、柚香光よりもすごい」といって叩いても良い、ということにはならないからな。
勘違いしないでよ。


そんなこと言ったら、私は柚香光さんの男役らしいキリッとしたビジュアルや、男役芸のほうが好きだよ。柚香さんの歌は、今のままでいいよ。
あなたたちが、スーツの似合わない礼真琴を愛するのと同じように。


柚香光さんが、何故あんなに人気があるのか、ちょっとは考えてみたらどう?
礼真琴さんも人気あるけど、柚香光さんもグッズ爆売れの人気トップよ。なんで必死に柚香光sageしてるのか、わからない。
柚香さんのビジュアル等にコンプレックスがあるから、先手必勝的な意味で必死に叩いているのかな???





結論:みんな違ってみんないい(そして誰にでも欠点がある)

柚香光さんは、今までさんざん、礼真琴さんのファンに一方的にバカにされてきました。(ただの叩き棒かもしれないけど)

柚香光さんのファンがあまり言い返さなかったのは、ビジュアルのことをハッキリ言いにくかっただけでしょ!!!!!
本当は内心、いくらでも言い返したい言葉はあったんだよ。
柚香光さんの方が優れているところも、魅力的な個性も、才能も、沢山あるんだから!!


私から見れば、礼真琴さんは男役としての才能はそこまでじゃない。
そして何度も言うけど、歌唱力や素早いダンスだけが、ジェンヌに求められるモノではない。

宝塚の男役なら、男役らしさ・格好よさ・夢を見させる才能がなくっちゃ!!


まぁ、礼真琴さんのファンは、男役にそこまで求めない人が大半でしょうけど…。

でも、男役に、男役らしさを求められるのは、私がわざわざ言わなくても当然のことです。
少なくとも私は、男役らしい格好良さが欲しい。


そういうファンもいるんだからさ、
今後、「礼真琴はすごい!礼真琴はなんでもできる」といって、他のジェンヌを叩かないでね。
無知をさらしてて、恥ずかしいよ。
自分の贔屓にも、大きな欠点があるのだと気づきなさい。



「柚香光は歌唱力ガー!」とうるさいアンチはまだ大勢いますが、歌唱力だって男役芸だって、ある程度は生まれ持った才能が必要。
つまり、
柚香光さんにも、礼真琴さんにも、欠けている部分は同様にあるってことなんだよ!!


誰にでも欠点はあるんだから、誰かを叩き棒にするのはやめたほうがいいよ。ホントに。
何もかも完璧なジェンヌなんて、今も昔も存在しない。


そもそも、花組と星組って、カラーが違いすぎて…。
そこのトップ2人の持ち味を比較して、一方的に柚香さんを叩いて、一体何がしたいんだか?


柚香光さんは、モデルもやれる顔&スタイルに、ダンスの才能、少女漫画級のイケメンを演じきる芝居の才能があります。
これでも実力不足って言う人は…見る目無いね!!!!


~コメントをする前に~



柚香光叩きをしていたアンチたちに朗報!
弁護士に相談した結果を、記事にまとめました!!





コメント欄で、柚香光さんや私への悪口を、書きたい放題していた人たち。
もう後悔しても遅い。



※現在一時的に、コメントを受付停止中です。
誹謗中傷コメントばかりだからです。本当に下品でマナーがなっていませんね。星組ってそういう組なんですね。




劇場舞妓

こんにちは、カリーナです。

「舞妓さんは、宝塚歌劇団が招待している」

そんな情報を頂きました。

えっ?
どういうこと!?

客席の前方席にいた、迷惑な舞妓さんが、まさか宝塚の招待客だったなんて…!



前の記事で、私は「舞妓さんは髪型が邪魔なので、劇場に来ないでほしい」と書きました。


その記事のコメント欄で、M様にいただいた情報。コピペします。
舞妓さんは自分の意思で観に来ていませ。
お客さんのお付き合いか、宝塚関係者からご招待がほとんどです。
先日、私もお茶屋さん経由で宝塚側から招待されて舞妓さん芸妓さんを連れて観に行きました。
宝塚の女優さんや関係者はお茶屋のお客さんのことがあり、その繋がりで劇場に招待されたりすることが多いみたいですよ。同じ若い時に厳しい世界で芸に励むため共感し合うと聞きました。とある花街のパーティでも宝塚のOGが何人か来ていたし、花街と宝塚は親しいのだと思います。
これって本当かな!?
でも、そこまで大ハズレでもないような気がする…。

ジェンヌは芸能関係の仕事だし、舞妓さんも芸事をやっているし。
その関係者がお茶屋さんの客だっていうのは、あり得る話。


でもね、やっぱり、舞妓さんの髪型が迷惑なことには変わりないんですよ。
他の観客の迷惑は無視???

せめて観劇時は、髪型を変えるとか…。
舞妓ルックのフル装備で来る必要性がないなら、やめてほしいですね。







ヒーリング自己愛


愛月ひかるお花渡し

こんにちは、カリーナです。

今日は、星組『柳生忍法帖』『モアー・ダンディズム!』 のムラ千秋楽でした!

この公演で退団となる、愛月ひかるさんのサヨナラショーも行われました。
念願の「うたかたの恋」を、白軍服で披露…!
ここだけで泣ける


愛月ひかるさんの、気になるお花渡しは…芹香斗亜さんでした!


宝塚をこよなく愛した“愛ちゃん”。
今日で、ムラでの公演は最後なんですね
寂しい…



愛月ひかるのサヨナラショー!白軍服で「うたかたの恋」披露

愛月ひかるさんのサヨナラショーの写真や内容について、あちこちの新聞記事に掲載されています。








 トップの礼真琴を最も近くで支えてきた愛月は、サヨナラショーを上演。黒燕尾で登場すると、初舞台の「シークレット・ハンター」や、新人公演で初主演した「誰がために鐘は鳴る」、バウ主演作「マノン」など思い出の曲を歌い踊った。さらにずっと希望し続けた念願の演目「うたかたの恋」をルドルフ皇太子の白い軍服姿で、マリー役のトップ娘役・舞空瞳とセリフ付でデュエットし、最後に夢を叶えた。


舞空瞳さんと「うたかたの恋」!
いつかのタカスペでも見た記憶がありますが、あの時は衣装が白軍服ではなかったかな?

「うたかたの恋」は愛月ひかるさんがすごく憧れていた演目だったので、サヨナラショーでもやりたかったのでしょうね。
最後にやれてよかったね…!!

愛月ひかるのお花渡しは芹香斗亜!夢妃杏瑠も

気になるお花渡しは、こんな感じだったようです。

・愛月ひかる→芹香斗亜
・夢妃杏瑠→芹香斗亜
・漣レイラ→華雅りりか

…となっておりまして(退団者が多いので以下省略)


芹香斗亜さんが、なんと2回お花渡しをしたそうで!
こういう前例があったかどうかは、私は分からないのですが。。。
でも、珍しいことは確かなのでは?





愛月ひかるの挨拶の内容

袴姿で、愛月ひかるさんが語った挨拶の内容についてはこちら。

 緑の袴で大階段を降りてくると、礼真琴と、同期生で古巣の宙組スター芹香斗亜から花束を受け取った愛月。「宝塚が私の全てでした。『宝塚が好き』という気持ちと、『宝塚の男役を極めたい』という思いでここまでやってきました」とあいさつ。「男役に完成はありません。東京公演の千秋楽まで、自分の男役像を作り上げていきたい」と最後までの全力疾走を誓った。


そうですね。まだ東京公演があります。
最後まで男役を極めていってほしいです!


愛月ひかるのムラ・ラストデイ

愛月ひかるさんといえば、宝塚の地そのものが好きで、「ケータイの待ち受けが武庫川の画像」というエピソードがあったような…。
(スカステのオシエテ?か、樹里咲穂さんの番組で聞いた気がします)

そんな人が、ムラを卒業する日…。
どうしても寂しくなっちゃいます。

でもきっと、やりたいものを全詰めしたサヨナラショーで、笑顔でサヨナラできたんでしょうね。
スカステで、千秋楽映像を見るのが楽しみです








霊感開発


このページのトップヘ