Flower Cage|カリーナの宝塚依存症ブログ

カリーナによる宝塚偏愛ブログ。個人的な感想や考察を、独断と偏見で綴っていきます。ちょっと辛口気味。

タグ:紅ゆずる

食聖

こんにちは、カリーナです。

BSプレミアムで、星組『GOD OF STARS─食聖─』『Éclair Brillant(エクレールブリアン)』を見ました。
紅ゆずるさん&綺咲愛里さんの退団公演です。

“退団公演はだいたい駄作”なんて話をよく耳にしますが、『GOD OF STARS─食聖─』はその典型例で、つまらないお話でした。
キャラクターはとても個性的で良かったんですけど。

また、『Éclair Brillant』も、私にとっては退屈なショーでした。。。

好きなジェンヌが出ていれば、少しは楽しめるかなぁ…?
宝塚初観劇の人や、星組ファンでない人が見ても、楽しめないかもしれません。


個人的な感想を書いていこうと思います。




『GOD OF STARS─食聖─』はストーリーがつまらない

『GOD OF STARS-食聖-』は、賑やかなコメディ作品ですが、“内容が無いよう”です。

トップコンビ2人が最終的に子だくさん家族でハッピーになる、という大筋は良いと思います。
このトップコンビが好きだった人たちは感動するのだろうし、見終わった後に「なんか良い話だったな」という気持ちになります。

でも、ひたすら大人数で歌って踊るシーンは退屈で、料理対決シーンもイマイチ盛り上がりに欠けるような。。。
「あともうちょっとこうならな…」という残念ポイントが多すぎて、中途半端な印象です。
ほぼ駄作、という感じ。

どうやら、香港映画の『The God of Cookery-食神-』のパクリオマージュということなのですが、元ネタとなった映画の方は面白いのかしらん?

登場人物の個性爆発!キャラクターは面白い

『GOD OF STARS-食聖-』は、ストーリーはつまらないと感じましたが、キャラクターはとても強烈で面白いと思いました。

ホン・シンシン(紅ゆずる)

主人公のホン・シンシンは、紅ゆずるさんの個性が発揮できる役でした。
傲慢だけど、どこか憎めないところがあるような…。
アジアン・クッキング・コメディーという謎ジャンルにしっくりくる主人公です。
紅ゆずるさん以外が演じたとしても、ここまで魅力的なキャラクターにはならなかったでしょう。


アイリーン・チョウ(綺咲愛里)

私がとても気に入ったのは、ヒロインのアイリーン・チョウ
絶妙なピンク色の鬘に、ピンク色のジャージがめちゃくちゃ似合ってて可愛い

綺咲愛里さんが『霧深きエルベのほとり』のマルギット役を演じた時、「ご令嬢の役は似合わないな…」と思ったんですが、気が強いアイリーンは超ハマり役!
あて書きだから当然かもしれませんけど。

アイリーンは、宝塚のヒロインらしからぬキャラクターです。
健康サンダル持ってカンフーで闘っちゃうし、料理はヘタだし…。
でも、手作りクッキーを気になる人に渡すというのは、THE・恋するヒロイン!
カンフーで暴れる姿とのギャップがとにかくキュート♡


ピンク髪美少女+武闘派+ジャージってことで、りぼんで連載中の某4コマ漫画の主人公を思い浮かべてしまいました(先日、新刊が出ましたね)。




リー・ロンロン(礼真琴)

リー・ロンロンは、ヘタレ眼鏡君な料理人。
(一応「悪口じゃないよ」って前置きしておきますが、これが礼真琴さんに超似合ってました…)

でも、アジアのスーパーアーティスト、クリスティーナ(舞空瞳)に出会ったことで、一気にキャラ変!
クリスティーナに良いところを見せようと頑張って、カッコイイ料理人に変身(?)します。

最終的にはまたヘタレ眼鏡君に戻っちゃうんですが、私はどちらかというと眼鏡君の時の方が好きだな~。

歌って踊るシーンは、さすが!という感じでした。

『Éclair Brillant』はゆらゆら大人しめのショー

『Éclair Brillant』は、全体的に落ち着いた雰囲気のショー作品でした。
あんまり激しい振り付けはなくて、ゆらゆら揺れている場面が多かったかな…。

紅ゆずるさんは、腰をやってしまったという噂があります。タイムリーですね
そのせいか、いつも以上に踊っていなかったような…。
腰をかばっているように見えたのは、気のせいではないでしょう。

礼真琴さんと、舞空瞳さんのダンスは見ごたえがありました
それ以外は、個人的には印象に残るシーンがあまりなく、退屈だと感じてしまいました。

『GOD OF STARS─食聖─』は1度見れば十分かも

『GOD OF STARS─食聖─』は、ジェンヌさんたちの頑張りっぷりはすごかったです。
(そもそも、頑張ってない人はいないと思いますが)

ストーリーがもう少し面白ければ、個性的なキャラクターがもっと活きて、よかったと思います。
あと、覚えやすい歌がなかったのも、個人的にはマイナス点です。

気楽に見れるコメディなので、1度は見てみてもいいと思います。
でも、1度見れば十分な気もします。
機会があったら、ぜひ見てみてください。




****


※「駄作」というキーワードが出ると、「ジェンヌが頑張っているのに…」とか言い出す人が必ず出てきます。
頑張っているのは皆同じなので、その理論で行くと、宝塚の舞台は全て面白い名作ということになってしまいます。
でも実際は、そんなことないでしょ?
無理に褒めなきゃいけない、というのもおかしな話ですよね。

話がつまらない駄作になるのは、ジェンヌではなく、演出家の実力不足などが主な原因でしょう。
ズレた反論は、時間の無駄なのでやめてください。

neko_o_b



B9B28041-BC79-4E17-88D4-A3E53A4DB453


アナザーワールド

こんにちは、カリーナです。

とても落ち込んだ時、劇を観て気持ちを切り替えようとすることってありますよね。
「悲しい気分から抜け出したい」と思ったなら、笑える演目を観て、元気になるのが一番です。

実は先日、私の大事なペットが死んでしまって…
もう寝たきり状態&寿命だったので、大往生と言えるのですが、それでもペットロスになりました。


そんな時に私に元気をくれたのが、星組公演『ANOTHER WORLD』(アナザーワールド)。
『ANOTHER WORLD』を見ていると、「きっとあの世でも元気でやってるよね!」という気持ちになれるんです。

『ANOTHER WORLD』はかなりクセ強めな演目ですが、とても笑えるし、人の気持ちを前向きにしてくれる効果があるな~と思いました。

まだ観ていない人は、是非観てみてください。
良い意味で宝塚らしくなくて、面白い世界観。沢山の魅力が詰まっています!


また余談ですが、ペットロスを乗り越えるためのグリーフケアの方法についても少しだけご紹介します。



星組公演『ANOTHER WORLD』のあの世は、愉快な世界♪

『ANOTHER WORLD』の舞台は、いわゆる“あの世”、死後の世界です。

主人公は、お話のスタートの時点で死んでいます。
でも、陰気な雰囲気は一切なく、“恋わずらいで死んだ”と言うヘンテコ設定。
最初に見た時はビックリしました

しまいには、「私はあの世に恋してる~♪」と、ウキウキのワクワクで歌い出します。
あの歌はすごいわ…。スゴツヨに似たものを感じる。
そして、主演の紅ゆずるさんにしか歌いこなせない歌です!


宝塚であの世関連というと、“黄泉の帝王”のトート閣下が有名ですが、彼とは全然違います。
というか、ここまで愉快なノリの“あの世”は、今まで見たことがありませんでした。


私が最初に『ANOTHER WORLD』を観た時の感想は、「ぶっ飛んでるな」
でも何度も観ていたら、すっかりお気に入りの作品になってしまいました。
「あの世は、良い所なのかもな」と思える作品だからです。

ただし借金の取り立てはある

『ANOTHER WORLD』の世界でも楽しい観劇ライフが送れそう


『ANOTHER WORLD』の世界には、色々な人たちがいます。
作中では人間(幽霊)だけでなく、貧乏神の貧ちゃん、閻魔様などの架空の存在も多数出てきます。
赤鬼や青鬼がいるんですから、鬼退治をする桃太郎だっていますよ。(突っ込んだら負け)

あの世にある劇場では、「ベルサイユの蓮(はす)」なる演目が上演されています。
市川團十郎が大勢いるので、どんな役を演じるのも全て市川團十郎です。

……あら?
ちょっと変だけど、楽しい観劇ライフが送れそうじゃない!?
あの世でも、今みたいな生活ができそうな気がするんですよ


舞台の上には人間っぽい人たちしかいないけど、動物だっていそうです。
私のペットは、『ANOTHER WORLD』の世界へと旅立って、きっと新しい飼い主に飼われているのです。
そう思ったら、ペットロスで落ち込んでいたのが、少しマシになった気がしました。



見所は、赤鬼赤太郎(瀬央ゆりあ)の面白アドリブ!

個人的には、紅ゆずるさん演じる康次郎と、瀬央ゆりあさん演じる赤鬼赤太郎の2人のシーンが、一番の見所です。

あの高速回転シーン、台本にはなくて、アドリブだってどこかに書いてありました。
いつからか、自然とああなってしまったんですって!

もちろん“シーン”としても見所ではありますが、瀬央ゆりあさんの体当たりの演技が最高
見返すたびに、「どこから声出てんの???」って思います。

そして最後に、鬼の金棒をぐるぐる回しながらはけていくのですが、ここが本当に面白いっ!!
最後まで期待を裏切らない瀬央ゆりあ

余談:骨から作る「メモリアルダイヤモンド」が気になる

これは完全に余談ですが、、、

ペットのお葬式について調べていたら、「メモリアルダイヤモンド」「メモリアルジュエリー」なるものを発見!

そういえば、人間の遺骨から作るダイヤモンドジュエリーの話、昔テレビで見たことあるなー。
犬だけではなく、猫やうさぎの骨や毛からも作れるそうです。

うちのペットは美しい長毛が自慢だったのですが、ブラッシングの時に取れた毛玉がまだ残ってるんですよ。
ダイヤモンド、この毛玉からでも作れるかしら。

ペットロスが酷すぎる方は、ダイヤモンドにしてみてもいいかもしれませんね。

元気になりたい時は『ANOTHER WORLD』を見て笑おう♡

「歌劇」6月号の企画ページでも、ステイホーム中のおすすめ演目に『ANOTHER WORLD』を挙げている方が何人もいらっしゃいました。
やっぱり元気になれますよね
私はペットロス中に繰り返し見ていたので、大分元気になれました。

『ANOTHER WORLD』は劇なので、主人公がドタバタ大騒ぎしてますが、もしリアルな人間の幽霊があの世界に行ったら、わりと楽しく(もう少し平穏に)暮らせるのでは?
ペットも楽しく暮らしてると思ってます!

今後もスカステ等で放送されると思うので、元気になりたい方はぜひ一度観てみてください♪



円盤や配信でも観れます。


ショーもおすすめですよ。↓




ペットの供養はもう済ませたので、次に飼う動物は何がいいかなぁと思ってます。
ポメラニアンなんていいですよね。
もふもふキュートだし、贔屓のペットと同じ





紅ゆずる

こんにちは、カリーナです。

清水寺で毎年発表される「今年の漢字」ですが、今年は「令」になったみたいです。
新しい元号が令和ということで、こちらは想定の範囲内。

そちらよりも私が気になったのは、日刊スポーツの「今年の字」
日刊スポーツ読者の「今年の字」が、「紅」に決定しただってー!?

今年は、紅ゆずるさんが退団されました。
明日海りおさんも退団されましたが、漢字1文字といえばやっぱり「紅」?





「今年の字」に「紅」が選ばれた理由

日刊スポーツの記事によれば、「紅」が金賞に輝いた理由はコチラ。

2019年の字-1GPは67の字・単語の中で最も支持された「紅(くれない)」が選ばれました。宝塚歌劇団のスター・紅ゆずるの退団を惜しんだファンから推す声が多く届きました。


やっぱり、紅ゆずるファンの仕業だった。
あ、仕業とか言っちゃってごめんなさい。褒めてます。

紅ゆずる退団のことを知らない読者から見たら、「なんで紅?ああ~、おめでたい色だから?」という感じかもしれません。




紅ゆずるへの愛が詰まったメッセージがアツい

「今年の字」の記事には、紅ゆずるさんのファンからの長文メッセージがいくつか掲載されていましたが、どれも愛が深い……!!

先日『ANOTHER WORLD』の映像を観ていたんですけど、紅ゆずるさんって、やっぱり独特のパワーがあるんですよね。
個性が強くて苦手だという声も聞くけど、個性が強い人ほど熱狂的なファンがつくものです。

今回、「今年の字」が「紅」に決まったのは、必然だったのかも……。

個人的に今年の字は「光」

最後に個人的な話を。

当ブログの「今年の字」は、「令」ならぬ「光(れい)」です。
来年も再来年も、多分そう(^^;)

明日海りお退団もでっかい出来事でしたが、1文字を切り取るとなると難しい……。

あなたの「今年の字」は、何ですか?



※コメント欄は承認制です。





kurenaiyuzuruse

こんにちは、カリーナです。

今日は台風が過ぎ去り、星組公演千秋楽が無事に終了しました。

ニュースやTwitterを観ている限りでは、かなり紅ゆずるさんらしいラストデイになった模様~。





紅ゆずる……否、紅子が激怒!

紅ゆずる……ではなく、紅子が台風に対して大激怒。

さよならショーでは、ファンおなじみのスカート姿の三枚目キャラ“紅子”で登場。「もう台風いい加減しろよ! 日本国民に謝れ! 宝塚ファンに謝れ!」とファンの気持ちを代弁して怒りの絶叫。「すみれコードギリギリ? ギリギリじゃないかも」と苦笑い。最後まで個性的なキャラを見せつけた。


観客の心境を代弁してくれた紅子!!

でも、ヤフコメ欄なんかを見ていると、「トップスターとしていかがなものか」的な意見も散見されます。

私は「紅ゆずるさんらしいなぁ」くらいにしか思いませんでしたが……。
個性的な方なので、アンチも多分多い。
文句を言っているのは、アンチさんのご意見かもしれません(アンチではないかもしれないけど)。

退団公演千秋楽おめでとうございます!

お花渡しは、朝夏まなとさん!

今回は台風のせいでイレギュラーなことになってしまいましたが、なんとか千秋楽が無事に終わって本当によかったです。


さゆみさん&あーちゃん、卒業おめでとうございます!


↓関連記事↓
紅ゆずるのプロフィール&エピソード!本名、愛称、出身地、誕生日、身長、性格、成績などをご紹介【ジェンヌ名鑑】







紅ゆずる



こんにちは、カリーナです。

遅咲きの星組トップスター・紅ゆずるさんが、2019年10月13日の公演で退団されます。


この記事では、紅ゆずるさんの基本的なプロフィールや好きなもの・嫌いなもの、性格、容姿・踊り・歌唱力といった実力についての特徴、面白いエピソードなどをご紹介します。

※当ブログでは著作権や肖像権などにひっかかる画像は掲載しませんのでご了承ください。





紅ゆずるの基本プロフィール

名前:紅ゆずる(くれない ゆずる)
所属:星組
初舞台:2002年(88期)
誕生日:8月17日
血液型:A型
身長:173cm
成績(入団時):47番
出身地:大阪府大阪市
出身校:東大谷高等学校
本名:松本紗由美
愛称:さゆみ、さゆちゃん、ゆずるん、べに子
兄弟:2歳下、7歳下の弟がいる


紅ゆずるの嗜好や趣味・特技

好きな食べ物:玄米
苦手な食べ物:添加物入りの食品
好きなもの、こと:いたずら、松岡修造
苦手なもの、こと:
趣味・特技:俳句


紅ゆずるの性格

紅ゆずるさんは、とても明るくて、人を楽しませるのが好きな性格です。

ファンへのサービス精神が旺盛です。


紅ゆずるの容姿・踊り・歌の特徴

紅ゆずるさんは、長身でスタイルがいいのが特徴です。

真っ直ぐな歌声で、個性的な声質です。


紅ゆずるのエピソード

・「今日も笑顔でお客様が帰ってくれますように」と思いながら舞台に立っている。

・家の壁紙はパステル調。

・「この瞬間が楽しい!幸せ!」と感じるのは、男役の衣装を着る時。

・ファンのイメージを崩さないように、常日頃から服装などに気を付けて生活している。

・宝塚歌劇団入団の意気込みを訊かれた時、「客席を紅色に染めてみせます」と言いたかったが、「それ空席!」と突っ込まれたため「大劇場の絨毯を紅に染めてみせます」と言った。それに対して早花まこさんが「もう既に、赤い」とさらに突っ込んでいた。

・食べ物には気を付けており、添加物入りの食品はとらずに、買ってきた食材でサッと何でも料理する。市販のお弁当で済ますようなことはしない。





このページのトップヘ