Flower Cage|カリーナの宝塚依存症ブログ

カリーナによる宝塚偏愛ブログ。個人的な感想や考察を、独断と偏見で綴っていきます。ちょっと辛口気味。

タグ:花組大劇場千秋楽

Cool Beast!!

こんにちは、カリーナです。

花組『Cool Beast!!』を、ライブ配信で観た感想を書きます!

そこまで黒塗りではなかったので、ラテンショーっぽさが、あまりありませんでした。
意外と薄味?

客席にお客さんがいれば、その熱気が映像からも伝わってきて、もっと熱さを感じられたかも…。

でもやっぱり、大介ショーは楽しい!
体感5分って本当だね。





おそらく多くの方が「記事更新遅くね?」と思ったことでしょう。
だって、ライブ配信って、一週間以上前の話ですもんね…。

記事更新が遅くなった理由はシンプルで、
「体感5分すぎて、内容ほぼ覚えてないから」です。

もちろんいい意味で、ですよ。
本当にね、内容をほとんど思い出せないんです。


当然、ウトウトせずに、最初から最後まで見ました。
裸足のデュエダンも見た。
肉の取り合いも見た。
女装ベスティア様の脚上げも見た。

プログラムを読み返す。
確かに、全てのシーンを見た。


それなのに、あまりちゃんと内容を覚えてなかったの!
「配信から時間が経ったから」じゃなくて、「配信が終わった直後から」。
これって何!?

あまりにも楽しすぎる時間は、ものすごい速さに感じるっていいますからね…。
逆に、退屈なショーだったら、時計見ながらイライラしてただろうし。
つまり、『Cool Beast!!は楽しかった』んだな。


ただ、あまりにも記憶がなさすぎるため、これはもう東京でナマで観なくては!!という気持ちが一層強くなりました。
ナマ観劇でも、また記憶をなくす可能性あるけど


ということで、詳しい感想は、東京で観てからにします。


旧約ヨブ:占いブログ




バナー素材 - 縮小

nakano_b_1

アウグストゥスつまらない

こんにちは、カリーナです。

花組『アウグストゥス-尊厳ある者-』を、ライブ配信で観た感想を書きます!

SNSでは「つまらない」という感想が目立ちましたが…。
私の感想をまとめると、こんな感じ。

・思ったよりも、内容は悪くなかった!
・かっこいい柚香光が見れないのは残念…
・ポンペイアが死んだのは何故?
・アントニウスが主人公・クレオパトラがヒロインでよかったのでは…
・演者のビジュアル、衣装はとても綺麗♡

良い部分もあったのですが、不満なところや、意味不明な部分もありました。

※ネタバレ有




百聞は一見にしかず!前評判よりは面白いと感じた

『アウグストゥス-尊厳ある者-』は、SNSに、「あまり面白くない…」という感想がよく書かれていました。
ですので私は、「すごーくつまらない内容なのだろうか?」と思っていました。


前回の『NICE WORK IF YOU CAN GET IT』の時は、アウグストゥスとは真逆で、「ナイスワーク超面白い!最高傑作!」という感想が目立ちました。
私は当然、期待値MAXでライブ配信を観たのですが、その感想は「つまらない…」でした


他人の意見なんか、まったくアテになりませんね。
やはり、自分の目で見てみないと!


こういう経緯があったので、今回の『アウグストゥス-尊厳ある者-』は、期待値0で配信を観ました。

まったく期待せず、まっさらな状態で観たからか?
SNSで見かける感想よりは、マシだと思いました。
「思ったよりは面白かった」という感じ。

1本物だと辛かったかもしれませんが、お話の展開が早めだったので、そこまで退屈ではありませんでした。
どんどん人が死ぬ。超スピーディー!




オクタヴィウスはただの臆病者!かっこよくない主人公にガッカリ

このお芝居の一番の欠点は、主人公オクタヴィウス(柚香光)が、まったくカッコよくないというところです。
ビジュアルは最高に美しいけど、内面にかっこよさ&トキメキが無い…。


オクタヴィウス(のちのアウグストゥス)は、史実ではとても体が弱く、戦闘をほとんどしなかったそうです。

でもこれってお芝居でしょ?フィクションでしょ!?
先生がうまいこと脚色してくれて、ポスターみたいなカッコイイ柚香光さんが見れるものと思っておりました。

ところが!!

主人公は、“ただの臆病者の青年”として描かれており、内面のカッコよさは皆無。。。
剣を使った立ち回りもありますが、へっぴり腰で転ぶような演技(そういうシーン)ばかりで、唖然としてしまいました。

私が見たい柚香光は、ソレジャナイ。

オクタヴィウスが弱かったのは知っているけど、臆病者ではなく、「ちゃんと戦うけど体が弱い」とかに脚色してくれたら、かっこいい立ち回りが沢山見れたかもしれないなぁ…。
クールに剣を抜いた後で、急に病気で倒れるとか…。それなら、かっこいいシーンも増やせるじゃない?

衣装はとても綺麗でしたよ。
でも、バサッとかっこよくマントを翻すシーンも少なくて、柚香光&マントの無駄遣い。




ポンペイアが自殺した理由がわからない…

なぜポンペイアは、死んでしまったのでしょうか?

事前に、ルサンクに載っていた脚本を読みました。
その時点で、「ポンペイアが何故自殺したのか、ハッキリしないな。わかりにくいな」と感じていました。

カエサルが殺された夜に、なぜポンペイアは自殺したのか!?

実際にライブ配信で確認してみたのですが、やっぱりよく分からなかった…
「憎しみを捨てるために自殺した」ともとれる台詞がありますが、ウーン???

何度も劇場で観た方が「台詞をよく聞いてればストーリーがわかる」と言っていたんですが、台詞だけでなく、もっと状況で分かりやすくしてほしい!
文章の意味だけで伝えようとするなら、「小説でいいじゃん」ってなるし。
これは舞台だもの…。

正直言って、説明不足感は否めませんでした
“キャラクターに感情移入できない”って、こういうことを言うのだろうか…?

結局、なぜポンペイアがわざわざ死んだのか理由が分からなかったので、盛り上がりにも欠けるという印象でした。
誰か、ポンペイアの心情がわかる人がいたら、コメント欄かTwitterで教えて!

アントニウス&クレオパトラのほうが主役っぽい

これは当然かもしれませんが、アントニウス&クレオパトラのほうが主役っぽいです!

これまで、創作物の主役になることの多かったアントニウス&クレオパトラ。
この2人のストーリーはとてもドラマティックです。
『アウグストゥス-尊厳ある者-』でも、この2人はとても目立っていました。

それと比べると、やはり、オクタヴィウスは存在感が薄い!!

血筋だけでスッと良い地位に上げられて、気づいたら皇帝になってる人です。
今までの作家たちが、オクタヴィウスを主役にしなかった理由がわかる気がします。

おまけにオクタヴィウスは「剣を抜いたら本当は強いしカッコイイの!切れ者なの!」的な描かれ方もしていないので、男役らしい魅力がゼロなんですよね。
それならまだ、悲劇でもいいから、アントニウスのほうを主役にした方がよかったのでは…。

瀬戸かずやさんの退団公演でもあるので、アントニウスが目立つこと自体はいいんですけど、役の比重のバランスがおかしいと感じました。



唐突なキャラソン!?主人公サイドの描かれ方が雑

アントニウス&クレオパトラのお話が目立つのと比較すると、主人公サイドのお話は、描かれ方が雑だと感じました。

オクタヴィウスの描かれ方、ポンペイアの意味不明な心情…。

それに加えて、「アグリッパの唐突な友情ソング」がね。
あれはちょっと酷い。

水美舞斗さんのラジオでの発言によれば、アグリッパの台詞が結構削られたらしいのですが…。
そのせいでしょうか?
銀橋での「友よ」ソングが、とても唐突で、浮いていたんです。

この歌だけすごく明るい曲調(アニメのキャラソンっぽい)なのもあって、「急に何だ!?」と言う感じ。

アグリッパとオクタヴィウスの友情は、お芝居の中では特別に強調されていたわけでもないので、すごく違和感がありました。
この2人が仲良しだったという史実は知っているけど、それをお芝居の中でもっとしっかり描いてほしかったよー。

残念なところも多かったアウグストゥス

『アウグストゥス-尊厳ある者-』は、キャッチーな曲が少ないのも残念でした。
曲数は結構あったと思うんですが、凪七瑠海さんが3曲くらい歌ってなかった?
このあたりのバランスも。。。ううん。。。

まぁでも、死ぬほどつまらないお芝居だと思って見始めたので、感想としては「思ったよりは面白かった」でした。
できれば「面白かった!感動した!」レベルのお芝居が見たかったけど、新作まみれの宝塚ですから、全部が面白作品とも限らないのよね。

とにかくビジュアルはいいです。
ビジュアルだけでも見る価値はあります。

客席で眠りこけることはなさそうなので(多分)、無事に東京に遠征できたらいいなーと思います。










バナー素材 - 縮小

D2435292-D379-4695-96E9-D94E93272661



華優希サヨナラショー

こんにちは、カリーナです。

花組公演『アウグストゥス-尊厳ある者-』『Cool Beast!!』(ムラ)のライブ配信を見ました。
フィナーレ以降のサヨナラショー~退団者挨拶は、スカステ生放送も見ました!


無観客でしたので、客席からの拍手がないのが辛かった
でも、ジェンヌさんたちは皆キラキラ笑顔でした


お芝居&ショーの感想は、明日以降に書きます。
今日は、華優希サヨナラショー&お花渡しなどの感想を書きます

驚きがあってメッチャ凄かったよ!!



ブルードレスで登場!華優希サヨナラショー

華優希さんは、ブルーのキラキラドレスで登場しました!
ふわふわの袖で、お姫様みたい

ディズニー映画『塔の上のラプンツェル』の歌や、『はいからさんが通る』、『A Fairy Tale -青い薔薇の精-』の歌を歌っていました。
(ラプンツェルは、宝塚の歌じゃなかったので一瞬分からなかったけど、歌詞で何となく察した)

ドレスで歌う「はいから極道」、思わず笑ってしまった
客席に人がいたら、ぜったい笑い声入ってたと思う。

柚香光さんとは、『NICE WORK IF YOU CAN GET IT』のタップダンスも踊りましたよ♪
大階段を使って、例のシーンを再現してました。

退団者挨拶の後は、柚香光さんに愛の告白を大声で!
れい華の民さんは大喜びだったことでしょう。

瀬戸かずやが0番で大階段&黒燕尾で踊る

宝塚で、大劇場の「0番」と言えば、男役のトップスターの立ち位置。
しかし2番手の瀬戸かずやさんが、サヨナラショーで、大階段の0番で、男役たちを引き連れながら、黒燕尾で踊ったんですよ~~!!

THE・男役のサヨナラで、これ以上の幸せがあるだろーか!?
トップスターなら普通のことですが、瀬戸かずやさんは2番手なので、本来は0番で大階段からは降りてこないんですよ。

ここにね、劇団からの特大の愛を感じました。
今までずっと花男でやってきたんだもんね…!!


歌のほうですが、私がめちゃくちゃ期待していた『蘭陵王―美しすぎる武将―』のオカマ皇太子の歌がありましたっ
ショッキングピンクのモコモコが出てきた時、「これだよ、これー!!」と最高に盛り上がりました
私の愛する演目『蘭陵王』については、以下の記事も読んでね。



退団者挨拶の時、柚香光さんが、初めて「あきらさん」と呼んだんです。
普段は「瀬戸さん」呼びだったんですって。意外だった!
あきら呼びデビューね




冴月瑠那、明日海りおのパートを歌う

私の大好きな冴月瑠那さんも、今回で退団…
でもいつも明るい冴月瑠那さんは、今日もカラッと明るかった!!
その元気そうな笑顔に癒されるカリーナなのでした

退団者たちで銀橋で歌うシーンがあったのですが、『シャルム!』のところは、まさかの明日海りおさんパート!?を歌ってませんでしたか!?!?

多分皆さまご存知かと思うのですが、明日海りおさんと冴月瑠那さんって、顔がとても似ているんです。
明日海りおさんが、テレビ番組などで公言するくらい似てる。

そんな容姿そっくりさんな冴月瑠那さんが、シャルムの明日海りおさんの歌うパート(多分)を、銀橋の真ん中付近で歌っていましてね。
なんとも色々な感情が湧き出てきましたね…。

その後は退団者全員で「EXCITER!!」
あそこの流れは最高でしたね!
いかにも花組っぽくて



注目のお花渡し!宝塚OGからのお花渡しが復活♡

望海風斗さんの退団公演のときは、宝塚OGからのお花渡しがNGなようでした。

しかし今回は、同期の宝塚OG(90期)が来ていましたよ!
ただし、“元花組”という制約がありそうでした。

瀬戸かずや:芽吹幸奈
冴月瑠那:梅咲衣舞

もうOG呼んでOKなんですね!

華優希さんのお花渡しは、組からは柚香光さん、同期からは音くり寿さんでした。

東京ではぜひ生で会いたい♡

美花梨乃さんも言ってましたが、東京では生でお会いしたいですね
柚香光さん&組子たちも、東京は全員で最後まで駆け抜けると宣言していましたし。

これはもう、腹をくくって見に行くしかないな???
観に行けても、私は1回が限度だけどね…。


***

明日以降に、『アウグストゥス-尊厳ある者-』と、『Cool Beast!!』の感想記事をアップします。
どうぞお楽しみに


華優希さんが、なぜ退団を決意したのかの考察記事↓








Muramori_b1



このページのトップヘ