Flower Cage|カリーナの宝塚依存症ブログ

カリーナによる宝塚偏愛ブログ。個人的な感想や考察を、独断と偏見で綴っていきます。ちょっと辛口気味。

タグ:芹香斗亜

芹香斗亜東上


こんにちは、カリーナです。

芹香斗亜さんの、3度目の東上が決定しました
おめでとうございます!

ブロードウェイ・ミュージカル 『プロミセス、プロミセス』。
キキちゃん主演って、もしかしてかなり久しぶり???


でも、東京建物Brillia HALLっていうのがアレですね…。





詳しくは公式をどうぞ。



東京建物Brillia HALLといえば、舞台が見えづらくて有名なところじゃないですか
やっぱり今後も使うのね…。
客の苦情なんて聞いてないんだわ。


ブロードウェイミュージカルということなので、「はたして配信はあるのか?」というのが気になります。
版権、厳しいじゃん!

花組の『NICE WORK IF YOU CAN GET IT』は配信やってくれたけど、あれはコロナが酷かったから特例って感じが…。
観に行けないファンも多いでしょうから、配信もあるといいですね。








バナー素材 - 縮小


宙組デリシュー下品

こんにちは、カリーナです。

宙組ナウオン、放送休止のお知らせ!!

現在、ムラでバリバリ上演中の『シャーロック・ホームズ-The Game Is Afoot!-』『Délicieux!-甘美なる巴里-』のナウオンが、なぜか放送休止になってしまいました


なぜナウオンが放送できなくなったのか、理由について勝手に考察します。

なんとなく、ショー作品(デリシュー!)に問題がありそう…。



【7/6追記】
『デリシュー!』の下品めなシーンの、振り付けが変更になったそうです。
やっぱりショーが問題だったんだ!!



【7月9日追記】
ナウオン、無事に放送できるようです。





①ショーの演出に問題があったから

今回のショー作品『デリシュー!』は、色んな意味で話題になりました。

刺激的なシーンが多く、あまりお子様向けではない…。
一部では「下品だ」と言われていました。
(個人的には、結構好きな感じだけど…)

もしかしたら、ショーの演出などについてクレームが入って、それが関係してナウオンも中止になったのかもしれません。
Twitterでは「もしかしてあのシーン?それともこのシーン?」と考察している人がいましたが、つまりそれだけの心当たりがあるってことですよね。

詳しくは、以下の記事も読んでみてください。
「全ツに、下品なデリシューは不向き」という内容です。



②スポンサーが怒った

①の内容とも少し関係してきますが、スポンサーが怒った可能性もあるかな~!?

ここでいうスポンサーとは
・劇団にお金を出してくれる会社
・貸切公演をやってくれる(買ってくれる)会社

ショーの内容に問題があると、会社のイメージも悪くなります。
せっかく自分の会社のお客さんを招待したのに、ショーの内容がセクシーすぎたりすると、お客さんが困惑するでしょ?

だから、スポンサーが「ショーの内容を変えてくれ」と言ってきた可能性は、十分考えられます。




③ジェンヌがすみれコード無視の発言を沢山した

もうお蔵入りでしょうから確認できませんが、ナウオン内で、ジェンヌが失言をしてしまった可能性が無きにしも非ず…???

誰が何を言ったかとかは分かりませんし、今後もずっと謎のままでしょう。

でも、元々セクシーなシーンの多い『デリシュー!』。
それに関して、すみれコードぶっちぎり発言をしてしまった可能性も考えられます。

しかも、カットや編集では対応しきれない量を…。

(これはジェンヌが悪いというより、そういう話題にならざるを得ないようなシーンを入れた先生が悪い)

全ツの演目も本当は『デリシュー!』だった?

全ては推測でしかありませんが、何も問題がなかったら、全ツのショーは『デリシュー!』だったかもしれませんね。

宙組全ツの詳細の発表間近に、クレームが入るなどして、急きょ『アクアヴィーテ!!』に変更になった可能性は否定できません。


『デリシュー!』は可愛いショーでもよかったのに…

『デリシュー!』は、お菓子がテーマなので、カワイイ方面に振り切っても良かったと思うんですよ。
むしろ、それに期待してチケット買った人も多いのでは?

でも蓋を開けてみたら、セクシーめな見所が多くて、とってもアダルティだったんですよね。
野口先生のショーは1~2か所そういうシーンが入るイメージだけど、今回はさすがに悪ノリしすぎたかな。
写真だけでもあのインパクトだもんな…。

真実はそのうち分かるのか?
それとも不明のままなのか?

本日の時点では、ショーの演出変更などは無いとのこと。
でもしばらく様子を見て、一部の演出が変わったりしたら、そういうことなんだろうと思います。



【7月6日追記】
デリシュー!の真風涼帆さん&潤花さんの振り付けが、変更になっていたそうです。(Twitter情報)
どのように変わったかまでは分かりませんが、やはりショーの内容に問題アリだったのね…。



このブログのアンチに「デリシューの振り付け、本当に変わったかどうか見てないくせに!」と文句言われました。
でも、何人もの人がTwitterで「演出が変わった」って言ってるから、べつに大間違いじゃないと思うよ。
Twitterから情報を得て、一体何が悪いというのでしょう?みんなもTwitter使って色々調べてるのにねぇ。。。







momoc


アナスタシア

こんにちは、カリーナです。

宙組公演『アナスタシア』Blu-rayとDVD、CDの予約が始まっています。
予約はお忘れでないですか~!?

コロナで観に行けなかった人も、観に行けた人も、ぜひ円盤で舞台を楽しみましょう





コロナの影響をモロに受け、客席の空席が目立ったという『アナスタシア』。
しかし円盤ならコロナの心配なく楽しめるし、リピートしたい放題

円盤はAmazonなどのネットショップでも予約受付しています。


◆Amazon




◆楽天

ブルーレイ



DVD



あれ?
パッケージの写真に娘役がいるのって、珍しいのでは???
何か深い意味あるのかな。

まぁ、タイトルロールですしね。
エリザベートみたいなものかな。


あ、CDもあります。


お客さん自体は少なめだったようですが、『アナスタシア』自体の評判は良いみたいです。
コロナのせいで色々大変なことになって、本当にもったいないですね…。

気になる方はチェックしてみてくださいね






真風涼帆

こんにちは、カリーナです。

今、トンデモ人事のせいで、真風涼帆さんへのバッシングが酷いそうです!

真風涼帆さんは、今後もしばらく退団せず、トップスターを続けると予想されます。
そのせいで、「いつまでトップをやるの?」というような感じで叩かれているようです。

真風さんに限らず、長期のトップというのは、一部の観客には嫌がられるものです。
しかし今回の真風さんについては、劇団が退団を引きとめ、わざわざ残ってもらったのではないかと推測しています。

だって、今後はトップスターの退団ラッシュですよ…。
トップスター歴の長い人が、1人くらいいないと、色々心配じゃないですか。

それで残ってくれただけだとしたら、真風さん、叩かれ損…



「真風涼帆の任期はいつまで?」というバッシング

真風涼帆さんのファンの方から聞いて知ったのですが、真風涼帆さんへのバッシングが、一部で酷いことになっているそうです。
もっと正確に言うと、“まかまど批判”みたいですけど。

数日前に更新した、アナスタシアのチケット売れ行きの記事に、私も「真風涼帆さんへのバッシングがある」的なことをちょこっと書いたんですが、私が見かけたツイートよりも、もっと過激な叩きがあるようで


簡単に、宙組関連のバッシングの内容をまとめると…
・真風涼帆さんがまだ退団しないということに驚き
・芹香斗亜さん、桜木みなとさんはどうなるの?
・星風まどかさん、添い遂げしないなんて酷い…

こうやってまとめてみると、「まぁ、(同意はしかねるが)気持ちはわかるよ」という感じ。


真風涼帆の任期は長い?

真風涼帆さんは、2017年11月にトップスター就任ですから、任期は程々に長いほうです。
ファンも「そろそろ退団かも…」と、ヒヤヒヤし始めてしまう時期。

しかし相手役に新たに潤花さんを迎え、新トップコンビお披露目が決定。
おまけに星風まどかさんは専科に異動。
宝塚の全組ファンが驚いた、ショッキングな人事でした。

星風まどかさんの件も衝撃でしたが、宙組ファンの驚きは“真風涼帆さんの長期の可能性”にもあったのです。
あと何作やるかは不明ですが、今のところは、長期なのではないかと推測されています。



トップスター退団ラッシュ!真風涼帆は劇団に引きとめられた?

私は、真風涼帆さんが、劇団に引きとめられたのではないかと思っています。

その根拠は、トップスター達の退団ラッシュ!
望海風斗&真彩希帆、珠城りょう&美園さくら、華優希…これだけのジェンヌが一気に退団するんです。

他に残るのは、まだお披露目公演が済んだばかりの新米トップスター達に、トップスター歴が長めの真風涼帆さんだけ。

礼真琴さんや、柚香光さんが、頼りないなんてことはないと思います。
でも、トップになってようやく1年というトップスターばかりだと、何となく不安になりませんか?

そこで、トップスターの貫禄や経験が十分にある真風涼帆さんが、あえて退団時期を伸ばして、もうしばらく残ることになったのでは?と思ったのです。
あくまで推測ですけどね。

人事のことでジェンヌ個人を叩くのはやめよう

人事の件だけを見ていると、「真風涼帆さん、まだやめないの?」と思う人が出てくるのは、仕方のないことだと思います。
まかまどコンビの添い遂げを期待していた人も多そうですしね。

でも、真風涼帆さんを叩くのは、ちょっと早すぎます。
だって人事って、ジェンヌ本人の意思だけで決まるものではないのですから。

色々な理由があって、星風まどかさんは専科に異動し、真風涼帆さんは潤花さんを新たに迎えて長期(の予感)。
私は、「真風涼帆さんをあえて引きとめた」というのは、しっくりくる説だと思います。
本当の理由は、劇団の中の人しかわからないと思いますけど…。

ファンは、受け入れるしかないのです。
まぁそんなこと言っても、ファンだって人間なので、“嫌なものは嫌”!
バッシングが完全になくなることはないのでしょうね…。




★Play.House~好きな音楽を一つにまとめて~




masa_1


20201130_4

こんにちは、カリーナです。

2021年1月8日に、『TAKARAZUKA PRIME STAR PORTRAITS』が発売されます!

“撮りおろしポートレートとインタビューをまとめた特別な一冊が発売”…という紹介がされています。
薄いレビュー本みたいなものかしら?

各組の3番手、別格あたりまでの総勢21名が掲載されます!

何ページくらいあるんでしょう?
1800円だから、そこまで分厚くはなさそう。

新年早々、すごいものを発売しますね…!



最初に商品ページだけ見た時は「何コレ?」と思ったんですが、その後公式からこんなツイートが。


とりあえず“特別な一冊”というところがポイントらしい。


まさか…大きな組替え前の記念本みたいな…?
そんなまさか、ね???

まぁ、とりあえず予約はしておきますね(ポチー)



ilka - 炎上しない優しいSNSアプリ iphone / android





このページのトップヘ