Flower Cage|カリーナの宝塚依存症ブログ

カリーナによる宝塚偏愛ブログ。個人的な感想や考察を、独断と偏見で綴っていきます。ちょっと辛口気味。

タグ:華優希

宝塚歌劇団


こんにちは、カリーナです。

気がつけば、大晦日ですね。
今日くらいは平和な話題を…と思い、2021年にあった出来事を思い出していました。

一番に思ったのが「仕事めっちゃ忙しかったな…ブログあんまり書けなかった…」なんですが、、、

花組に関していうと、柚香光&星風まどか(れいまど)のお披露目が個人的ビッグイベントだったかな。
宝塚全体だと…全部は語りきれない。トップスター等、人気スターの退団者も多かったですね。


また、大晦日&お正月は、スカステやBSで見るべき番組が沢山あります!!
2022年になってから、すぐにまた忙しくなっちゃう




トップスターのファンやってると、この1年に何があったか、思い出すのが難しい。
大きなイベントが、1つや2つではないからです。
おかしいな~、色々あったはずなんだ…。


華優希さんが退団し、星風まどかさんが新たな相手役に。
その後は全ツのコルドバで「完璧な組み合わせ」感を観客に見せつけ、今に至る。
(そういえば2022年1月は、何事もなければ『元禄バロックロック』観劇予定です。お披露目公演だ!)


『アウグストゥス-尊厳ある者-』『Cool Beast!!』
この公演は、私にとってはなかなか面白い演目でした。
アウグストゥスは、主役の行いがあまりカッコよくないのは微妙でしたが、ビジュアルは最強だった
『Cool Beast!!』は、まさに柚香光さんのためのショーという感じで、超絶カッコよくて、何度も遠征した価値がありました。


アウグストゥスは、ムラ千秋楽が無観客になったり…悲しい出来事もあったけど、、、
先日の『元禄バロックロック』で、ようやく初めてムラを完走できたので、このままコロナに負けずに東京も完走してほしいです。


あと今年は、柚香光さん関連のグッズが、これまた色々出た!
ポスターが一番多いかな?
レスリー・キー撮影ポスター、宝塚GRAPHポスター2種×2ヶ月あたり。
柚香光ファンの部屋の壁が、今どうなっているか知りたい。



柚香光さんがモデルをやっているJOSEPHやチャコット・コスメティクスでも色々あったはずなのだが、数が多すぎてよく覚えてない。
「Ray」シャツは今年だったっけ?
ニットはつい先日でしたね。
マスクケースも数種類作られて、コスメ購入者にノベルティとして配られました。


あとはスカステの特番(KITTE生放送)、最高に面白かったわ。
またああいうの、やってほしいな。




***大晦日~2022年の話***


今夜は、歌の特番がスカステでありますね。
スカステで見るつもりだったので、配信版は見ていませんでした。とても楽しみ♪



お正月(1月3日)には、NHK BSプレミアムで、花組公演『The Fascination(ザ ファシネイション)!』の放送があります。


花組ファンは、お正月、見るべき番組が多いぞ…!!


スカステの新春メッセージも楽しみです!



そうそう、新春スターカラーポートも楽しみ
「歌劇」のご予約も、どうぞお忘れなく~。

◆Amazon

歌劇 2022年 01 月号 [雑誌]
宝塚クリエイティブアーツ
2022-01-05


◆楽天

歌劇 2022年 01月号 [雑誌]

価格:750円
(2021/12/31 11:00時点)
感想(0件)






お正月から見どころ満載!
2022年も、宝塚歌劇団を追いかけ続けます!!





※現在一時的に、コメント受付を停止中です。






華優希事務所

こんにちは、カリーナです。

華優希さんの所属事務所が、ようやく決定したようです。

所属事務所は、「ジャパン・ミュージックエンターテインメント(イー・コンセプト)」
宝塚OGの、映美くららさん等が所属する、すごい事務所ですよ!

また、1月6日から、華優希さんの公式ファンクラブが始動するみたい。
すでにファンクラブのページが開設されています。





華優希さんの事務所のプロフィールページは、こちらです。



「ジャパン・ミュージックエンターテインメント」の子会社が、「イー・コンセプト」です。
華優希さんは、イー・コンセプトの所属になるようです。

元月組トップ娘役だった、映美くららさんも所属しています。
それだけでなく、上地雄輔さん、篠原涼子さんなども所属していて、かなり凄い事務所っぽい。


退団後は、どんな分野で活躍していくのでしょうね。
舞台メインの事務所という感じではないけど。
テレビドラマ出演とか…ありそう。




退団後のファンクラブも、1月6日から始動するようです!






事務所に所属したから、スタッフが管理するTwitterアカウントとかできるかな?
華優希さんのファンの方は、チェックしてみてください。



※現在一時的に、コメント受付を停止中です。






礼真琴

こんにちは、カリーナです。

先日書いた記事が、閲覧者数3万を突破しました。スゴイ!

拍手(賛同)の数も、1700を超えました。
皆さんも同じことを思っていたんですね!
だって、全部完璧なジェンヌなんていないのですから。


しかし、図星を突かれたからか?
ひどい中傷コメントも沢山つきました。

中でもあり得ないと思ったのは、
「柚香光が不人気だから、華優希&瀬戸かずやの退団公演のチケがあまり売れなかった」というコメントです。

あの頃は、劇場を閉めなければならないほどの酷い状況で、コロナ禍のせいでチケットが売れなかったのは明白です。

花組は、ムラ千秋楽すらも無観客となり、みんなが悲しい思いをしたのに…。
その公演のことすら、見境なしに「柚香光が不人気なせい」と叩く。
当時の退団者のことも、不人気って言いたいのか?


星組ファンって、私が思っていた通り、やっぱり常識ないんですね!
下品すぎてビックリです!!





一部の方は、ゴミ溜めの5ちゃんねるから来たようです。
とても酷い柚香光叩きコメントも多く、「そのうち逮捕されそうだなー」と思って読んでいました。


コメント欄が荒れたのは、こちらの記事。


ここにコピペしきれないほど、ひどいコメントが数十もついています。
うわー、宝塚って、民度が低い~~!!



柚香光さんを不人気扱いしたいがために、ウソの情報を書いている人もいます。

そこまでして、柚香さんの評判を落としたいのは何故?
柚香さんの美しさや人気に、嫉妬してるから?



そして「礼真琴の弁護士に言いつけてやる」などという脅しコメントも書かれていましたが、
私が書いた内容って、『衣装の着こなしが微妙』というような、役者に対しての批評であって、
『不人気で衣装も着こなせない人はさっさとトップやめろ』みたいな、悪質な悪口とは違うんですよ。
両者の違いは、普通の人にはわかるはずです。


ちなみに、弁護士の方にお伺いしてみたところ、
私が今回書いた記事に関していえば、“批評の範疇に収まっている”ということであり、
明らかな誹謗中傷ではないと思われる、とのことでした。


まぁ、そうですよね~。


柚香光さんのアンチだけが、「歌下手」「不人気」「トップやめろ」と言い続けるのは許されて、
私の“批評”だけが許されないなんて…
そんな不公平は、許されませんよね???





私の記事は、誹謗中傷ではありません。
しかし、コメント欄は違います。
誰が見てもわかるレベルで、柚香光さんへの悪質なバッシングを繰り返しています。


これらのコメントとIPアドレスを元にすれば、柚香さんが彼らを訴えるのは簡単でしょう。


なぜか、私を責める声が多いのだけれど、
ハッキリ言って、
違法に近いのは、このコメント欄や知恵袋や、5ちゃんねるにいる人たちのほうだからね!!


「5ちゃんねるから来ました!」という自己紹介付きのコメントも多いんですよ。
内容が酷すぎて、コメント非公開にしてますが…。
掲示板でも、柚香さんはずーーーっと叩かれているのかな?


↑こういう、無知丸出しのコメントも多いです。。。
VISAガール=花組っていうことすら知らないニワカさんかぁ…。憐れ。


ただの柚香光ファンにすぎない私への攻撃もひどいのだから、柚香光さん本人のところには、どんな酷い手紙が届いているのだろう…。
今時、カミソリレターとか!?
そういう人こそ、さっさと訴えられたらいいと思う。





あ、「星組ファン全員がこんなアンチばかりじゃありません」的なご意見は結構です。
私から見れば、星組ファンの大半は敵です。今さらイメージを変えることはできません。
星組ファンも、オタナリも、全員等しく嫌いです。

綺麗ごとだらけの反論もいりません。



*****



礼真琴さんは、文春にビキニ写真が載った後も、熱心なファンがついてますね。
スキャンダルがあっても、ついてくるファンが大勢いるんだから、礼真琴さんのファンは自信をもって、ご自身の贔屓だけをただただ愛でていてください。


こっちは自分の贔屓しか眼中にないのに、勝手にハエみたいにブンブンまとわりついてきて、視界に入ってきて、超迷惑です。
ネット上の粘着な柚香光アンチ、全員訴えられたらいいのに。


勝手に柚香さんをライバル視して、ネチネチと叩き続けるなんて…礼真琴さんのファンは、そんなに余裕がないんでしょうか!?
柚香さんの人気?あなたの贔屓に無い才能?何かは分からないけど、気になるところがあるから、そうやって気にして、叩くんでしょう。

ご自分の贔屓の欠点ごと愛して、ほかのジェンヌsageをしないで、星組内だけで勝手に礼真琴アゲアゲ崇拝してればいいのに。



持ち味から何から全部違うステキな柚香さんに、いちいち当たらないでください。







※現在一時的に、コメントを受付停止中です。
柚香光さんや、私への誹謗中傷コメントばかりだからです。本当に下品でマナーがなっていませんね。星組ってそういう組なんですね。





華優希VOCE

こんにちは、カリーナです。

「VOCE」に、華優希さんのインタビューが掲載されました♪
ネットで無料で読めるので、もう読んだ方もいると思います。

退団公演の、無観客配信のときの心境などを語っていました。




インタビュー記事はこちらから。
写真も多い!




ムラでは無観客配信という形での卒業となりましたが、当時の心境については「やっぱり、そうだよねぇ…」としか。
悪いのはコロナなので仕方がないのですが、いつまでも微妙な気持ちは残ったままでしょうね。


で、このインタビュー内で
「命を懸けて臨めるか」という、かなり力強い感じの言葉が!

華優希さんが『ビッグマウスかもしれないです』と言っていますけど、ビッグマウスくらいで丁度いい…と思います!
目標は大きく!
「やれる範囲でやります」的な回答より、絶対良いですよね!!


10月の『マドモアゼル・モーツァルト』が、退団後初の舞台出演となっています。
その間、ほかのメディアには次々出そうですね。
次の記事も楽しみにしています。



大好きな彼と結婚したい!古代中国の【縁結び術】とは?




モモダイフク様バナー02


20210802_1


こんにちは、カリーナです。

以前「『BEST STAGE(ベストステージ)』に柚香光&水美舞斗のインタビューが載るよ!」とお知らせしたんですが、

実は同日発売の『STAGE navi(ステージナビ)vol.58』のほうにも、2人のインタビューが載っていたんですよ!!


私はもちろん、両方ともゲットしました
ということで、ネタバレ有の感想書いていきます。


れい華&れいまど要素、それぞれ強烈なのがありました。





ぶっちゃけて言うと、両方とも内容はほぼ同じ。
もちろん話してることは違うんですけど、話題は以下の通り。

★柚香光さん→全ツ
★水美舞斗さん→銀ちゃんの恋
・2人とも共通→アウグストゥス&Cool Beast!!


残念なのが写真!!
過去に私は両方ともこの雑誌を買っていますが、それぞれの雑誌でまったく違うオシャレ写真が撮り下ろされていて、めちゃくちゃ嬉しかったんです。

しかし今回は、なんと舞台写真だった!!
あれ?素化粧の撮り下ろしは…?
両方の雑誌とも、アウグストゥス&Cool Beast!!の舞台写真しかなかったんです

『BEST STAGE(ベストステージ)』のほうは、望海風斗さんのインタビュー記事も載っており、そちらは普通に撮り下ろしでした。
おそらく、タカラジェンヌだけ、外部の雑誌に載るときは、舞台写真で済ませているんだと思います。
「外部のスタッフと接触させたくないんだろうな…」と推測。



で、あとはインタビュー内容なんですけど、
特筆すべきは星風まどかさんの話。(『BEST STAGE(ベストステージ)』のみ)

・手足が長くてお人形みたいな可愛い娘役さん
・楽屋で見かけたときに挨拶すると、駆け寄ってきてくれる。その時の笑顔がかわいい
的なことをね!!柚香光さんが言ってました!!!

なるほど、星風まどかさんへの評価は、やはり『お人形さんみたい』なんですね。
確かにまどかちゃんはドーリィだわ。前から私もブログ記事に書いていた気がする。書いてなかったらゴメン。


あと、柚香光さんが、永久輝せあさんのことを「ひとこ」と呼び捨てにしたのって、今回が初めて?
私の記憶にはないのですが…。
最初は「永久輝くん」ですごく距離感あって、最近「ひとこちゃん」になったのは覚えてる。
インタビューでは「ひとこ」って書いてあるから。錯覚じゃない!


***


写真の多さ&れいまど情報的に、個人的にオススメなのは『BEST STAGE(ベストステージ)』のほうです。
望海風斗さんのインタビュー記事もあります!




あなたが華優希さんのファンなら、華優希さんへの想いも書かれている『STAGE navi(ステージナビ)vol.58』のほうが断然オススメ。



迷ったあなたは、両方買っちゃいなよ。
どっちも読んで損はありません!!

写真の件を差し引いても、とても読み応えのある内容です。
売切れ前に、ぜひゲットしてくださいね!






このページのトップヘ