Flower Cage|カリーナの宝塚依存症ブログ

カリーナによる宝塚偏愛ブログ。個人的な感想や考察を、独断と偏見で綴っていきます。ちょっと辛口気味。

タグ:音くり寿

20210611_1

こんにちは、カリーナです。

『歌劇』6月号、もうご覧になりましたか?
ほぼ丸々1冊、花組祭りです!

読み応えありすぎで色々書きたいことはありますが、やはり一番印象的だったのは、華優希サヨナラ特集。

先生から送られた言葉には、「何がすごく上手いわけでもない」といった実力面のことを書かれ、色んなことを感じました。

そして、花組の100期全員でのサヨナラ座談会!
笑いあり涙あり、仲良し100期の絆が垣間見えました…!!




華優希の実力に言及する「送る言葉」

華優希さんが退団ということで、いつもの「送る言葉」もありました。

だいたいのスターへの送る言葉は、褒め言葉が並んでいることが多いですよね。
でも華優希さんへの送る言葉は、“実力面を不安視していた”という意味合いのことを書いている先生が多かったんです。

たとえば…

小柳先生:「何がすごく上手いわけでもない」
原田先生:技術点だけでは語れない娘役。ナイスワークのヒロインが彼女に務まるか不安もあった(超要約)

※部分的に切り取ってるので、実際に読んだ印象と違ってると思います。全部は引用できないので前後は本を買って読んでください。

こんな感じで。
もちろん最終的に褒めているし、こういう言葉ばかりではなかったんだけど、個人的にはすごく印象的でした。

華優希は「演技」は上手かった!

一部の先生はしっかり褒めていましたけど、華優希さんは“演技力”については、かなり上位のほうだと、私は思うんです。

音楽学校の成績がどうだったのか、演技指導の先生(プロ)が見たらどうなのかは、分かりません。
だけど少なくとも私は、華優希さんが演技ヘタだと思ったことはない!!

演技力というのは好みがあまりにも分かれるし、ダンスや歌と違い、明確な点数が付けづらいところ。

でも私の中では、「○○さんは演技はイマイチかな」というジェンヌは確かにいて。
ほかの観客の皆さんも、そう感じることがあるのではないでしょうか。

演技力の面だけでいえば、華優希さんは別にそこまで悪くない。
先日観劇した『アウグストゥス-尊厳ある者-』も、華優希さんの演技は上手でした。シビれました。
※参考↓


ただ宝塚では、ダンスや踊りができないと厳しいし、おまけに華優希さんはトップ娘役だったし、相手役はダンサーの柚香光さんだった。


これがもし、歌もダンスもない「○○劇団」みたいなところだったら、華優希さんは“素晴らしい演技力のある舞台女優さん”という高評価を得ていたかもしれません。

まぁ何が言いたいかっていうと、「演技の部分はもっとベタベタに褒めてほしかったな」ってこと。




音くり寿が毎朝起こしてた!?衝撃のサヨナラ座談会

華優希さんのサヨナラ座談会メンバーは、花組の100期の皆さん。

とりあえず気になった話題

・華優希さん、ダンスは本当に予科時代から苦手だった。
・でも頑張って練習していた。
朝、音くり寿さんが華優希さんを起こしに来ていた。目をガッとあけて返事はするが、その後また寝てしまう。
・華優希さんは余興用の全身タイツを沢山持っている。
・落ち込んでいる時、いつも和礼彩さんが気づいて声をかけてくれていた。
・音くり寿さん、糸月雪羽さんと3人で「可愛い」と言って(自己暗示)励まし合ったりしていた。
・この3人でいる時、悪ノリを始めるのはだいたい音くり寿さん。


なんかこう…読んでて幸せになる座談会だった…。
みんな、こんなに仲良しだったのねっ!!!


大人っぽい華優希!素敵なサヨナラポートレート

華優希さんといえば、童顔で“可愛い”と言われることが多かったですよね。
しかし今回は…!
ちょっぴり大人っぽい写真を披露してくれました

これがまぁ私好みの、ちょっと赤みがかった髪色で!
多分ウィッグだと思うんですけど。
赤×黒×白という服の色の組み合わせも、カッコイイ感じですね。

あとは、メリーベル、シャーロットをイメージした写真がありました。

とにかく花組ファンは読んで…!

『歌劇』6月号は、花組ファン必読っ!!
「瀬戸かずやサヨナラ特集」もギュッと詰まった内容で、じっくり読む以外に選択肢はない。


歌劇 2021年 06 月号 [雑誌]
宝塚クリエイティブアーツ
2021-06-05




柚香光さんの美麗表紙が目印

すっごく濃い内容でしたので、ぜひ読んでみてください!!
永久保存版!!!







mipo_b_1


NICE WORK IF YOU CAN GET IT

こんにちは、カリーナです。

先日から「ナイスワーク配信がつまらなかった」と、不満ばかりこぼしてまいりました。

でもさすがに配信から少し経って落ち着いてきたら、
「あれは普通の演目だったのではないか」
と思うようになりました。

すっごいお気に入りの傑作ではないけど、眠りこけるほど退屈なわけでもない。
『めちゃくちゃ笑えるよ』という前評判さえ気にしなければ、普通にクスッと笑えるシーンもある、ごく普通の演目。


そろそろイライラもおさまってきたので、円盤買おうかな。




『すごく笑える』という前評判を聞いたのは失敗だった

何度もブログやTwitterに書いたんですけど、一部の大袈裟なファンが「超笑える!メッチャ面白い!」と、ほぼ煽るような感じで書いていたのを読んでしまったのが悪かったんです。

※普通の「面白かった」系の観劇レポのことじゃありません。
文句は、過去記事を読んでから言ってください。


この演目で笑うつもりが全くなく、普通に観劇していたら、ソコソコ普通に満足していたような気がします。
(時間は元に戻せないから、推測を書くしかないけど…)


宝塚では、笑える演目の方が珍しい

「面白くない、笑えない」と私が感想を書いたら、それを読んだ人に

「そもそも、宝塚の演目で、笑えるものの方が少ないんじゃ?」って言われました。

まぁ確かに、私は『蘭陵王』『ANOTHER WORLD』ではマジで爆笑したけど、基本的に笑える演目って少ないですよね。

それなら、(テンポが悪いのは気になったけど)『NICE WORK IF YOU CAN GET IT』は、ごく普通の、宝塚にありがちなコメディだったのかな。
個人的には、クスッと笑うくらいでしたが、宝塚的には及第点?



笑ってない観客もいたそうです

「ナイスワーク面白かったもん!みんな笑ってたもん!」という反論もいただきました。

しかし梅芸で実際に観劇された方によると、「自分の周囲は笑っていない人も多かったです」…だそうです。

まぁ、普通に考えて、客席全員がワハハと必ず笑うなんてことはありませんよね。
笑っている観客はもちろんいたのだろうけど、私みたいにウトウトしたり、「評判と違うなぁ」などと思いながら冷静に見ている人もいたのです。

だから私が「笑えなかった」と感想を書いたって、変じゃないんですよね…。
感じ方は人それぞれ。

スカステの千秋楽映像で笑いどころが分かった

ナイスワークの大千秋楽の様子が、スカステのタカニュで放送されました。

配信と違い、こちらの映像には、何ヵ所か観客の笑い声が入っていました。

私はそれを見て、「ここが笑いどころだったのか…」と理解しました。
まぁ、結局私自身は、そこを見てもワハハとは笑えませんでしたが。


ナイスワークは普通の演目だった

私個人の結論は、「ナイスワークは普通の演目」です。

プラスの部分:脇役が個性豊かで面白い、柚香さんが美しい
マイナスの部分:笑いのネタが古い、柚香さんはコメディが似合わないと感じる


私個人は、そこまで好きになれませんでしたが、それを責められると困っちゃう。
他の大勢のファンに好評だったなら、“成功した”でいいのではないでしょうか?

駄作でガチ大炎上した『仮面の男』騒動を思えばなんてことはない。普通に幸せ。


まぁ、あの超定番の『エリザベート』だって、面白くないと言う人もいるので。(私は大好きです!)
ハリポタだって、あれだけ世界中で大人気だけど、私はすごく苦手ですからね…。
評価なんて人それぞれです。


とにかく版権が心配なので、とりあえず保存用に円盤は買うと思います。
内容をすっかり忘れた頃に見返したら、「意外と面白いかも?」と思えるかもしれません。



【幸せと成功を引き寄せる!科学的成功法則マスタープログラム】

himawari_1

ms_1



NICE WORK IF YOU CAN GET IT


こんにちは、カリーナです。

よ・う・や・く・観れた…!
死ぬほど楽しみにしていた、花組『NICE WORK IF YOU CAN GET IT』(ナイスワーク)の配信を見た感想です!

“とても笑える面白いストーリー”と絶賛されていましたが、一部のファンが大騒ぎしすぎただけというか、ハッキリ言ってつまらなかったです。
テンポが悪くて、眠くなった…。
めちゃくちゃ期待外れで、裏切られたような、最悪な気分

生の劇場で観たら少しはマシだったかもしれないけど、私の好みじゃありません。
歌もダンスも盛り沢山で、どんでん返しもありましたが、ただの古臭いブロードウェイミュージカルでした。

致命的なのは、主役の柚香光さんがカッコイイイ役ではないってところ!
トキメキがあまりありませんでしたし、心動かされるお話でもありません。


ということで、少々辛口な感想を書いていきます。



※この記事には、ナイスワークの内容のネタバレがあります。
ラストのどんでん返し、見たくない人は回れ右。



柚香光演じるジミー:悪いやつではないけどカッコよくもない

ジミーはどうしようもない女好きで、けれど憎めない…という役どころ。
柚香光さんは相変わらず最高に美しかったし、役作りは素晴らしかったと思います。

でも、基本的に格好良いシーンはありませんので、“男役ならではの魅力”は感じにくい…。
ナイスワークは、お話もそうですが、主役の感じもミーマイに似ています。
(アーネストインラブよりはマシ程度)

カッコイイと思ったのは、タップダンスのシーン。
上半身の一切ブレないタップダンスは極上でした!!
最高の見どころ!!!

あとは、序盤でショーガールに「ちゅっ」とリップ音ありのキスをしたり、ビリーに教育目的でキスするシーンくらい?
キスシーンは柚香光さんの十八番ですから…

下手をすると下品になりすぎてしまいそうなシーンもありますが、普段から品のある柚香光さんが演じているので、全然下品になりません。
ただ“例のシーン”は、事前に言われなきゃ、そういうシーンとは分からない。。。
雪組シティーハンターの参考にはなりませんね。

華優希演じるビリー:歌がメチャクチャ上達!

華優希さん演じるビリーは、ちょっと無理している感はありましたが、頑張って演じていました!
(ボーイッシュなイメージが全くないもんなぁ…)

ビリーは歌うシーンが結構多いし、難しい歌も多かったです。
でも、あれ…?
歌、かなり上達してる!?

歌いやすいキー(ちょっと低め)だったせいもあるかもしれませんが、結構歌えていました。
声も出ていたし、音も外してませんでしたよ。




永久輝せあ演じるアイリーン:どこまでもぶっ飛んでる

永久輝せあさん演じるアイリーンは、とにかく目立つ役でした。
常に甲高い声で「オーゥ!」とか言ってる感じ(ホント)。

海外では、「金髪の女性は頭が悪い」というステレオタイプなイメージがあるそうです。
それを凝縮したのがアイリーン!
踊らないと喋れない女。

ジミーのママ曰く、「踊っているんだか発作を起こしているんだか」。
このセリフにはさすがに笑いましたが。

あきらとの突然のキスシーンに、まさかの汝鳥伶さんとくっつくエンド。。。
色々凄いキャラでした。


ラストのどんでん返しにビックリ※ネタバレ注意

ネタバレの一部を知ってしまってはいたものの、ラストのどんでん返しにはビックリしました。

ネタバレ1:アイリーンはジミーの腹違いの妹!

ジミーの婚約者アイリーンは、実はジミーの腹違いの妹だったのです!

ジミーのママは、その昔、アイリーンの父親と恋仲にありました。
その時にできた子供がジミーだったのです!

アイリーンとの結婚式の前にママが来てくれたので、うっかり兄妹で結婚してしまうというヤバイ自体は免れました!


ネタバレ2:酒の密売組織の元締めがジミーのママ!

ここはネタバレ厨のせいで、事前に知っちゃってたんですが。

ジミーのママは、酒の密売組織であるブラウン・ベアーズのボス!
つまり、ビリーのボスにあたります。
だからジミーは、あんなにお金落ちのボンボンだったんです。

ジミーは家業を継ぐために結婚しようとしていましたが、実は肝心の家業が何かを知らなかったのです。
カンのいい人なら、序盤の「ママが教えてくれない」というセリフで気づいてしまうかも。

ラストでジミーとビリーがくっつきますが、ママの仕事を継ぐのは嫁のビリーで、ジミーはパパ(=アイリーンの父親でもある)の仕事である議員の仕事を継ぐことになります。

ここは結構ひねってあって面白かったです。
そのままママの家業を継ぐんじゃないのね。




一部のファンが過剰にアゲアゲしていただけ?ナイスワークは凡作

「超面白い!観なきゃ損!」という感想をSNSで毎日のように目にしていましたが、そのせいでハードルが爆上がりしちゃった感があります。
皆さんが言うほどは面白くないです!

東京と梅芸では少し雰囲気が違うらしいので、それで面白くなかったのだろうか…?
テンポが悪く、柚香光さんのテンションが低めのような気もしました。

序盤はすごく眠くなりました。
ガーシュウィンの曲が、長くてゆったりめなのも原因かも?

音くり寿さんと、飛龍つかささんのシーンは、勢いがあってついクスッと笑ってしまう部分も。
あれがなかったら全体的にキツかったです。

フィナーレの長いタップダンスは、カッコよかったんですが、柚香光さんはまさかの不参加
もうちょっとタップ、見たかったなぁ…。

まぁ、贔屓が出ていれば、見れなくもない作品…だと思います。
一部のファンが過剰にアゲアゲしていただけで、絶賛はできないストーリーでした!

やはり、自分の目で実際に観てみないとダメですねぇ。


****

下級生で、美人で目立っていた子をチェックしていました。
・美里玲菜(104期)
・初音夢(105期)
美里玲菜さんは、綺咲愛里さんの妹ですね。
初音夢さんは、娘役の中でもひときわ華やかで目立っていました!

****




ナイスワークの、ルサンクもどうぞ。
2月8日発売です!
台本は載っていませんが、ストーリーの要約が掲載されています。(私はフラゲしました)

宝塚クリエイティブアーツ
2021-02-01



最近の私は、怨念こもってます。

もうねぇ何がムカつくって、観に行ったマウントと、ネタバレ厨ですよ。

「観に行ったよ♡」じゃなくて「10回も観ましたのオホホ」ってやつ。
毎日Twitterで「こっちは観に行けないんだよはやく配信見たい!」とずっと思っていたので、ようやくスッキリしました。
内容は面白くはなかったけど、“最初から最後まで見る”ということに意味がありました。
これをリピートできた人、すごいですね。尊敬します(棒読み)。

SNSで堂々とネタバレを垂れ流ししているお馬鹿さんがいたので、うっかり一部のネタバレは知ってしまっていました
ネタバレ厨はただのクズなので、SNSから去れ。


観に行った人の自慢話を見ながらずーーーーっと我慢していたので、そう意味では満足しました。
配信を見たこと自体は全然後悔してませんよ。

でも、円盤を買うかは悩んでいます。
版権の問題があるので、買った方がいいような気がしますが、買っても再生しないかもしれない…。

***

さて次は『アウグストゥス-尊厳ある者-』です。
こちらはさすがに、カッコイイ柚香光特盛だと信じてます。
今度こそ生で観ます!


★ナイスワークがつまらない原因を考察しました。↓








マスカレード・ホテル

こんにちは、カリーナです。

宝塚花組・瀬戸かずやさん主演『マスカレード・ホテル』をスカステで見たので、感想を書きます。

原作が有名なので、ストーリーの面白さは安定していました。
2番手ポジの飛龍つかささんは意外とコメディ系の演技が合っていて、登場するたびに思わず笑いが


ヒロインの朝月希和さんとのラブロマンス、音くり寿さんの怪演など、ストーリー以外も見所満載!
(組長・さおたさんのクレーマー役も評判通りスゴかった)


おかしな宿泊客がどんどんやって来る…!
盛りあがるシーンが多くて、非常に楽しめました

【犯人などのネタバレあり】




宝塚版「マスカレード・ホテル」、ストーリーは安定の面白さ

私は原作未読で、宝塚版の『マスカレード・ホテル』を見ました。
映画版は、テレビで放映していたものを、ほんの少しだけ観ました。

“殺人事件の捜査をホテルで行う”というストーリーですが、本編に殺人シーンはありません。
今までに既に殺された人が3人いて、4件目の殺人が「ホテル コルテシア東京」で起こる可能性が…という流れ。

場面はほぼ、「ホテル コルテシア東京」内です。
フロント、客室、街中、警察署の会議室くらいですね。

ぶっちゃけ舞台上で本格推理モノをやられても、頭に入ってこないんですが、「ザックリ何となくの流れが分かれば大丈夫!」という感じで、サクサクと物語が進みます。
トリックとかアリバイとかが初見では理解できなくても、あまり支障はありません。
(何故かというと、私自身があまりよく理解できなかったから…だ!)

瀬戸かずや&朝月希和はハマり役!

主演の瀬戸かずやさんは、さすが男役歴○年というか、キムタクが演じたあの役を“あきら版・新田浩介”として完全にモノにしていました。
キムタクの演技を参考にしたそうですが、完璧なコピーではないのがよかったです。

朝月希和さん演じる山岸尚美は、優秀な女性フロントクラーク。
“優秀な”というところが結構難しいと思うのですが、ひらめちゃんは元々キビキビしたイメージがあるので、役にぴったりハマっていたと思います!


主演や主演コンビが目立たない(出番が少ない)舞台がたまにありますが、『マスカレード・ホテル』は、主演の2人の出番がとても多いと感じました。
うん、こうあるべきよね。




飛龍つかさは出番少なめ&インパクトは大!

2番手ポジの飛龍つかささんは、新田の相棒・能勢刑事役
原作では中年らしいのですが、宝塚版は年下設定で、かなり若いぞ!

2番手のはずですが、意外と出番は少なめでした。
主人公をバディとして慕っていて、大事な場面にはきちんと出てきますが、「あんまり出てこないし、歌わないな…」という感じ。

フィナーレでは歌唱力を存分に発揮していましたが、本編ではほとんど歌わず!
せっかくの歌ウマさんなのに、もったいない

しかし、飛龍つかささんの役はセリフが多いし、思わずクスッと笑ってしまうようなシーンが多いんですよ!
能勢刑事が登場すると、観客席から思わず笑い声が
個人的には、ホテルの部屋にホワイトボードを用意させてたシーンが最高でした!!
出番は少なかったけど、意表を突くような言動が多めで、インパクトはとても大きい役でしたね。

難しい台詞が沢山ありましたけど、飛龍つかささんは滑舌がとてもいいので、全くハラハラしませんでした

音くり寿、狂気の怪演!歌唱力と演技力の融合

『マスカレード・ホテル』の公演期間中、すごく話題になっていたのが、音くり寿さんの怪演です。

ネタバレをしましょう。
事件の犯人は、音くりちゃんです!!
(まぁ、ほとんどの人が知ってるか、、、)

老婆役→犯人の女役の演じ分けが、まずスゴイ。
そして正体が分かり、山岸尚美(朝月希和)を殺そうとする時の歌が!!
狂気じみた台詞まじりで、とにかく大迫力でした…!!

マスカレの中でも、一番の見どころと言っても過言ではないでしょう。

宝塚初心者にもおすすめできる面白い演目でした

舞台は現代日本ですが、宝塚お得意のドレス+謎の仮面のシーンもあって、まさに“宝塚版マスカレ”。
音楽もとても印象的で良かったし、退屈しないストーリー展開で、かなり面白かったです!


ラストは、あきら&ひらめちゃんのラブロマンスっぽい感じで終わり♡
これは映画版でもそうでしたが、宝塚版は特に強調されていたと思います。

気になる方は、ぜひ観てみてください
スカステに入っていない方は、ぜひ円盤をどうぞ!





ilka - 炎上しない優しいSNSアプリ iphone / android




otonari


花より男子宝塚


こんにちは、カリーナです。

引き続き、花組公演『花より男子』のツッコミ感想を書いていきます。


◆前回の記事はコチラ




花より男子、殴り合いのシーン多すぎ問題

殴り合いシーンは、面白い見所ではあります。
ガチの殴り合いなので、観ていてハラハラ!
確か聖乃あすかさんは、事故って柚香光さんに本当に殴られた時があったとか

いや、それにしても、暴力沙汰多すぎだろう……。
飛び蹴りとか、膝蹴りとかもしていますよね。

男役だけでなく、娘役も頑張る!
音くり寿さんに至っては、刃物も持ち出す

ワザとらしい「ドカッ」という効果音のおかげで、フェイクっぽさが出ていて、ある意味よかったです。


飲酒シーンも多すぎ問題(ツッコミが追い付かない)

こちらも気になったんですが、飲酒シーン多くないですか!?
このお金持ち学校には、不良しかいないのだろうか…。
まぁ、風紀が乱れているレベルではない学校なので、もう何でもアリなのかもしれません。


飲酒シーンは、覚えているだけで4か所。
・F4行きつけ&桜子のバイト先のクラブ
・静さんに呼ばれたパーティー会場
・F4で集まった時
・つくし&花沢類がレストランで食事をした時

クラブでつくしが飲んだのはお酒ではなかったようですが、周りが飲んでいたのはお酒に見えました。
いやでも未成年ですから、駄菓子の「生いきビール」(粉末ジュース)であるという可能性も…?

パーティー会場のグラスに入ったアレは、さすがにお酒ですよね?
あのシーンで、 「生いきビール」とか飲んでないよね?

F4で集まったシーンには、お酒の瓶らしきものがありました。
あれが、クリスマス名物のシャンメリーだったら笑います。

つくし&花沢類の食事シーンでは、はっきりと「ワイン」と言っていたはず。
おい、未成年が酒を飲むな。



他にも飲んでるシーンがあったらすいません。

あれがワインとかではなく、「実は柚サワー」的な裏設定があるなら、100歩譲って許してあげなくもない。
でもここは日本なので、未成年がお酒を飲んだらいけないんだ…!





高翔みず希&冴月瑠那&羽立光来&音くり寿にもご注目!

何だかんだで最後まで『花より男子』を観ることができたのは、個性的な登場人物が大勢登場するからです。


まずは組長・高翔みず希さん。
つくしのお父さん役なんですが、「組長が頑張ってる…!」と思いながら観てました。
あの家族、お金持ち学校の学費が払えるのが不思議なんですが、そこに突っ込んだら負け?


そしてお次は冴月瑠那さん!
私は冴月瑠那さんも大好きなので、出てくるたびに目がハートに
学生服で踊るのもいいですが、オカマっぽい美容師役がすごかったですね…!

あと、ただでさえ「明日海りおさんに似ている」とよく言われているのに、那月アナウンサー役の時の黄色いスーツ姿が『恋スルARENA』の明日海りおさんの衣装にちょっと似てて。
時期的にワザと?





ナウオンで柚香光さんも言ってましたが、羽立光来さんの七変化っぷりも素晴らしい!
かなり大柄なので学生役は無理がありますが、個性的なウエイターやピエロ、ファッションデザイナーの役はぴったりでした。
(学生軍団のシーンにはいなかったと思う。多分)


そしてそして…謎の転校生・三条桜子役の音くり寿さんのことを語らないわけにはいかない。
音くり寿さんの怪演も、『花より男子』の大きな見所となっております。
歌も演技も…もはや宝塚ではない何かになってます(マスカレード・ホテルの時みたいに)。
あんな歌詞の曲を歌いながら、笑顔になったり狂気の顔になったり。子供が観たら泣くかもしれない…。


気軽に観るのにちょうどいい超娯楽ミュージカル

私は『エリザベート-愛と死の輪舞(ロンド)-』が大好きなんですが、あれは話が暗いので、気分を盛り上げるのには向かないんですよね。

でも『花より男子』は、お気楽な高校生たちの話です。
いじめシーンはちょっと嫌ですが、それを帳消しにするだけの魅力が詰まっていると思います。

柚香光さん演じる道明寺司は、変な言い間違いが多い、アホなイケメン。
やっぱり私の好みではないけど、完全に道明寺になりきってて凄いです!

城妃美伶さん演じる牧野つくしは、とにかくパワフル。
いじめシーンが多くても安心して観ていられるのは、しろきみちゃんのおかげだと思います。


脇役もとにかく魅力的で、ストーリーのテンポもよくて、観ていて飽きません。
フィナーレはクリスマスメドレーになっていて、柚香光さん初の“フィナーレのデュエダン”がとても綺麗でした




主演は柚香光さんですが、柚香光ファンでない方でも楽しめる内容だと思います。
今まで興味がなかった方は、一度観てみてください!









suisyou


このページのトップヘ