Flower Cage|カリーナの宝塚依存症ブログ

カリーナによる宝塚偏愛ブログ。個人的な感想や考察を、独断と偏見で綴っていきます。ちょっと辛口気味。

タグ:飛龍つかさ

銀ちゃんの恋感想

こんにちは、カリーナです。

水美舞斗さん主演、花組公演『銀ちゃんの恋』ライブ配信を観ました!

“令和の銀ちゃん”は、台詞などが一部変わっていましたが、変更箇所があっても面白かったです

銀ちゃんはもちろんですが、小夏とヤス、まわりの人々も、本当に見てて飽きない舞台でした!


ざっくり感想を書いていきます♪




水美舞斗:どこか憎めない銀ちゃんを熱演!

『銀ちゃんの恋』を最初から最後まで通して観たのは、たぶん今回が初めて…!
部分的になら、スカステで何度も見ています。

まず思ったのが、「銀ちゃん、ダメ野郎だな」ってこと。
小夏との間に赤ちゃんができたのに、小夏をヤスに押し付ける!
“~銀ちゃん、本日も反省の色なし~”という副題が思い出されて、「ホントに反省しろよ」と何度も思いました

しかしずーーーっと見てますとね、ただのクズ野郎ではないってことが段々分かってくるんですよ。
よく言われてるけど、「どこか憎めない」ってこういうこと。
何だかんだでヤスとは色々繋がってる…的な!!

ファンならたぶん、「やっぱり真ん中が似合うね!!」と感じるような銀ちゃんに、なっていたのではないでしょうか!?


そもそも台詞とかが変更になっているので、歴代の銀ちゃんと比べる必要はありません。
むしろ私は歴代の銀ちゃんのイメージが特にない(先入観がない)ので、銀ちゃんは普通に好きだな~と思いました。

普段よりも声が少しハスキーな気がしましたが、連日の熱演のせいでしょう。



星空美咲:研3とは思えぬ貫禄で演じきった!

ヒロインの小夏は、まだ研3の星空美咲さん。
驚きの貫禄です。緊張しないのかな!?

星空美咲さんは、最初見たときに「愛希れいかさんに似た顔だな~」と思っていましたが、ナウオンを見て「舞空瞳さんっぽさもあるな…」と感じて…。
今日の配信を観た感想は、「ちゃぴ似で、なこちゃん風味だな」でした。
どっちにも似てる!!

得意分野は、歌…だよね!?
歌唱力はかなり高めで、歌が上手な娘役さんだな~と。

演技力は、まだまだ発展途上という感じ。
でも、下手ではありません。
初台詞が、聖乃あすかさんのバウホール公演だったそうですから、経験値が足りないだけです。

今後に期待






飛龍つかさ:誰もが期待した通りのヤスだった!

飛龍つかささんのヤス!

演目が発表された時、誰もが「ヤスはつかさだよね?」と言っていました。

配役が発表されると、本当にヤス役はつかさで、私なんぞは「もう、つかさのヤスは見たような気がする」とまで思ってしまっていました。
(似たような人、SNSにも多数いましたね)


飛龍つかささんは、音高時代から、演技に自信があったらしいです。
同期と宝塚GRAPHかなにかで対談したとき、「演技の授業でつかさはスゴかった、全力だった」的なエピソードを読みました。

ファンの多くが「ヤスはつかさしかいない」と感じていて、その声はたぶん本人にも届いていたはず!
その影響もあってか、全力投球のヤスでした!!

最後の階段落ちはスゴかったけど…あれは本当に落ちてるのかな!?
歴代のヤスとは、落ち方が明らかに違う気がしました。


帆純まひろ:橘の左目ウィンクいただきました♡

橘を演じるのは、花組の美形軍団のうちの1人(と私が勝手に認定した)、帆純まひろさん!

つい先日、タカニュで「左目でウィンクはあまりしない」と言っていましたが、今日はばっちり左目ウィンクでしたよ!?!?

坂本龍馬の衣装がめっちゃ似合ってました!

あと、すごい悪役とまではいかないですが、イヤ~な感じの台詞があって。
でも、ああいうのが似合うんですよね


変更点など、その他こまごまとしたこと

その他、気になったことなど。

・妊婦の小夏を蹴るシーンは、カット。
・もやしは、食べられない小道具。(昔は実際に食べていたはず)

・カテコで、カメラの前に高身長の女性がいて、画面の一部が映らないというアクシデント
美風舞良さんが冗談で土下座?したところ、映ってませんでした!
観客の女性に罪はありません…運が悪かっただけです…


カテコでは、金色のテープがパーンって
そのテープの束をね、水美舞斗さんが、ヤス&小夏の首にそれぞれかけてあげて、2人お揃いにしてくれたのです


千秋楽、とっても盛り上がりました!
完走おめでとうございます



さて…12日は全ツの配信です…!











星空美咲

こんにちは、カリーナです。

 水美舞斗さん主演・花組公演『銀ちゃんの恋』の、一部配役が決定しました!

ヤス役は、多くのファンの予想通り、飛龍つかささん。
そして小夏役は、またまた大抜擢の星空美咲さんです。


星空美咲さん、これから爆上げ…来る?




詳しくは公式をどうぞ。


『銀ちゃんの恋』の出演者が決定した段階で、SNSでは
「飛龍つかささんがヤスをやるしかない」
「ヤスにぴったり!」
と言われてきました。

イメージそのまんますぎる気がしますが、本当にヤス役なんですね!
意外性はないけど、2番手だし、ピッタリだし、頑張ってほしいです



こちらも注目が集まっていた小夏役。
最近めちゃくちゃ爆上げ感のある、星空美咲さんが演じます。

『PRINCE OF ROSES-王冠に導かれし男-』で、星空美咲さんはヒロイン(一応そうよね?)に抜擢されていました。
これはもう、いずれどこかの組でトップ娘役になる感じ…?
立て続けにヒロイン抜擢って、なかなか凄いですね。
前回はバウだったけど、今回は東上ヒロインよ!!


個人的には、帆純まひろさんの女装小夏とか、ちょびっと期待していました。
まぁでも、ナイわね。
こういう時に、上げたい娘役を上げるものです。


気になるヤス役と小夏役が判明し、ますます注目度が上がりそうな『銀ちゃんの恋』。
ぜひ配信やってほしいです。



旧約ヨブ:占いブログ




mipo_b_1



華優希

こんにちは、カリーナです。

華優希さんのミュージックサロン&瀬戸かずやさんのディナーショーの、出演者が決定しました!

どうしよう、配信あったら観ようかな♪



華優希ミュージックサロン出演者

華優希さんのミュージックサロン『華詩集』の出演者情報。



<出演者>
(花組)華 優希
峰果 とわ、帆純 まひろ、一之瀬 航季  


帆純まひろさんは、華優希さんと仲良いんでしたっけ?
「歌劇」とかで、そんな印象があったので。

同期からは一之瀬航季さんが出演します!


瀬戸かずやディナーショー出演者

瀬戸かずやさんのディナーショー『Gracias!!』の出演者情報。




<出演者>
(花組)瀬戸 かずや
冴月 瑠那、和海 しょう、優波 慧、飛龍 つかさ  

同期のるなさん!
るなさん!るなさん!!(※カリーナは、るなさんが好き)

和海しょうさん、飛龍つかささんは、花組の中でも特別な歌ウマですね。
声の圧が凄そう。

配信見たいなぁ

両方の出演者がハッキリわかって、「配信見たい!」と思いました!
あるよね?配信。

しばらくの間、あまりにも多忙なもので、観れない時間帯かもしれないけど
観れたら観ると思います。







himawari_1


NICE WORK IF YOU CAN GET IT

こんにちは、カリーナです。

先日から「ナイスワーク配信がつまらなかった」と、不満ばかりこぼしてまいりました。

でもさすがに配信から少し経って落ち着いてきたら、
「あれは普通の演目だったのではないか」
と思うようになりました。

すっごいお気に入りの傑作ではないけど、眠りこけるほど退屈なわけでもない。
『めちゃくちゃ笑えるよ』という前評判さえ気にしなければ、普通にクスッと笑えるシーンもある、ごく普通の演目。


そろそろイライラもおさまってきたので、円盤買おうかな。




『すごく笑える』という前評判を聞いたのは失敗だった

何度もブログやTwitterに書いたんですけど、一部の大袈裟なファンが「超笑える!メッチャ面白い!」と、ほぼ煽るような感じで書いていたのを読んでしまったのが悪かったんです。

※普通の「面白かった」系の観劇レポのことじゃありません。
文句は、過去記事を読んでから言ってください。


この演目で笑うつもりが全くなく、普通に観劇していたら、ソコソコ普通に満足していたような気がします。
(時間は元に戻せないから、推測を書くしかないけど…)


宝塚では、笑える演目の方が珍しい

「面白くない、笑えない」と私が感想を書いたら、それを読んだ人に

「そもそも、宝塚の演目で、笑えるものの方が少ないんじゃ?」って言われました。

まぁ確かに、私は『蘭陵王』『ANOTHER WORLD』ではマジで爆笑したけど、基本的に笑える演目って少ないですよね。

それなら、(テンポが悪いのは気になったけど)『NICE WORK IF YOU CAN GET IT』は、ごく普通の、宝塚にありがちなコメディだったのかな。
個人的には、クスッと笑うくらいでしたが、宝塚的には及第点?



笑ってない観客もいたそうです

「ナイスワーク面白かったもん!みんな笑ってたもん!」という反論もいただきました。

しかし梅芸で実際に観劇された方によると、「自分の周囲は笑っていない人も多かったです」…だそうです。

まぁ、普通に考えて、客席全員がワハハと必ず笑うなんてことはありませんよね。
笑っている観客はもちろんいたのだろうけど、私みたいにウトウトしたり、「評判と違うなぁ」などと思いながら冷静に見ている人もいたのです。

だから私が「笑えなかった」と感想を書いたって、変じゃないんですよね…。
感じ方は人それぞれ。

スカステの千秋楽映像で笑いどころが分かった

ナイスワークの大千秋楽の様子が、スカステのタカニュで放送されました。

配信と違い、こちらの映像には、何ヵ所か観客の笑い声が入っていました。

私はそれを見て、「ここが笑いどころだったのか…」と理解しました。
まぁ、結局私自身は、そこを見てもワハハとは笑えませんでしたが。


ナイスワークは普通の演目だった

私個人の結論は、「ナイスワークは普通の演目」です。

プラスの部分:脇役が個性豊かで面白い、柚香さんが美しい
マイナスの部分:笑いのネタが古い、柚香さんはコメディが似合わないと感じる


私個人は、そこまで好きになれませんでしたが、それを責められると困っちゃう。
他の大勢のファンに好評だったなら、“成功した”でいいのではないでしょうか?

駄作でガチ大炎上した『仮面の男』騒動を思えばなんてことはない。普通に幸せ。


まぁ、あの超定番の『エリザベート』だって、面白くないと言う人もいるので。(私は大好きです!)
ハリポタだって、あれだけ世界中で大人気だけど、私はすごく苦手ですからね…。
評価なんて人それぞれです。


とにかく版権が心配なので、とりあえず保存用に円盤は買うと思います。
内容をすっかり忘れた頃に見返したら、「意外と面白いかも?」と思えるかもしれません。



【幸せと成功を引き寄せる!科学的成功法則マスタープログラム】

himawari_1

ms_1



NICE WORK IF YOU CAN GET IT


こんにちは、カリーナです。

よ・う・や・く・観れた…!
死ぬほど楽しみにしていた、花組『NICE WORK IF YOU CAN GET IT』(ナイスワーク)の配信を見た感想です!

“とても笑える面白いストーリー”と絶賛されていましたが、一部のファンが大騒ぎしすぎただけというか、ハッキリ言ってつまらなかったです。
テンポが悪くて、眠くなった…。
めちゃくちゃ期待外れで、裏切られたような、最悪な気分

生の劇場で観たら少しはマシだったかもしれないけど、私の好みじゃありません。
歌もダンスも盛り沢山で、どんでん返しもありましたが、ただの古臭いブロードウェイミュージカルでした。

致命的なのは、主役の柚香光さんがカッコイイイ役ではないってところ!
トキメキがあまりありませんでしたし、心動かされるお話でもありません。


ということで、少々辛口な感想を書いていきます。



※この記事には、ナイスワークの内容のネタバレがあります。
ラストのどんでん返し、見たくない人は回れ右。



柚香光演じるジミー:悪いやつではないけどカッコよくもない

ジミーはどうしようもない女好きで、けれど憎めない…という役どころ。
柚香光さんは相変わらず最高に美しかったし、役作りは素晴らしかったと思います。

でも、基本的に格好良いシーンはありませんので、“男役ならではの魅力”は感じにくい…。
ナイスワークは、お話もそうですが、主役の感じもミーマイに似ています。
(アーネストインラブよりはマシ程度)

カッコイイと思ったのは、タップダンスのシーン。
上半身の一切ブレないタップダンスは極上でした!!
最高の見どころ!!!

あとは、序盤でショーガールに「ちゅっ」とリップ音ありのキスをしたり、ビリーに教育目的でキスするシーンくらい?
キスシーンは柚香光さんの十八番ですから…

下手をすると下品になりすぎてしまいそうなシーンもありますが、普段から品のある柚香光さんが演じているので、全然下品になりません。
ただ“例のシーン”は、事前に言われなきゃ、そういうシーンとは分からない。。。
雪組シティーハンターの参考にはなりませんね。

華優希演じるビリー:歌がメチャクチャ上達!

華優希さん演じるビリーは、ちょっと無理している感はありましたが、頑張って演じていました!
(ボーイッシュなイメージが全くないもんなぁ…)

ビリーは歌うシーンが結構多いし、難しい歌も多かったです。
でも、あれ…?
歌、かなり上達してる!?

歌いやすいキー(ちょっと低め)だったせいもあるかもしれませんが、結構歌えていました。
声も出ていたし、音も外してませんでしたよ。




永久輝せあ演じるアイリーン:どこまでもぶっ飛んでる

永久輝せあさん演じるアイリーンは、とにかく目立つ役でした。
常に甲高い声で「オーゥ!」とか言ってる感じ(ホント)。

海外では、「金髪の女性は頭が悪い」というステレオタイプなイメージがあるそうです。
それを凝縮したのがアイリーン!
踊らないと喋れない女。

ジミーのママ曰く、「踊っているんだか発作を起こしているんだか」。
このセリフにはさすがに笑いましたが。

あきらとの突然のキスシーンに、まさかの汝鳥伶さんとくっつくエンド。。。
色々凄いキャラでした。


ラストのどんでん返しにビックリ※ネタバレ注意

ネタバレの一部を知ってしまってはいたものの、ラストのどんでん返しにはビックリしました。

ネタバレ1:アイリーンはジミーの腹違いの妹!

ジミーの婚約者アイリーンは、実はジミーの腹違いの妹だったのです!

ジミーのママは、その昔、アイリーンの父親と恋仲にありました。
その時にできた子供がジミーだったのです!

アイリーンとの結婚式の前にママが来てくれたので、うっかり兄妹で結婚してしまうというヤバイ自体は免れました!


ネタバレ2:酒の密売組織の元締めがジミーのママ!

ここはネタバレ厨のせいで、事前に知っちゃってたんですが。

ジミーのママは、酒の密売組織であるブラウン・ベアーズのボス!
つまり、ビリーのボスにあたります。
だからジミーは、あんなにお金落ちのボンボンだったんです。

ジミーは家業を継ぐために結婚しようとしていましたが、実は肝心の家業が何かを知らなかったのです。
カンのいい人なら、序盤の「ママが教えてくれない」というセリフで気づいてしまうかも。

ラストでジミーとビリーがくっつきますが、ママの仕事を継ぐのは嫁のビリーで、ジミーはパパ(=アイリーンの父親でもある)の仕事である議員の仕事を継ぐことになります。

ここは結構ひねってあって面白かったです。
そのままママの家業を継ぐんじゃないのね。




一部のファンが過剰にアゲアゲしていただけ?ナイスワークは凡作

「超面白い!観なきゃ損!」という感想をSNSで毎日のように目にしていましたが、そのせいでハードルが爆上がりしちゃった感があります。
皆さんが言うほどは面白くないです!

東京と梅芸では少し雰囲気が違うらしいので、それで面白くなかったのだろうか…?
テンポが悪く、柚香光さんのテンションが低めのような気もしました。

序盤はすごく眠くなりました。
ガーシュウィンの曲が、長くてゆったりめなのも原因かも?

音くり寿さんと、飛龍つかささんのシーンは、勢いがあってついクスッと笑ってしまう部分も。
あれがなかったら全体的にキツかったです。

フィナーレの長いタップダンスは、カッコよかったんですが、柚香光さんはまさかの不参加
もうちょっとタップ、見たかったなぁ…。

まぁ、贔屓が出ていれば、見れなくもない作品…だと思います。
一部のファンが過剰にアゲアゲしていただけで、絶賛はできないストーリーでした!

やはり、自分の目で実際に観てみないとダメですねぇ。


****

下級生で、美人で目立っていた子をチェックしていました。
・美里玲菜(104期)
・初音夢(105期)
美里玲菜さんは、綺咲愛里さんの妹ですね。
初音夢さんは、娘役の中でもひときわ華やかで目立っていました!

****




ナイスワークの、ルサンクもどうぞ。
2月8日発売です!
台本は載っていませんが、ストーリーの要約が掲載されています。(私はフラゲしました)

宝塚クリエイティブアーツ
2021-02-01



最近の私は、怨念こもってます。

もうねぇ何がムカつくって、観に行ったマウントと、ネタバレ厨ですよ。

「観に行ったよ♡」じゃなくて「10回も観ましたのオホホ」ってやつ。
毎日Twitterで「こっちは観に行けないんだよはやく配信見たい!」とずっと思っていたので、ようやくスッキリしました。
内容は面白くはなかったけど、“最初から最後まで見る”ということに意味がありました。
これをリピートできた人、すごいですね。尊敬します(棒読み)。

SNSで堂々とネタバレを垂れ流ししているお馬鹿さんがいたので、うっかり一部のネタバレは知ってしまっていました
ネタバレ厨はただのクズなので、SNSから去れ。


観に行った人の自慢話を見ながらずーーーーっと我慢していたので、そう意味では満足しました。
配信を見たこと自体は全然後悔してませんよ。

でも、円盤を買うかは悩んでいます。
版権の問題があるので、買った方がいいような気がしますが、買っても再生しないかもしれない…。

***

さて次は『アウグストゥス-尊厳ある者-』です。
こちらはさすがに、カッコイイ柚香光特盛だと信じてます。
今度こそ生で観ます!


★ナイスワークがつまらない原因を考察しました。↓








このページのトップヘ